記事一覧

絶景!シャンドゥール峠を越えてフンザ入り

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



ビシュケクの、宿が、宿が、居心地よすぎます…

複数ある日本人宿の中から、さくらゲストハウスという所に泊まっているのですが、もう緑いっぱいの庭が気持ちよすぎて…

部屋にいてもクーラーが効いていますし、Wi-Fiも爆速。

動く気力が削がれてしまう魔性の宿ですね笑





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月21日
(世界一周81日目)
【マスツージ→ギルギット】
1パキスタンルピー=0.7円
100パキスタンルピー=70円




IMG_5881.jpg
おはようございます。

ちゃんと起きられましたよ、朝4:30。

あぁ…眠い…

まだ外は暗いですが、こんな時間に本当にバスなんて来ているのでしょうかね?

IMG_5882.jpg
あ、バスってこれですか。

NATCOって書いてあるから恐らくそうでしょうが、結局今日もワゴンか。

1人1席ちゃんとあてがわれる乗り物にそろそろ乗りたいなぁ…

IMG_5883.jpg
まあ仕方ありません、あの車のようにやる気出していきましょう。

IMG_5884.jpg
と思ったら今日は2台で一緒に行くらしく、自分はこのランクルに乗るように指示されました。

道も悪いでしょうから、ワゴンよりランクルの方が乗り心地も良さそうでラッキーですね。

IMG_5885.jpg
荷物を積み終え、5:00過ぎに出発します!

今回は峠越えの際、右手にシャンドゥール湖という湖が見えるとのことで、右の窓際を死守しました。

逆に下りに入ると景色は期待できなさそうですが、メインのシャンドゥール峠をしっかりと満喫できれば今日はそれで満足です。

IMG_5886.jpg
車は街のダート道を猛スピードで登ると、

IMG_5895.jpg
こんな山道に入っていきます。

IMG_5897.jpg
朝日に照らされる山々。

IMG_5898.jpg
美しい景色が広がってはいますが、ちょうど山の陰にあたるので、陽があたらずなかなかに寒いです。

標高もぐんぐん上げて、3000mを超えてきましたし。

撮影も終わったので窓を閉めようと試みますが、



壊れて窓が閉まりません。



恐らく気温は1ケタでしょうし、何より爆走する車に吹き付ける風の強いこと。

これで窓全開のまま峠越えとか、完全に自殺行為でございます。

サブバックに入っている服やニット帽を全て着込んで、ガタガタ震えながらの移動となりました…

IMG_5903.jpg
途中陽が射してくると、ちょっとは気温もマシに。

IMG_5908.jpg
何より風景が美しいですね。

IMG_5907.jpg
牧草地に向かう山羊の群れ。

パキスタンらしい風景です。



これ以降、今度は進行方向右側が山の斜面側となり、景色が臨めなくなったので、寒さを紛らわそうとパーカーのフードを深々と被って眠りにつきます。

朝も早かったので一瞬で眠りに落ちました。



次に目を覚ましたのは、隣の席の人に声を掛けられた時。

何事かと思って目を開け、外を眺めてみると、そこに広がっていたのはこんな景色!

IMG_5911.jpg
いつの間にか山を登り終え、目の前には広大な草原と、雪山が。

IMG_5910.jpg
そして山羊の群れに、朝日に光り輝く湖が!

IMG_5917.jpg
これがシャンドゥール湖です!

IMG_5920.jpg
雪山とのコントラストが素晴らしく美しい!

IMG_5928.jpg
思わず我を忘れて写真を撮りまくっていると、せっかくだからとドライバーが車を停めてくれました。

IMG_5932.jpg

IMG_5935.jpg
いやぁ…高地にある湖って、何でこんなに美しいのでしょう。

IMG_5936.jpg
ここからまたしばらく走り、湖のほとりの小屋で休憩に。

IMG_5937.jpg
ここで飲むチャイがひたすら美味しかった。

極寒の体を温めてくれるのもそうですが、何より、

IMG_5938.jpg
こんな絶景を見ながら飲むチャイでなのですから、美味しいに決まっています。

IMG_5940.jpg
チャイを飲み終わったら一仕事しなければなりません。

IMG_5941.jpg
このままこんな高地を窓全開で走り続けたら確実に風邪をひきますので(もう手遅れかもしれませんが)、あの屋根の上の荷物から防寒具を引っ張り出さねば。

