記事一覧

リシュケシュグルメまとめ!居心地抜群のお店たち

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



だらけ過ぎてしまい、1日単位の日記がとても書ける状況では無いリシュケシュ編。

本日は食べたものをまとめていきます。

この街、道を歩いていると一刻も早く出ていきたくなるくらい疲れるのですが、カフェに行くにはそんな道を歩いて行かなくてはいけないんですよね。

日に日に遠くのカフェには行かなくなり、近場で済ませるようになってしまいました笑





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月8~12日
(世界一周68~72日目)
【リシュケシュ】
1インドルピー=1.6円
100インドルピー=160円



1.Mostache Guest house
2.Little Buddha Cafe
3.Cafe Dream
4.Shalom Backpackers
5.Free Spirit Cafe
6.Janta Pure Veg. Restaurant
7.Rawat Restaurant
8.Arora Fruits Vegetable Shop
9.A Tavola Con Te



この街はヨガをする目的で訪れる人が多いことから、滞在者の多くが長期滞在となることでしょう。

自分は暑さにやられ比較的さっさとこの街を後にしてしまいましたが、それでも日中はやることがない(暑すぎて外を歩き回る気にならない)ので、結構色々なお店を巡りました。

居心地の良いカフェから地元民御用達のお店まで、幅広くお送りしたいと思います。



まずは、カフェから行きましょう。

長いことインドを旅していると、あらゆる食べ物から漂うマサラ臭に飽き飽きしてしまう人も多いと思います。

そんな時、ツーリスティックなこの街は癒しとなることでしょう。

自分も、久しく食べていなかった西洋風の料理にかなり救われました。

カレー、美味しいんですけど、疲れてるときに食べると胃もたれが物凄いのです…

IMG_5249.jpg
着いた初日に訪れたのがこちら!Little Buddha Caféです。

IMG_999978 (2)
ラクシュマンジュラのメインストリート沿いにあり、かなり人気のカフェです。

IMG_999978 (3)
こちらではクリームパスタを注文(170ルピー)。

マカロニの茹で加減も丁度良く、何よりクリームソースがちゃんとクリームでした!(クリームソースとは呼べないクリームがインドでは多いのです笑)

オリーブとガーリックの効いた味わいはかなり本格的。

あとここで迷わず頼むべきなのは各種ミルクシェイク。

+10ルピーでアイスクリームを浮かべてもらえます。

IMG_5316.jpg
ここは後日再訪し、メキシコ料理のエンチラーダ(190ルピー)を注文。

結構メキシコ料理のバリエーションが豊富でした。

ちなみに、パスタもエンチラーダも、とんでもないボリュームです。

ダルバート3杯お代わりする自分ですら、大満腹になりました。



お次もラクシュマンジュラより、Cafe Dream

こちらは韓国料理推しのお店です。

IMG_5312.jpg
韓国風のり巻き(200ルピー)などもありましたが、自分が注文したのはビビン冷麺(280ルピー)

これがなかなかのクオリティでした!

今までも他の場所で何度か冷麺を頼んだことがあるのですが、麺が中華麺(しかも茹で過ぎ)だったり、そもそも冷麺じゃなかったり(スープがぬるい)したことが多々ありました。

