記事一覧

衝撃の印パ国境セレモニー!仲良いの?悪いの?

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



パキスタンの街を歩いていると、本当に沢山の人から握手を求められ、サインを求められ、写真を求められ…

まるで芸能人であるかのような扱いですが、それだけ外国人が珍しいのでしょう。

とは言えこの注目も、疲れている時には本当に辛い…

週刊誌の取材に追い回される芸能人の気持ちが少しはわかった気がします。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月13日
(世界一周73日目)
【アムリトサル】
1インドルピー=1.6円
100インドルピー=160円






おはようございます!

昨日はアムリトサル編の途中で終わりにしてしまいましたので、今日はその続きから行きたいと思います!



黄金寺院を訪れるも、あまりの灼熱ぶりに夜の再訪を心に決め、寺院を後にします。

IMG_5393.jpg
夜まではまだ時間があるので、その前にもう1カ所行きたい所が。

IMG_5395.jpg
午後に参道を歩いていると、しつこいくらいに客引きに声を掛けられます。



「ワガボーダー!ワガボーダー!」と。



ここアムリトサルはパキスタン国境までも程近い場所に位置しているのですが、何と国境が観光地になっているのですね。

普通国境って言ったら、両国の雑多な物が入り交じり、ちょっと治安が悪くなったりするのが常ですが、印パ国境はどうやらそんなことはないようで。

で、この国境では夕方になると、国境のクロージングセレモニーをそれはそれは盛大に執り行っているというので、一度見ておきたかったのです。

というわけで、客引きが指定した時刻、15:30に参道脇の集合場所へ。

IMG_5396.jpg
国境までの交通手段はリクシャー(100ルピー)と車(200ルピー)があったのですが、もうこの暑さですから、これまで同様クーラーの効いた車で出発します。

IMG_5399.jpg
国境までの1本道をひた走ります。

なかなか砂埃もすごいようで…密閉空間の車を選んだのは正解のようですね。

IMG_5400.jpg
インド・パキスタン両国の国旗が見えてきました!

…が、国境まではまだあと5kmほどあります。

どれだけ大きな国旗なのでしょう?

IMG_5401.jpg
こんな大きさでした。

リクシャーはここで停まり、国境までは歩いて行かなくてはいけないのですが、車は中の駐車場まで入ってくれます。

これも車を利用するメリットですね。

IMG_5402.jpg
駐車場には車が無数に停まっているため、周囲の写真を撮って自分の車の場所をしっかりと覚えておきます。

IMG_5405.jpg
何年か前には、このセレモニー会場でテロがあったらしく、警備はかなり厳重です。

会場内にはカメラ、携帯、財布などの貴重品以外の荷物は持ち込むことができないため、予め宿に置いておくことをおすすめします。

既に荷物が無い人がほとんどなのに、これは身体検査の大行列。

IMG_5406.jpg
自分たちも列に並びますが、多くの人がインドを応援する帽子や旗、傘などを持ち、顔や腕にはインド国旗のフェイスペインティング。

まるでスポーツの国際試合みたいです。

IMG_5409.jpg
国境のゲートにつきました。

これでインドの陸路国境を訪れるのは4カ所目ですが、これまでとは比べ物にならないくらい立派な国境です!

IMG_5410.jpg
ゲートをくぐり、会場へ。

IMG_5411.jpg
会場はこの大観衆です!

すごいなこれ、本当に国際試合だ…

IMG_5413.jpg
First Line of Defenceって…最前線でこんな派手なことやっていいのでしょうか?笑

IMG_5415.jpg
会場は西日が射し非常に暑いので、インドカラーの傘が良く映えています。

IMG_5416.jpg
席について程無くすると、インド軍の兵士が出てきました!

恐らく進行について説明をしているのでしょう。

会場もだんだんと盛り上がってきます。

IMG_5419.jpg
さあ、セレモニーのスタートです!

まずは女性や子どもたちが柵の中にぞろぞろと集まり、

IMG_5420.jpg
インドの国旗を持って競争しています!

これ、何の意味があるのだろう…?

IMG_5427.jpg
続いて女性陣の群衆が国境に向かって歩みを進め、

IMG_5426.jpg
ノリノリのクラブミュージックに合わせて踊る踊る!

これはパキスタンを完全に挑発していますね。

「私たちはこんなにも自由なのよ!」みたいな感じで。

IMG_5430.jpg
でも本当に踊っている女性のみなさん、楽しそうでした。

IMG_5432.jpg
次のプログラムまでちょっと間があったので、一緒の車で来たインド人グループと記念写真。

本当は外国人はVIP席に案内してもらえるらしいのですが、1人でVIP席に行って帰りの車を見失うのも怖いですし、こっちはこっちでローカルの雰囲気が楽しいので、良しとしましょう。

IMG_5435.jpg
そしていよいよセレモニーの本番が始まります!