IMG_5942.jpg
これこれ、ウルトラライトダウンです。

ここ最近灼熱の中を移動していたので、メインバッグに眠らせっぱなしでしたが、今後は国境越えの度に峠越えとなるので、サブバッグにしっかりと移しておきましょう。



もう万全です。

IMG_5943.jpg
今度は一転して峠を下っていきます。

移動しながらなのであまり綺麗に撮れた写真は多くありませんが、しばしシャンドゥール峠の絶景をお楽しみください。

IMG_5945.jpg

IMG_5946.jpg

IMG_5949.jpg

IMG_5950.jpg

IMG_5951.jpg

IMG_5953.jpg

IMG_5956.jpg

IMG_5958.jpg

IMG_5955.jpg
素晴らしいですね。

この峠道は移動にかなり時間がかかって大変ですが、それだけの価値はある道だと思います。

昔パキスタンの治安が良くバックパッカー天国だった頃、このシャンドゥール峠を馬で越えるのが流行ったそうです。

こんな峠道を馬でなんか越えたらお尻の皮がズル剥けになりそうですが、それだけ人気のルートだったのですね。

さすがに今回の道中は馬には1頭たりともすれ違いませんでしたが、いずれはまたそうした旅ができるようになると良いですね。



ちなみにmaps.meで位置情報を確認しながら移動していたのですが、正午に差し掛かってもまだ半分も進んでおりません。

早ければ10時間くらいでギルギットに着くとのことだったのですが、その理由はこちら。

IMG_5960.jpg
エンジンの調子が悪いようで、何度もオーバーヒートを繰り返しては、その度に修理をするために長時間停車を強いられております。

みんなで力を合わせて車を押す経験を、この時初めてしました笑

修理のために何度も休憩となったので、その間に同乗のみんなとは仲良くなりました。

IMG_5963.jpg
3時間遅れで昼食休憩。

IMG_5964.jpg
このスープかけご飯も、同乗の人がおごってくれました。

毎度のことですが、パキスタン人の優しさには感謝しきりです。

特にインドからやってきたので、そのギャップには驚かされます笑

IMG_5965.jpg
その後車はオーバーヒートの度に、何度も何度も休憩を重ね、

IMG_5966.jpg
ようやく16:00過ぎ、Gahkuchの街に到着しました。

IMG_5968.jpg
目の前にNATCOのバンが停まっていて、すぐに乗り換えました。

もう1台の人たちは先にギルギットに向かってしまったようで、このバンはランクルのメンバーのみで乗車。

久しぶりの広々移動です。

IMG_5970.jpg
途中の路上で果物売りの少年がいたので、ドライバーがあんずを買ってくれました。

みずみずしくてすごく美味しい!

フンザは春になるとあんずの花が咲き乱れてそれはそれは綺麗だそうですが、この時期はあんずの実がシーズンとなるようです。

IMG_5971.jpg
今度の車はかなり飛ばしてくれ、18:00頃ギルギットに到着。

実に13時間の大移動となりました。


青…マディナゲストハウス
(地図上にあるMadina Hotelとは異なり、ちょっと路地に入った所にあります)

IMG_5972.jpg
ギルギットの街はKKH(カラコルム・ハイウェイ)が通るだけあってかなり賑やか。

IMG_5974.jpg
こんな市場のような所もあります。

IMG_5975.jpg
おそらく街の中心となるのがこの時計台。

残念ながら時刻はずれていましたが…笑

街歩きもしたい所ですが、今日はさすがにゆっくりとしよう…

とは言え明日にはフンザの中心カリマバードに向かうつもりなので、ギルギットの街はほとんど見ないことになりますが。

IMG_5976.jpg
今日の宿はこちら、Madina Guest Houseです。

IMG_5979.jpg
ドミトリー500ルピーでしたが、今日のお客さんは宿全体で自分1人…

イスラマバードを出てから同宿者に出会ってないのでそろそろ寂しくなってきました笑

IMG_5980.jpg
夕食を食べに行こうとすると宿のおじさんがダル(豆)ならあるというので、それを頂くことに。

でも、これで150ルピーなら外に食べに行っても良かったな。



さあ、いよいよ明日は憧れフンザの中心地、カリマバードに向かいます!

風の谷と呼ばれるフンザ、一体どんな風景が広がっているのでしょう…

本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

はじめまして 8年前にさくらゲストハウスに1週間滞在しました。
2人の娘さんがいるのですが会いましたか?

かよこさん

はじめまして、コメントありがとうございます!
2人の娘さん…従業員と思しき女性は2名ほどいらっしゃるのですが、その方ですかね…?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。