記事一覧

一路カシュガルへ!本場のウイグル料理はやはり美味

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



キッチンがある宿で長居するのは、今回のビシュケクが初めてとなります。

こういう時に楽しいのが、市場やスーパーを歩いてみること。

日本にはない、気になる食材が沢山!

どんな風に料理するのかわからないような物を買って試してみるのも、なかなか面白いものです。

失敗も多々ありますが…笑





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月26日
(世界一周86日目)
【タシュクルガン→カシュガル】
1元=15.7円
100元=1570円






おはようございます!

昨日は1日がかりの移動で中国・新疆ウイグル自治区に到着した所ですが、本日もこのまま移動を続け、カシュガルを目指します!

IMG_6205.jpg
北京時間の朝9:00にバスターミナルが開くというので、8:30頃には宿を出発。

ただ、中国全土で使われている北京時間以外に、ここウイグルではウイグル時間というのもあります。

ウイグル時間は北京時間より2時間早いので、現在は6:30頃。

IMG_6206 (1)
というわけで、夜が明けたばかりの街はまだまだ動き出しも鈍く、人通りはほとんどありません。

今日の移動は6時間ほどということで、出発前に朝食を食べておきたかったんだけどなぁ…

IMG_6207.jpg
パキスタンとの国境に近いというのもあり、街にはパキスタン商店がいくつもありました。

パキスタンから来たので物珍しさは感じませんが、もしパキスタンに行かない人ならば、こういう店を物色するのも面白いかも知れません。


1.K2ユースホステル
2.バスターミナル

IMG_6208.jpg
宿から10分ほど歩いて、タシュクルガンのバスターミナルに到着。

IMG_6209.jpg
中に入りチケットを買うのですが…

いつの間に中国人、きちんと列を作れるようになったのでしょう?

学生時代に中国を旅した時は、インド同様窓口の周りに人が溢れ返る惨状だったはずですが…

こういう民度の向上からも、在りし日の中国とは違うということがわかりますね。

IMG_6210.jpg
カシュガルまでは65元。

10:30出発と書いてありますが、とりあえず乗り場に向かってみると、

IMG_6211.jpg
もう車には人がぎっしり。

結局北京時間の10:00くらいには出発してしまいました。

一緒に車に乗り込んだAさんは水を買いに行きたそうにしていましたが、こういう乗り物は時間が読めないので無理にでも乗り込んでおいて良かった…



IMG_6212.jpg
雲は多いものの青空も覗き込んでいます。

IMG_6213.jpg
タシュクルガンの街からはこんな雪山を臨むこともできます。

普通に街が広がってはいるものの、ここも結構な標高なのでしょうね。

中国を初めて訪れた時からとにかく驚きだったのが、どんな辺境の地にも、途上国の首都と同等レベルの街が造られていること。

なので陸路で国境を越えると、隣国の国境の街とのギャップがもの凄いのです。

ここタシュクルガンも、他国ならそもそもこんな場所にこんな規模の街など造らないでしょうし、そこに中国パワーの凄さを感じることができます。

IMG_6214.jpg
ちなみに今はガソリン休憩。

中国のガソリンスタンドは、ドライバー以外は立ち入りができないようで、バスから降ろされて給油が終わるまでずっと外で待機しているのです。

昔と比べてもかなり各地での警備が厳重になっていますが、これは全国的なものなのでしょうか?それともウイグルだからでしょうか?

いずれにしても、スムーズにカシュガルに到着することは叶いそうにありませんね。

IMG_6216.jpg
結局、給油が終わりタシュクルガンの街を出るのに30分くらいかかってしまいました。

ここからは荒涼とした大地の中を、カシュガルに向けひた走ります。

IMG_6217.jpg
ちなみに今回乗ったバス、窓が開かない仕様の上に窓が非常に汚れていたため、窓越しに撮った写真はこのように汚れております。

無いよりはマシかと思うので、悪しからず。



なおAさんは出発して早々の村で降りていきました。

ここからタジキスタンを目指すそうです。

国境越え後の動きをろくに調べられていない状況だったので、てっきりカシュガル、オシュと一緒に向かうものだとばかり思っていましたが、確かに遠回りになってしまいますからね。

