記事一覧

マナリ到着!お馴染みの彼と合流

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



灼熱のインドを抜け、パキスタンに来て、さあ気候はどうなるだろうかと思ったのですが、

変わらず灼熱でございます。

特にここパキスタンの中でも、ラホールの暑さは尋常ではないらしく、45℃くらいがアベレージです。

もうこんな気温に慣れてしまい、30℃台でも涼しく感じるほど。

早く…早く山に行きたい…

待ってろよフンザ…





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月3~4日
(世界一周63・64日目)
【デリー→マナリ】
1インドルピー=1.6円
100インドルピー=160円






おはようございます。

1人ぼっちのサンタナデリーで1日静養したら、少し体調はマシになってきました。

少なくとも昨日みたいに突然腹痛が襲って歩けなくなる、などということにはならなさそうです。

IMG_999983 (2)
いつもの無料朝食はスープがマイナーチェンジしていました。

オクラのスープなのですが、これが醤油味で、トロ味も良い感じに効いていて、すごく美味でした。

そういえばインド各都市で日本食を出す食堂に行ってみると、必ずと言っていいほどオクラ丼というのがあります。

炒めたオクラをご飯にかけ、さらに目玉焼きを乗せたものなのですが、日本ではお目にかかったことがありません。

でもオクラのトロ味に醤油味、そして半熟の目玉焼きのマリアージュは確かに日本っぽさを感じさせてくれます。

インド出る前に1度は食べておきたいですね。

IMG_999983 (3)
チェックアウト後もバスの出発まで共同スペースに居させてもらいます。

体調もまだまだ不安定なので、できるだけ体力を蓄えて出発に備えます。

昼食も宿で頂きました。

写真を撮り忘れてまいましたが、日本ではまずお目にかかれない味噌クリームパスタです笑

これもエセ日本食ですが、意外な美味しさ。

よく考えてみると、味噌と乳製品ってものすごく相性が良いわけですから、こういうメニューがあってもおかしくはないですよね。

ちなみに味噌と乳製品と言えば、学生時代は関東地方に住んでいたのですが、その時に九十九とんこつラーメンというお店で味噌チーズラーメンというのを食べたことを思い出します。

濃厚な味噌ラーメンの上に、粉チーズをこれでもかとふりかけたこのラーメンは、不思議と病みつきになりました。

もう10年以上前の記憶ですが、今もあるんですかね?帰国したら行ってみたいです。



バスは19:30発なので、18:00頃には宿を出発します。

IMG_5112.jpg
程無くして国鉄のニューデリー駅に到着しましたが、地下鉄の乗り場はこの駅の反対側です。

大体インドの駅は切符を持たないでも駅をそのまま横断できるのですが、ここは切符が無いと横断禁止という掲示もあったので、

IMG_5113.jpg
遠回りにはなりますが陸橋を渡り、地下鉄の駅へと向かいます。

IMG_999983 (4)
ここまで来てしまえば、あとは昨日と同じ道のりで、無事ISBTに到着。

バスの出発まではあと30分ほどあります。

IMG_999983 (5)
現在のISBTはやっぱり綺麗。

こんな掲示板でバスの案内までしてくれています。

…が、そこはインド、どのバスも遅れ気味だったので、自分が乗るバスの案内はいつになっても表示されません。

IMG_999983 (6)
仕方がないので出発フロアに降り、人に聞きながらバス乗り場を探すことにしました。

IMG_999983 (7)
本日のバスはこちらです。



うん、金額に見合ったボロさ!



しかも大きな荷物をしまうスペースがないということで、煤で汚れまくった座席の下にバックパックをしまう羽目に。

サンタナでせっかくバックパックカバーを洗濯したばかりなのですが…仕方ないですね。

IMG_5120.jpg
車内のお供、ラッシー(20ルピー)とポテチ(25ルピー)を購入。



夜なのでバスの写真はそんなにないですが、出発するとまずはデリーの渋滞の中を走っていきます。

クーラーが無いため窓を全開にしてはいるのですが、ちょくちょく停まるため車内は蒸し風呂のよう。

IMG_999983 (8)
インドの交通マナーはもはや無法地帯なので、渋滞を回避するためには歩道も車道と化します。

IMG_999983 (9)
バスの車内は路線バスのよう。

マナリまで通しで乗る人よりも、途中で乗車する人、下車する人の方が多く、顔ぶれはどんどん変わります。

IMG_999983 (10)
途中の休憩。

IMG_5129.jpg
お腹に不安はありましたが、暑すぎたのでアイスを購入。

20ルピーでしたがこれが濃厚で激旨!

