記事一覧

パキスタン入国!優し過ぎるパキスタン人

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



今回パキスタンはビザの期限もあり、かなりタイトに動くこととなりました。

ただ、特に北部の山岳地帯は道路事情も悪いので、できるだけ旅程には余裕を持つことをおすすめします。

途中、ひたすら移動が続いてなかなかしんどかった…

まあ、道中は絶景続きなので、移動も飽きることはないですが。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月14日
(世界一周74日目)
【アムリトサル→ラホール】
1インドルピー=1.6円
100インドルピー=160円

1パキスタンルピー=0.7円
100パキスタンルピー=70円






おはようございます!

本日よりブログはパキスタン編となります!

情報に乏しく手探りでの旅となりますが、どうかお付き合いください。



インド側のアムリトサルも、パキスタン側のラホールも、国境からはおよそ30kmほど。

そんなに長い距離ではなく、今日の移動予想時間は4時間ほど。

最悪日が暮れる前にラホールに到着できれば良いので、チェックアウトギリギリまで宿でのんびりします。

クーラーが効いた今の宿は本当に居心地が良い…

アムリトサルに行かれる旅行者には本当におすすめです、goStops Amritsar

IMG_5498.jpg
黄金寺院にも最後の別れを。

現在時刻は10:00過ぎですが、もうかなり気温は高くなっています。

やっぱり黄金寺院は夜が居心地良かったですね。

IMG_5499.jpg
そして再びのクルチャ!

Brother's Dhabaで今回は定番のジャガイモのクルチャを。

IMG_5500.jpg
腹ごしらえも済んだところでバスターミナルまで歩きます。

IMG_5501.jpg
路地を抜け大通りに出るとこの喧騒。

いくら居心地の良いアムリトサルとは言え、やっぱりインド、交通渋滞はものすごいですね。

これも正直な所、それぞれが譲り合えばもう少しスムーズに流れていくと思うのですが、みんながみんな「我先に!」と突っ込んで行くから、ぶつかって渋滞が起きるんですよね…




1.アムリトサルバスターミナル
2.バス降車場所
3.インド側イミグレ
4.パキスタン側イミグレ
5.ジャランモール
6.ラホール駅
7.リーガルインターネットイン
8.ラホールバックパッカーズ



IMG_5502.jpg
バスターミナルに到着。

ここから国境まではバスが頻発しているので、リクシャーの客引きは全てスルー。

IMG_5504.jpg
23番の乗り場からバスが出ているので、国境に向かう人は迷わずにそこへ行きましょう。

IMG_5506.jpg
国境手前まで35ルピー。

IMG_5505.jpg
バスはなかなか閑散としていますが、時間が決まっているのでしょうか、この状態で出発してくれたのは有難いですがインドらしくない笑

昨日も通った国境の1本道をひた走り、国境ゲートまであと3kmほどの路上で降ろしてくれます。

IMG_5508.jpg
そこからはサイクルリクシャーで。

30ルピーで行きましたが、雰囲気的にもうちょっと値段は落とせそう。

ただ、この灼熱の中で喘ぎながらリクシャーを漕いでいる姿を見ると、あまり派手に値切るのも申し訳なく感じます。

可哀そうと思って乗らないと彼らの収入は無くなってしまうので、心を鬼にして乗りますが、決して強そうではないおじいちゃんに必死にリクシャーを漕がせるのは、何度乗っても心が痛みますね。

IMG_5509.jpg
リクシャーに乗りながらなのでブレブレですが、この先の距離案内。

デリーまではここから500kmくらいですから、感覚的にはもうパキスタンの方がかなり近いですね。

IMG_5510.jpg
リクシャーはゲート手前で降ろしてくれます。

ここから左に進むとインド出国のイミグレがあるのですが…

IMG_5511.jpg
客引きに声を掛けられ近くの店へ。

だって、

「インド最後のビールだぞ!飲まなくていいのか!?」

なんて言ってくるものですから。

もうビールを飲むのは国境越えの定番となりました笑

ただ、この店に来たのは本当に大失敗。

飲んでいる間、店主であろう向かいのオヤジがひたすら絡んできて、

「ハッパは要らんか、女は要らんか」

と、断っても断ってもひたすら絡んできます。

さらに、ちょっとバックパックの中身を整理しようとすると、

「これは何だ、これをくれ!」

と言って、ついにはバックパックに手を突っ込んできやがりました。

あまりのタチの悪さだったのでつい声を荒げて怒ってしまいましたが、周りの従業員(恐らく家族)と共にヘラヘラ小馬鹿にしてくるだけ。

居心地も最悪だったので、さっさと飲んで会計を済ませようとするも、財布の中には500ルピー札しか無く、それを渡すと、

「残念だが釣りはない、早く国境を越えろ」

と、またヘラヘラ。

いくら言っても釣りを用意しに近くの店に行こうともしないので、いい加減頭に来て、最後はレジ金の箱を無理矢理こじ開け、本当はたんまり持っていたお釣りを奪い取るようにして店を出ていきました。

IMG_5512.jpg
この国境を越えるみなさん、このお店には絶対に行かないようにした方がいいですよー!

