記事一覧

夏休みの中の夏休み

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムは、トレッキングからビシュケクに戻ってきた所です!

この後は、トルクメニスタンビザが受領でき次第、タジキスタンに向かいます。

パミール高原とワハーン回廊を巡ろうと思っているのですが、ランクルをシェアして下さる方を探しております。

人数が集まれば1人当たりの負担も安くなるので…

上手く集まると良いなぁ…





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年6月30日
(世界一周90日目)
【ビシュケク】
1ソム=1.56円
100ソム=156円




おはようございます!

昨日深夜にビシュケクに到着しました。

長い移動もとりあえず一段落ということで、ちょっとゆったりとしたい所なのですが、まだそういうわけにも行きません。

ここビシュケクで、この先のビザを調えなければならないのです。

ビザを申請してしまいさえすれば、発給されるまでのんびりとキルギスの自然を満喫することができるので、今日はもうひと頑張りといった所ですね。



なお、これから先しばらくのルートですが、以下のように移動しようと思っています。

7月
キルギス(ビザ不要)

カザフスタン(ビザ不要)

キルギス

タジキスタン(ビザ要)

ウズベキスタン(ビザ不要)

8月
トルクメニスタン(ビザ要)

アゼルバイジャン(ビザ要)

ジョージア(ビザ不要)

アルメニア(ビザ不要)

9月
イラン(ビザ要)

ビザ待ちの間にカザフスタンをちょこっと巡り、ビザが調った所で残りの中央アジア、コーカサスと巡ってイランへと抜けるつもりです。



これを踏まえ、これから申請しようと思っているビザは以下の通り。

・タジキスタンビザ(Eビザ)

・トルクメニスタンビザ

・アゼルバイジャンビザ(Eビザ)

・イランビザ(Eビザ・受領は大使館)



4つもありますが、トルクメニスタンビザ以外はEビザなので、ビシュケクに辿り着くまでに申請を済ませておくことも勿論可能です。

ただ自分の場合、パキスタンはWi-Fi環境が悪かったり、中国はVPNを通さないと調べ物もろくにできなかったりと、直近に滞在した国がことごとくビザ取りに不都合な環境だったため、ここまで申請ができずにいました。

また、トルクメニスタンは、訪問する前後の国がビザを要する場合、その国のビザのカラーコピーを申請時に提出する必要があるため、まだ申請することができません。

そのため本日は、タジキスタンビザとアゼルバイジャンビザの申請を昼頃までかけて行いました。

簡単な申請でしたが、今後の参考に情報は別記事でまとめようと思います。



というわけで、本日はビザ申請が完了した後の日記を。



ここビシュケクはビザ取りなどで長居する旅人も多いことから、複数の日本人宿があります。

IMG_6455.jpg
その中で今回自分が泊まったのはこちら、さくらゲストハウスです!

IMG_6454.jpg
ドミトリーで1泊420ソムと、他の日本人宿と比べるとほんの少しお高めなのですが、その分施設が非常に綺麗で居心地は抜群!

IMG_6459.jpg
庭が共有スペースになっているのですが、こんなに緑が豊か。

この庭にいくつもテーブルが置いてあるので、そこで食事をしたりビールを飲んだりしながら旅人同士で語り合うのは、最高に楽しいです。

結局ビザ取りが全て完了するまで、出たり入ったり延べ10泊以上、こちらのさくらゲストハウスにはお世話になりました。

あらゆる環境面に優れていて相当おすすめできる宿ですので、もしビシュケクを訪れた際にはぜひ。



ちなみにビシュケクには他に、南旅館ドス・ゲストハウスなども日本人宿として知られています。

特に南旅館は、個性溢れる宿としても非常に有名で、そちらに行こうか直前まで迷っていました。

噂から自分なりに感じた南旅館のメリットは、長居されている方が中心となり作るシェア飯が胃袋を掴まれる美味しさなのと、トルクメニスタン大使館に近いこと。

ただ自分の場合かなり自炊が好きなので、人が考えたレシピをみんなで作るよりも、自分で食材を見ながらレシピを考えたいことや、宿の清潔さに惹かれたことから、さくらゲストハウスを選びました。