無事に到着することを祈ります。



IMG_6219.jpg
再び1人になった所で、車窓を楽しもうとするも、どうにも単調な風景が続きます。

タシュクルガンからカシュガルに向かう場合、圧倒的に進行方向右側からの景色が綺麗でした。

ひたすら雪山を仰ぎ見ることができますし、青々としたカラクル湖も右側に見えます。

一方自分が座った左側はというと、同じような風景が続くばかり。

IMG_6218.jpg
あ、ラクダだ。

カシュガルは砂漠気候の例でよく地理では扱われる都市でもあるので、この辺りはかなり乾燥の度合いが強いのでしょう。

ちなみに、こんなぼやけた写真を例にとって恐縮ですが、ラクダの種類はヒトコブラクダとフタコブラクダに分けられます。

このラクダはその見た目からフタコブっぽいですが、それもそのはず、フタコブラクダの原産は中央アジアで、ここウイグルに生息するラクダは圧倒的にフタコブが多いのです。

ただ世界的にはヒトコブラクダの数の方が多く、その比率はラクダ全体の90%を占めます。

ヒトコブラクダは西アジア原産で、西アジア・北アフリカ・東アフリカなどのラクダはほぼヒトコブラクダです。

中央アジアやイランなどは、ヒトコブとフタコブが混在する地域に属しますが、双方の雑種は大きく成長し荷役に有利なので、混在地域では雑種のラクダが非常に多いそうです。

雑種の場合、コブの数は何個になるのでしょう…?笑

IMG_6220.jpg
湖が見えてきました。

この湖はそんなに綺麗な色をしていませんね。

IMG_6221.jpg
こちらの湖はなかなか綺麗。

IMG_6225.jpg
お、車を停めてくれるのですね。

どうやら休憩のようです。

IMG_6223.jpg
狭い座席で硬直した身体をストレッチしがてら、ちょっと付近を歩いてみましょう。

IMG_6222.jpg
パキスタンのシャンドゥール湖も、アッタバード湖もそうでしたが、高地にある湖って本当に綺麗ですね。

IMG_6224.jpg
特にここは、荒涼とした大地に突き抜けるような青さの湖が映えて、非常に素晴らしい眺めでした。

調べてもよく名前がわからなかったのですが、こんなレベルの湖が大々的に名を知られることもなく普通に車窓に現れるって、凄いですよね。

IMG_6226.jpg
ここで胃袋が限界を迎えたので非常食を投入。

このまま何も食べずにカシュガルまで行くのはさすがに辛いと思った所で、ちょうど昨日のクンジュラブ峠越えの非常食でスニッカーズを買っていたのを思い出しました。

この非常食が結果的には救いに。

夕食まであと何も食べられず仕舞いでした…

IMG_6227.jpg
さあ、休憩を終え、再び出発です。

IMG_6228.jpg
雲が多いですが、もし晴れていたらあの山の向こうもさらに山が広がっているのでしょうかね。

視界が妨げられているのが少し残念ではありますが、その中で驚きの景色も。

IMG_6229.jpg
真っ赤な山!

IMG_6230.jpg
中国の南部には赤い堆積岩が隆起することによって形成された丹霞という地形が世界遺産に登録されています。

ここの山々はその対象からは外れていますが、小規模ながらも色とりどりの堆積地形は本当に見応えがありました。

いずれ中国に戻ってきた時には、世界遺産に登録されている大規模な丹霞も観に行ってみたいなぁ…

甘粛省の張掖丹霞地貌という所が特によく知られているみたいです。


1.バス到着場所
2.中国銀行(外貨両替を扱う店舗)
3.パミールユースホステル

さてバスですが、所要6時間と聞いていましたが、要所要所に設けられた検問でなかなか時間を食ってしまい、結局7時間ほどかかってカシュガルに到着しました。

IMG_6231.jpg
バスターミナル付近からは路線バスに乗って街の中心に移動します。

このまま宿に行っても良いのですが、その前に銀行に寄ることに。

VISAやマスターカードが使えるATMが付近に見当たらなかったので、それを探すのならいっそのこと銀行で現金を両替してしまおうと。

IMG_6232.jpg
というわけで、中国銀行にやってきたは良いのですが…



仕事が遅い!遅すぎる!!!



何で溢れんばかりの人がいるのに窓口1つしか稼働してないの…

というわけで、ただ中国元に両替するだけなのに2時間以上も待たされてしまいました…

これならATM探した方が早かったかも…

IMG_6266.jpg
おかげで宿に着いた時には既に20:00を回ってしまいました。

とは言え外はまだまだ明るいですが。

もう少し早く着くのなら、そのまま街歩きをして明日にはカシュガルを出てしまおうかとも思ったのですが、こんな時間なので街歩きは明日に回し、延泊しようと思います。

IMG_6234.jpg
幸いにも宿はなかなか居心地が良かったのが救い。

IMG_6233.jpg
パミールユースホステル、ドミトリーで67元でした。



さあ、今日はもう時間も遅いことですし、ウイグルグルメを堪能して早々に眠りについてしまいましょう!

IMG_6239.jpg
ちょうど宿の下のお店で、羊肉の焼ける良い匂いがしたので、夕食はそこで。

IMG_6236.jpg
これですよこれですよ!

肉と脂を交互に刺した羊が、何ともジューシーに焼かれています!

1本4元、ちょい高いですが…

IMG_6235.jpg
でもビール(6元)と合わせたらもう止まりません!

IMG_6238.jpg
思わずお代わりを。

IMG_6237.jpg
さらに締めにラグメン(18元)を注文。

この麺のコシ!パキスタンで食べたラグメンとはまるで違う!

食事の美味しさはさすがウイグルです!



ただ、ちょっと見ただけでも街は違和感だらけでした。

明日は1日かけて、その違和感が何に起因するのか、探検してみたいと思います。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

フンザ最高!

マルさん。楽しく記事拝見させて頂いております。フンザ最高ですね。私も10数年振りに訪れて色褪せない素晴らしさに感動しました。またマルさんの写真と丁寧な文章が本当に良いです。中央アジア編も楽しみです!
くれぐれもお身体に気を付けて良い旅を続けて下さいね〜。

中年バックパッカーさん

コメントありがとうございます!
もしかして、カリマバードでご一緒させて頂いた方でしょうか…?

フンザはずっと憧れていた事もあり、本当に印象深い思い出となりました。
またいずれ、今度は長い時間をとって訪れたいと思います!

身体と安全に気をつけて、旅もブログも頑張って行きたいと思います!
ありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。