って言っても国境越えでビールを飲む人自体が稀有か笑



インド側のイミグレは撮影禁止なのですが、これまでの国境越えでは一番しっかりと調べられました。

とは言え高圧的ではなく、すごくフレンドリーではあったのですが。

パキスタンとの関係が影響しているのでしょう、泊まる宿やルート、目的などを詳しく聞かれましたし、荷物も開けて手を突っ込んでの検査でした。

IMG_5513.jpg
出国手続きが終わると、無料のシャトルバスで国境まで連れて行ってくれます。

IMG_5514.jpg
昨日も来た国境、やっぱり立派ですね。

IMG_5515.jpg
昨日衛兵が行進していた道。

IMG_5516.jpg
観客席も日中なので人っ子1人いません。

IMG_5517.jpg
ずっと閉まっていたゲートですが、自分が来ると通れるように開けてくれました。

IMG_5518.jpg
というわけで、この旅5カ国目、通算で33カ国目となるパキスタンに入国です!

IMG_5519.jpg
ヒンディー語も読めませんが、ウルドゥー語はもっと読めません。

本当にミミズが這ったような字です。

IMG_5520.jpg
門をくぐるとすぐ右手にパキスタン側のイミグレがあります。

国境の前後で歩く距離が短いのは、特に暑い日は本当に助かります。

入国審査もフレンドリー。

注意事項はそんなにありませんが、パキスタンで泊る宿の住所を聞かれたので、事前に調べておきましょう
(決まってなければ適当な宿の住所を書けるように)。

どの国境でも同じことですが、ルート未定の放浪者の扱いは厳しくなりがちなので。

IMG_5522.jpg
イミグレからはこんな乗り物で、近くのタクシー乗り場まで送ってくれます(無料)。

で、タクシー乗り場ですが、ここから宿があるリーガルチョークまでは値切っても500パキスタンルピーほど。
(以下金額は全てパキスタンルピーで表記)

IMG_5523.jpg
乗り合いリクシャーで行けばもっと安く行けるという情報があったので、ここでは乗らずに、タクシー乗り場の外に出て、ラホール方面にしばらく歩いていきます。

IMG_5524.jpg
大きなバックパックを背負ってゲートの外に出ようとすると、警備兵に手招きされました。

決して尋問などではなく、「暑いだろう」と言って冷たい水を振舞ってくれたり、旅の話をしたり。

パキスタン人、スタートからかなりフレンドリーです。

IMG_5525.jpg
このゲート付近で流しのリクシャーを捕まえ、とりあえずはジャランモールまで。

料金は20ルピーなのですが、ここでも乗り合わせたパキスタン人のおじさんと仲良くなると、降りる時に料金を支払ってくれました。

パキスタン人、優し過ぎるよ…ありがとうございます!

IMG_5526.jpg
ジャランモールは単なる賑わってる市場みたいな感じだったので、今度はここから10kmほど離れたラホールの鉄道駅まで行きます。

相場は50ルピーと聞いていたのですが、走り始めてしばらく経ってから、

「50ルピーじゃないぞ、500ルピーだ!」

とほざくリクシャードライバー。

周りには他にリクシャーの姿もないため諦めるとでも思ったのでしょうか?

パキスタン人、たまにクソな奴もいるようです。

それでも話が違うとリクシャードライバーと口論していると、周りの人が新しいリクシャー探しを手伝ってくれました。

IMG_5527.jpg
おかげで今度は50ルピーで駅まで向かえることに。

IMG_5529.jpg
ラホール駅に着けば、ここからはもう徒歩圏内。

…なのですが、ドライヤーを全身で浴びているような熱風が吹き付けるラホール市街を大荷物を背負って歩くのは自殺行為。

IMG_5530.jpg
ということでここからは乗合ワゴンで宿近くまで移動します(20ルピー)。

リーガルチョークへは、105番のワゴンが近くを通るのでそれに乗車。

IMG_5531.jpg
ワゴンを降り近くの路地に入ると、

IMG_5532.jpg
本日の宿、リーガル・インターネット・インに到着です!

IMG_5534.jpg
こちらはドミトリーが1泊500ルピー。

IMG_5533.jpg
ただファンは熱風をかき回しているだけなので、暑い夜は寝るまでこの屋上で過ごしていました。

ボロいですがちゃんと掃除は行き届いていますし、Wi-Fiもそこそこ、何より強力冷蔵庫でキンキンに冷やした水が汲み放題なのがありがたかったです。

なお、近くにはもう1つラホールバックパッカーズという安宿もあるので、そちらも宿泊の候補になると思います。



宿で一休みした後はとりあえず夕食を食べに街に繰り出します。

IMG_5535.jpg
ドライフルーツのお店。

一気に中東感が強まりました。

IMG_5536.jpg
宿の付近には様々な屋台が。

IMG_5537.jpg
そして初のパキスタン飯はカレー(煮込み?)を!

ホウレン草とジャガイモのカレーに、オクラのカレー。

かなり油っこいのは、この暑さで食べ物が腐らないようにするための工夫でしょうか?

沢山食べると胃がもたれそうですが、美味しかった!

IMG_5540.jpg
お店の店員やお客さんたちと。

インド以上にこの国、セルフィーを求めてきます。

外国人が珍しいのでしょうかね。



というわけでパキスタン1日目、順調に滑り出しました!

インドとはガラリと雰囲気も変わり、楽しい滞在になりそうです。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。