もうこれは各々の好みになるのでしょうね。

なお、さくらゲストハウスからトルクメニスタン大使館まで少し距離があるのはデメリットに感じそうな所ですが、マルシュルートカでの市内移動は安いですし、オーナーさんが色々と助けて下さったので、自分はそんなに不便とは感じませんでした。
(自分の場合、タイミングが合ったことから、オーナーさんにトルクメニスタン大使館まで車で送ってもらえました。)

逆に、カザフスタンやキルギス内の他地域に行く際に利用する西バスターミナルへは、さくらゲストハウスの方がアクセスは良好そうですし。

個人的には、とても満足の行く選択だったと思います。



さて、今日はここまで移動が続いた疲れを癒すのと、現時点でできるビザ取りが一段落したことを祝うために、宿で昼からビールでも飲んでゆっくりしようと心に決めていました。

IMG_6457.jpg
その前にお昼ご飯は外へ。

IMG_6456.jpg
丁丁炒麺を頂きました。

実はウイグル料理の中で一番好きなのがこの炒麺なのですが、作っている店に出会うことができなかったのです。

それが宿の近くでそれらしき物を作っている店があったので、迷わず入店。

ボリュームもなかなかで、大満足の昼食でした。



そして帰りに商店に寄り、念願のビールを購入。



IMG_6458.jpg
それでは!

いただきます!!

昼から心置きなく飲めるなんて何たる幸せ!!!




悦に浸りながら至高の時間を過ごしました。

しばらく1人で飲んでいると、他に宿泊されている方が共有スペースにやって来ました。

色々な話で盛り上がったのですが、その話の中で、



「美味しい赤ワインが手元にあるんだけど、ステーキなんかと合わせたら最高だよなぁ…」



ステーキ!何て魅惑的なワード!

自分、肉も調味料も買ってくるので、ぜひステーキ食べましょう!!

ついでにワインも沢山飲みましょう!!!




IMG_6462.jpg
というわけで、近くのスーパーにお使いです。

IMG_6463.jpg
かなり立派なスーパーで、品揃えもなかなかのもの。

IMG_6464.jpg
お酒も充実していました。

ワインもきっと1本じゃ足りないでしょうしね!

IMG_6465.jpg
しかし、なぜか肉売り場は加工品のみで、牛肉は売っていませんでした。

IMG_6466.jpg
というわけで他のスーパーへ。



万全の状態で買い出しを終え宿に戻ると、宿でも素敵なあれこれが準備されていました。



IMG_6467.jpg
宿のオーナーさん「プールに水溜めたけど、入るかい?」



入ります!もちろん入ります!



IMG_6468.jpg
ワインの方「モロキュウあるけど、つまみにどうだい?」



いただきます!もちろんいただきます!



その後も豪華な晩餐は続きます。

IMG_6469.jpg
ニンニクがあったのでニンニク味噌!

IMG_6470.jpg
なぜか昨日の余りという北京ダック!!

IMG_6472.jpg
そして、最高に美味しかったステーキ1kg!!!

IMG_6471.jpg
それはそれはワインも進みます。



旅自体が長い長い夏休みのようではあるのですが、その中でも今日は特に(怠惰という意味で)夏休みのような日々を過ごしてしまいました。

まぁ、ここまでの3カ月間ずっと、夏休みのような長期休みでないとできないような体験を色々してきたので、ここらでちょっと充電するのも良いですね。

ただ、何かしら動いていないと落ち着かない性分の自分は、早速明日動き出します。

アゼルバイジャンのビザが取れたら、すぐにトルクメニスタンビザの申請に入るので、ビザがおりるまでの間にカザフスタンに行って参ります。

というわけで次回の日記本編からは、短めですがカザフスタン日記をお送りします。

期間こそ短いですが、カザフスタンはこの旅でも特に刺激的な出会いがあった所なので、ぜひぜひお楽しみに…

本日は実質半日分の日記で、さらに大したこともしていないので薄い内容ですが、以上です。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。