記事一覧

再びの大移動開始!フンザを目指した2日間

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムはビシュケク!

保険にビザに、着々と申請を進めております。

パキスタンは正直後ろ髪を引かれながら少し早めに出国したのですが、結果として良好なWi-Fi環境の中で申請を間に合わせることができたので、判断としては正解でした。

さっさとやるべきことを済ませて、中央アジアを満喫しよう。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月20日
(世界一周80日目)
【ルンブール谷→チトラール→マスツージ】
1パキスタンルピー=0.7円
100パキスタンルピー=70円






おはようございます。

チトラールに向かう乗合ワゴンが朝6時に出るというので、今朝は5:30起きです。

コーヒーでも淹れてゆっくりと目を覚まそうかと思っていたのですが、



ドンドンドン!



「急げ!車が来たぞ!」



え、早くない?笑

IMG_5817.jpg
というわけで、5:30に車に乗り込み、感傷に浸っている間もなくルンブール谷を後にします。

IMG_5819.jpg
まだ車はガラガラですが、途中で人を拾いながらチトラールへと進んで行きます。

IMG_5821.jpg
道は相変わらずの悪路。

車は激しくシェイクしますが、寝起きの体にこれは堪える…

IMG_5823.jpg
この川のずっと上流がカラーシャ谷になります。

本当に別世界が広がっていたなぁ…


1.南バスターミナル(カラーシャ方面行き)
2.北バスターミナル(マスツージ、ペシャワール方面行き)


IMG_5825.jpg
およそ2時間で、チトラールの南バスターミナルに到着します。

ルンブール谷からここまで200ルピー。

今日はチトラールには泊まらずに、そのままフンザを目指して進んで行きます。

ここからフンザへは2日間の道のり。

今日は途中のマスツージの街まで移動するのですが、聞くとマスツージ行きのワゴンは別のバスターミナルから出発するとのこと。

IMG_5826.jpg
そのバスターミナルまでは、およそ1km離れているため、歩いて移動します。

チトラールの街も朝から活気があって面白そう。

時間があれば1日滞在したかったですね。

IMG_5827.jpg
はい、というわけで北側のバスターミナルに到着です。

こっちの方がはるかに賑わっていますね。

ペシャワール行きもこのバスターミナルから頻発しているようです。

IMG_5829.jpg
マスツージまでは500ルピー。

客引きのおっちゃんに荷物を積んでもらい、

IMG_5832.jpg
どうせまだまだバスも出ないことですから朝ご飯を先に食べます。

IMG_5833.jpg
このビリヤーニがすごく美味しかった!

写真では見えませんが、中に鶏肉がゴロゴロ入っています。

また、野菜の煮込みも嬉しいことに冬瓜が入っていました。

冬瓜とか大根とか、瑞々しい野菜が大好きなんです。

これで150ルピー。

IMG_5830.jpg
さあ、現在8:30。

車に戻ってもまだ出発する気配はありません。

荷物も増えてきたし、そろそろかな?

IMG_5835.jpg
ん?まだ積むの?

ぼちぼち行きませんか?

IMG_5836.jpg
おーい、そろそろ行きましょーよー!

IMG_5837.jpg
あ、出発ですか。

結局出発したのは11:30。

ルンブール谷を朝5:30に出た意味、まるでないですね笑

今日はマスツージに着いたら1日が終わりそうです。



ここからマスツージを経由してフンザまでの道のりは、絶景ルートとして知られています。

何でも途中でシャンドゥール峠という富士山くらいの標高の峠を越えるそうで、そこの景色がもの凄いらしいのです。

ただシャンドゥール峠を越えるのは明日となるので、今日の景色はそんなでもないかなぁと、あまり期待していなかったのですが、

IMG_5838.jpg
いやいや、なかなかに良い景色。

街からまだそんなに離れたわけではないですが、これは期待できそうです。

IMG_5839.jpg
マスツージまでの道のりはずっと川沿いを上流へと向かって行きます。

IMG_5840.jpg
周囲の山々も、奥に進んで行くにつれて段々と険しさを増してきました。

IMG_5841.jpg
奥の方には雪山も見えます。

これが進むにつれてだんだんと近付いてくるのでしょうね。

IMG_5845.jpg
途中で昼食休憩。

とは言え出発前にビリヤーニをたらふく食べたのでここはパス。

IMG_5843.jpg
代わりに美味しそうな瓶ジュースがあったので、こちらを購入。

キンキンに冷えていて最高!