ただここの冷麺は、インスタントでしょうがちゃんとコシのある冷麺用の麺を使っており、何よりスープがしっかり冷えていました。

久しぶりにこれだけのクオリティの冷麺を食べられて心から感動です…



ちなみにカフェに行く目的は、食べ物ばかりではなく、良好なWi-Fi環境を求めてというのもあります。

宿のWi-Fi、どこよりも爆速だったのですが、頻繁に停電したりして使えなくなってしまうので、そんな時はカフェに行ったりしていました。

まずはShalom Backpackers

こちらは名前の通りゲストハウスが併設されています。

クオリティもMostache Guest houseと大差なさそうで、多くの人が泊まっていました。

そこのカフェなので、きっとWi-Fiも速いだろうと思って行ったのですが、それなりでしたね。

ゲストハウス側がどれくらいの速さなのかはわかりません。

IMG_999978 (1)
ここではミューズリー(180ルピー)を注文。

オートミールの下には大量のフルーツ、そこにヨーグルトとハチミツをかけて食べる人気の朝食メニューです。



IMG_5333.jpg
あとは宿近くのFree Spirit Café

ここは飲み物しか飲んでいませんが、Wi-Fi環境は行ったカフェの中では一番良かったですし、飲み物が安めでした。



カフェばかりではなく、もちろんカレーも美味しいですよ!

聖地なので肉のカレーは一切ありませんが、それでも野菜のカレーだけでかなりのバリエーション。

ターリーも美味しいですが、特に最安のターリーは結構どの店も似通った構成になっているので、ちょっとランクの高いターリーを頼んだり、単品カレーを頼むのもおすすめです。

高いとは言っても、100円くらいの違いなので。

IMG_5270.jpg
店員さんの雰囲気や味の面で良かったお店がこちら、Janta Pure Veg. Restaurant

IMG_999978 (5)
こちらの写真はやらせですが笑

店頭の写真を撮っていたら、「タンドールに触れている格好いい写真を撮ってくれ!」と頼まれました。

でもここのロティは確かに美味しかったですよ。

IMG_5269.jpg
単品で茄子のカレーに、

IMG_5322.jpg
スペシャルターリー。



IMG_999978 (4)
あとRawat Restaurant、こちらのお店も良かったです。

IMG_5263.jpg
朝食にアルー(じゃがいも)パラタ。

IMG_5274.jpg
ターリーは色々な種類がありましたが、サウスインディアンターリーを。

ダルの代わりにサンバルがつき、ライスたっぷりでした。



付近には他にもカレー屋さんが沢山。

行ったお店は接客が絶句するほどひどかったので、場所は紹介しませんが、食べた写真だけ。

IMG_5314.jpg
パラク(ホウレン草)コフタ(マッシュポテト)。

IMG_5332.jpg
ターリー。



ただ、いかんせん灼熱だったこともあり、なかなか食欲が湧かない日もありました。

そんな日は果物を買ってきて、宿の冷蔵庫で冷やしたりして食べていました。

…が、宿のスタッフ(犯人は大体見当がつく)の中に手癖の悪い人がおりまして、美味しそうなものを冷蔵庫に入れると勝手に食べられてしまうのですね。

ともや君なんて、対抗策として食べ物の袋に南京錠掛けたりしてました笑

IMG_5317.jpg
と、そんな時に近くに果物屋さんを発見。

屋台よりは多少高いですが、ここの良い所はいくつかの果物が冷蔵庫で冷やして売られていること。

IMG_5318.jpg
こちらで買ったライチや、

IMG_5319.jpg
りんごなんかを食事の代わりにとることもありました。



IMG_5334.jpg
最後にこちらを、A Tavola Con Te

IMG_5335.jpg
こちらはイタリア人がオーナーの本格イタリアン。

これまで紹介したカフェ飯よりもちょっとお高めではありますが(パスタが220ルピー~)、それを上回るクオリティの高さ!

IMG_5337.jpg
自分はジェノベーゼ(280ルピー)を頂きましたが、衝撃的な味でした!

まさかインドでこのクオリティのパスタが食べられるなんて…

ともや君はペペロンチーノ(220ルピー)を頼んでいましたが、麺の太さが違う芸の細かさ!

昼に行ったのでありませんでしたが、夜は本格的なピザも食べられるそうです。



と、リシュケシュグルメまとめでございました!

居心地の良いお店が本当に多い街ですが、ヨガ以外にこれと言ってやることも多くない街ですし、かと言って1日中ヨガをやり続けるのも体がしんどくなりそう…

そんな時に、自分の居場所となるお店が見つかると、滞在ももっと楽しくなると思います。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。