後で調べてみると、これはクルフィというインドのアイスらしく、牛乳を煮詰めて作るのだそうです。

IMG_999983 (11)
さあ、まだまだ進みますよ。

マナリまでは所要14時間の予想です。



朝になって地図を見てもまだまだ道のりは遠そう。

途中から山道に入ったので、一向に先には進みません。

IMG_999983 (12)
ちょうど右側の車窓は谷底の川を一望できるのですが、左側は岩肌が続きます。

道が工事中の所も多く、そのため途中からは渋滞がちとなり、到着予定を過ぎてもバスはひた走ります。


1.バスターミナル(ローカルバス)
2.富士レストラン
3.Bodh Guest House
4.温泉

IMG_999983 (13)
結局着いたのは出発から16時間後の11:00。

ニューマナリのバスターミナルで降りることに。

ちなみにマナリの街は大きく3つの中心に分かれています。

1番交通の便が良いのがバスターミナルのあるニューマナリ

そのまま道を山の方向に2kmほど進むと、ツーリスティックなオールドマナリに着きます。

で、ニューマナリから、また別の道を3kmほど登っていくと、ヴァシシュトという街に辿り着くのですが、



このヴァシシュト、何と温泉があるのです!



自分、日本でも温泉がものすごく好きで、連休が取れたら各地の秘湯を巡ったりもしていました。

ただ、なかなか海外で温泉がある場所って少なかったので、なかなか温泉欲は満たすことができず。

なので、この機会にぜひとも入っておきたい!

インドの温泉ってどんななんでしょうねー?

なお、ニューマナリからヴァシシュトまではリクシャーで50ルピーが相場と聞いていました。

なのですが、この渋滞だからかみんな行きたがらず。

言い値も200ルピーから下がりません。

IMG_999983 (14)
それならば歩いていきます。

この渋滞ならリクシャーでも歩いてもそんなに時間も変わらないでしょうし。

IMG_5138.jpg
デリーとは違った、山の広がる素晴らしい景色を見ながらなら、3kmなんて容易いもんでしょう。

と、思っていたのですが、フル装備、体調不良、寝不足の三重苦で上り坂を歩き続けるのはなかなかしんどいものがありました…

IMG_5139.jpg
小一時間歩き、ようやくヴァシシュトの街に到着!

長かった…

IMG_999983 (22)
まず向かった先は富士レストラン

体調が完全に回復するまでとことん日本食を楽しみます。

ここでは、懐かしい(懐かしくもない?)あの人と再会。

IMG_999983 (21)
ともや君です!

実は、ここマナリで待ち合わせをして、一緒にラダックに行こうとやり取りを進めていたのです。

バンコク、マンダレー、カトマンズに続き、彼に会うのは実に4度目。

あ、いつの間にかともや君、ブログ始めていました。

情景描写がなかなかに面白いのでぜひどうぞー。

ともちんLIFE

IMG_999983 (16)
料理が来ました。

かき揚げ天丼!(200ルピー)

IMG_999983 (15)
さらに搾りたてのりんごジュース!(80ルピー)

ここマナリはりんごが名産だそうで。

明らかにシーズンオフなのは否めませんが、せっかくなので1杯頂くことにしました。



ちなみにこのレストランに来たのは単に日本食が食べたかったからではなく、併設しているネギゲストハウスという所が非常に居心地が良いという情報を得たので、やってきた次第です。

ただ道中の大混雑、インドの休日とどうやら重なっていたようで、ネギゲストハウスはインド人観光客で埋め尽くされ、満室となっていました。


仕方がないので宿探し。

IMG_5158.jpg
Bodh Guest Houseと言う所を紹介してもらい、2人1室600ルピーでチェックイン!

IMG_999983 (19)
男2人でダブルベッドで寝るのは嫌だと言うと、ボロいエクストラベッドがある部屋を、同じ値段でツイン利用させてもらえることになりました。

マナリにはこれから2泊、ともや君と負けられない大じゃんけん大会です。



結果、ともや君がじゃんけん弱いおかげで、広々としたベッドをのんびり使わせてもらいました。

なお、宿は牛を飼っていたので、起きている時は部屋まで鳴き声が聞こえてくるのですが、夜は静かだったので問題はありません。



一休みしたら街を散策します。

IMG_999983 (17)
宿から徒歩1分も歩くと、街の中心です。

お寺がありまして、ここの路地を奥に進むと、無料の公衆浴場があります!

この日は温泉に行くときにカメラを持っていなかったので、温泉のことは翌日の日記で。

ちなみに外はまだだいぶ明るいですが、もう時間は19:00近く。

西の方にやってきた分、日が沈むのがだいぶ遅くなっています。

さらに今は夏至ですから、単純に日が長いですしね。

IMG_5144.jpg
というわけで久々の再会を祝して、モモと、

IMG_999983 (18)
ビールで乾杯!

ここからしばらくは、ともや君と共に旅をすることになりますが、どんな旅になるのでしょう…?

IMG_999983 (20)
ひとしきり思い出話をした後は、宿に戻って二次会。

名物のりんごを使ったお酒を買ってみました。

アップルソーダなんて書いてありますが、しっかりとアルコールは8%も入っています。



明日はマナリの街を歩き回りつつ、この先の道筋も立てていきたいと思います。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。