ラホールよりマシになったとはいえ、それでも気温はかなり高いですからね。

そういう時は窓を開けて暑さを凌ぎたい所ですが、道路はチトラールを離れてから程無くして未舗装になったので、砂ぼこりがすごい…

なので写真撮影の時以外は極力窓を開けずに移動することになるため、車内は蒸し風呂のようなんです。

IMG_5848.jpg
再び走り始めると、ここからの景色が秀逸でした。

こんな荒涼とした山の中に、

IMG_5849.jpg
突如として集落が現れ、その付近だけ緑が豊かなんです。

青い空と相まって、色のコントラストが本当に素敵。

フンザもすごく緑豊かな土地と聞いていますが、どんな違いがあるのでしょう?

IMG_5852.jpg
集落を離れると再び荒涼とした風景に戻りますが、

IMG_5857.jpg
山肌の色も場所によって違いがあり、眺めていて飽きることはありません。

IMG_5856.jpg
およそ5時間の絶景ドライブでした。

IMG_5860.jpg
景色がだいぶ平坦に、開けてきました。

マスツージまであと少し。


1.ワゴン降車場所
2.NATCOオフィス(実際には路地があります)
3.SN Villa & Restaurant(こちらも路地があります)
4.翌日のバス乗車場所

IMG_5861.jpg
そして16:30頃、マスツージの街に到着です!

IMG_5862.jpg
雪山もだいぶ近くに見えるようになりました。

明日はあの山の峠を越えていくのでしょうか。

IMG_5863.jpg
明日の移動は10時間以上が見込まれるため、出発もきっと早いはず。

先にバスチケットを買うことにします。

NATCOのオフィスは路地の中にあってわかりにくいので、地図を参照してください。

ギルギットまでは直行のバスが出ていると聞いていたのですが、Gahkuchという街までの便しかなく、そこでギルギット行きに乗り換えということでした。

周りの人もそれを買っていたのでおそらく本当に無いのでしょうが、これがいつも無いのかはわかりません。

車両やドライバーの運用の都合とかなのかもしれませんね。

Gahkuchまで1000ルピー、そこからギルギットまで200ルピー。

そして何より出発時間。



朝の4:30です!



今日は早々に宿を見つけてゆっくりしよう…

ということで街を歩き回ろうと思っていたら、近くの宿の人が客引きをしていたので、宿まで案内してもらうことに。

IMG_5864.jpg
SN Villa & Restaurantという宿でしたが、ここが掘り出し物でした。

IMG_5865.jpg
こんな素敵な庭に、

IMG_5866.jpg
部屋も清潔。

写真の部屋はトリプル3000ルピーでしたが、交渉して同クオリティのツインをシングル利用で600ルピーに値切れました。

何よりバスの出発場所から近いのが助かります。



部屋でゆっくりしようと思っていたのですが、クリケットを観に行こうとさっきの客引きに誘われたので行ってみることに。

IMG_5867.jpg
彼らがその客引き。

IMG_5868.jpg
バイクの後ろに乗せてもらって広場に向かいます。

IMG_5872.jpg
おー、やってますねクリケット。

1日の仕事が終わり夕方になるとここに集まってたまにクリケットをしているそうで。

ただこのクリケット、野球とルーツは同じなんですがルールは全然違うようで。

練習に参加させてもらったのですが、一応自分も野球をかじっていたので打てるんですよ、気持ちいいクリーンヒットみたいなのは。

ただ打った後どうすればいいのか全くわかりませんし、クリーンヒットと思っているものが果たして良い結果なのかすらわかっておりません。

というわけで試合は参加はせずに見学することにしましたが、

IMG_5873.jpg
いつの間にか始まってて、

IMG_5870.jpg
いつの間にか終わってました笑

IMG_5874.jpg
まあ、それでもこんな気持ちいい広場で体を動かせただけ良しとしましょう。

せっかくの良い天気ですし、移動だけでは勿体ない!



IMG_5877.jpg
クリケットの後は街に戻るも、かなり寂れていて食堂など開いていなさそうだったので、

宿で夕食を頂くことに。

IMG_5880.jpg
大好きオクラの炒め物です。

IMG_5879.jpg
サービスでチャイも出してくれました。



いよいよ明日はシャンドゥール峠越えです。

どんな景色を拝めるのでしょうか?

その前にちゃんと早起きして峠に行くことができるのでしょうか…?笑



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。