まずは国旗を手に持って行進。

会場のボルテージもどんどん上がり、進行役の兵隊の、



「ヒンドゥスターン!」



の掛け声に、何やら全力でみなさん呼応しております。
(何て言ってるのか最後まで聴き取れませんでした)

IMG_5439.jpg
ゲートの向こうではパキスタン側も何やらセレモニーを進めています。

IMG_5441.jpg
会場にはまだトサカのような帽子を被った衛兵の皆さんも控えています。

IMG_5442.jpg
そして彼らも行進!

IMG_5445.jpg
国境ゲートまで辿り着くと、大股で足踏みをし、パキスタンを威嚇します。

IMG_5447.jpg
さあ、ゲートが開きました!

IMG_5453.jpg
次々とパキスタンを煽る衛兵たち。

IMG_5457.jpg
両国の衛兵が睨み合いを続けます。

やはり両国の政治情勢を鑑みると、仲良くというわけにはいかないのでしょうか…?

IMG_5462.jpg
そして国旗を降納するためのロープに両国が手を掛けます。

いよいよクライマックス!

聞いた話では、ここで国旗の速降ろし対決が繰り広げられると聞いていたのですが…

IMG_5464.jpg
実際には、非常にゆっくりと、両国が足並みを揃えるように国旗を降納する様子が見られました。

IMG_5467.jpg
降納した国旗を掲げ、意気揚々と衛兵たちが戻ってきます。

IMG_5468.jpg
両国が大盛り上がりのこのセレモニー、驚くべきことに毎日夕方になるとこれだけの盛大なセレモニーが行われ、観客動員はインド側だけで8000人を超えるとか。



今年2月にはこの両国の間でカシミール問題が再燃し、一時はどうなることかと思いました。

まだまだ争いの火種は燻っているとは思うのですが、この国境のセレモニーを見る限り、現場レベルでは両国の仲はそんなに悪くはなさそうです。

というか、本当に仲が悪いのだとしたら、こんなセレモニーなんてできるわけがない。

いつの日か、国家レベルでも、このセレモニーのように印パ両国が手を取り合って歩みを進める日がやって来ることを切に願います。

IMG_5469.jpg
会場を出ても観客のボルテージは冷めることはありません。

「ヒンドゥスターン!」の大合唱。

さながら阪神勝利後の阪神電車の車内みたいでした。

盛り上がってうるさいの何の。

IMG_5470.jpg
この国境セレモニーに関する様々なノベルティグッズも売られていました。

その中で気になったのがこれ。

IMG_5471.jpg
Feel Proud



この言葉、全インド人にぶつけてやりたい。



特に観光地に巣食うクソ悪いインド人は、もう少し誇りを持って我々に接してくるべきだと思います。

インド、楽しい国ですが、こと人についてはブログに書いたことも書いてないことも含め、沢山の面倒な思いをさせられましたので。

まあ、最後の街アムリトサルが居心地の良い街で本当に良かった。

終わりよければ全て良し、インドはいい思い出で締め括ることができそうです。



無事駐車場に停まっている車を見つけ出すことにも成功し、元来た道を引き返します。

アムリトサル市街に戻ってきたのは、19:30頃となりました。



まだまだ本日は動きます。

夜の黄金寺院に行かなくては!

とは言え、ブログもだいぶ長くなってしまったので、今日はここで終わりにします。

まさかの1日を3分割という高密度の日ですが、明日こそは完結しますので!笑



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

パキスタンでの食事について

かなりお辛い様子ですが大丈夫ですか?ちょっと高いレストランに入る余裕があるなら、チャイニーズライス(辛くない焼飯)があります。
予算が厳しいなら、ヨーグルトとトーストですね。朝早く行かないと売り切れる場合もあるようですが。ヨーグルトはダーヒー、トーストはスライスで通じます。
お体に気を付けて。

mukashi

 30を過ぎておられるようですが、27くらいで出発しておいた方が良かったなあと後悔していませんか?

らいらさん

せっかくコメント下さったのに、長いことお返事できずにすみません。
恐らくデリー、ラホールと続く暑さに体が参ってしまったようです。
朝ヨーグルト、お陰様ではまってしまいました。ありがとうございました!

takedaさん

コメントありがとうございます!
後悔するくらいなら旅になんか出ませんよ笑
26~27歳くらいで仕事を一区切りつけて旅立たれる方は確かに多いですが、それはオーソドックスなキャリアを歩まれてきた方が、ちょうど仕事を始めて3年くらいというタイミングだからなのでしょう。
自分にとってはこのタイミングが、今後のキャリア形成を踏まえてもベストと考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。