記事一覧

緑溢れる大都市!アルマトイを散策

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



トルクメニスタンビザを申請してから早10日。

ビザが、ビザが、おりません!!!

あえなく延泊を続けておりますが、いつになったら先に進めるのでしょう…?

とりあえず祈るばかりでございます。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年7月1日
(世界一周91日目)
【ビシュケク→アルマトイ】
1ソム=1.56円
100ソム=156円

1テンゲ=0.28円
1000テンゲ=280円






おはようございます!

今日から数日間、ビザ待ちの時間を利用してカザフスタンに行ってきます。

あまり長居はできないのですが、せっかくなので郊外まで足を延ばしてカザフスタンの素晴らしい自然を体感できたらいいなぁ…

IMG_6473.jpg
朝ご飯は、昨日スーパーで買っておいたペリメニを茹で、適当に調味料で味付けしたもの。

同部屋の人も今日チェックアウトということで、食材整理にトマト・キュウリ・牛乳を頂いたのでそれも一緒に。

IMG_6474.jpg
数日後にはまたビシュケクに戻ってくるので、大きい荷物は宿で預かってもらうことにしました。

IMG_6475.jpg
外は気持ちの良い青空です!


1.さくらゲストハウス
2.バスターミナル

IMG_6476.jpg
カザフスタンのアルマトイまでは、西バスターミナルからマルシュが頻発しているので、そこまでバスで移動します。

ちなみにキルギスやカザフスタンをはじめとした旧ソ連の国々を巡る場合、2GISというアプリが非常に便利です。

任意の2地点間のバスやマルシュのルートを検索できるアプリなのですが、事前にダウンロードしておけばオフラインでも使えるので、ここまでの中央アジア旅では非常に重宝しています。

もしこの辺りを訪れる方は、ぜひお試しください。

IMG_6477.jpg
こちらが西バスターミナル。

宿からは20分ほどで到着しました。

無数にマルシュが停まっていますが、行き先は全てキリル文字表記。

アルマトイ行きのマルシュは…

IMG_6478.jpg
ありました。

Aから始まる地名なので何とか雰囲気で読めますね。

IMG_6479.jpg
乗り場前の窓口でチケットを購入。

事前情報では荷物代込みで500ソムとありましたが、大荷物を持って来ていないため400ソムで買うことができました。

IMG_6481.jpg
車内は暑いので、もはや定番となったクヴァスを飲んで身体を冷やします。

IMG_6482.jpg
それでは出発です!

現在時刻は10:00、アルマトイには何時頃着くのでしょう?

車内にクーラーが無く、窓も開かないのは、オシュからの移動と同じです。

天窓が開くので、走っている間はそこから外気が流れ込んで行く方式です。

IMG_6483.jpg
とは言えビシュケク市内はそんなにスピードも出せないので、車内は暑いまま。

IMG_6490.jpg
こちらが国境です。

ビシュケクから国境まではかなり近く、ほんの40分ほどの乗車で到着しました。

天気が良いので外もそれなりに暑いですが、それでもあの車内にいるよりは爽やかで良いですね。

IMG_6491.jpg
キルギスの出国審査はいたってシンプルで、荷物検査などは無くパスポートチェックのみ。

出国を済ませこんな通路を通ると…

IMG_6492.jpg
こちらがカザフスタンのイミグレです。

というわけで、この旅8カ国目、カザフスタンに入国です!

IMG_6493.jpg
入国審査もそれはそれは簡単、パスポートチェックのみであっさりと終わります。

そしてイミグレを出ると、目の前にはガソリンスタンドが。

IMG_6495.jpg
ここでキルギス側から乗ってきたマルシュにピックアップしてもらい、同じ車でアルマトイを目指します。

IMG_6496.jpg
出発までの間にカザフスタン・テンゲに両替を。

国境のレートはそんなに悪くはありませんでしたし、ビシュケク・アルマトイそれぞれのバスターミナルや街中でも簡単に両替は可能です。

IMG_6497.jpg
この時点で11:30ほど。

お腹も空いてきましたが、移動中の食事は忙しないですし割高になってしまうので、アルマトイに着いてから昼食にすることにします。

IMG_6498.jpg
国境の街を離れると、広大な平原地帯が視界に入ってくるようになります。

IMG_6499.jpg
地理でステップ(短草草原)という用語を聞いたことのある方も多いことでしょう。

このステップという言葉、実はロシア語でして、「平らな乾燥した土地」という意味になります。

とは言えこの地域におけるステップの範囲は非常に広く、西はカスピ海沿岸から東はアルタイ山脈の辺りまで広がっており、さらに、この辺りのステップで地理用語としてよく知られているカザフステップは、カザフスタン北部からロシア南部の辺りを指すということで、厳密にはこの辺りが由来ではないのかもしれません。

IMG_6500.jpg
でも、カザフスタンでステップが広がる景色を眺められたということが、自分の地理的な好奇心を存分に満たしてくれました。

IMG_6501.jpg
途中、休憩がありました。

IMG_6503.jpg
駐車場に隣接した食堂にはトルコ料理店が。

カザフスタンもそうですが、そういえば中央アジアに入ってから急に、ケバブ屋やトルコ料理店が増えて来たなということを感じていました。

東は中国・新疆ウイグル自治区から、中央アジア諸国(タジキスタンを除く)、そしてトルコと、ユーラシア内陸部を東西にまたがるように、アルタイ諸語に属する言語が多く話されています。

地理的には遠く離れた国々ですが、こうした言語的な繋がり、更には歴史や文化の繋がりが、こうした今の日常の何気ない姿に繋がっているのだなと感じさせてくれます。


1.サイランバスターミナル
2.Hello Hostel
3.ジャイサン
4.ゼンコフ正教教会
5.シターブ

IMG_6505.jpg
14:30頃、アルマトイのサイラン・バスターミナルに到着しました。

IMG_6506.jpg
ここから市内中心部までは少し離れているので、路線バスで移動します。

なおバスは1回の乗車で150テンゲですが、プリペイドカード(400テンゲ)を購入すれば1回80テンゲで乗車が可能とのことでした。

IMG_6507.jpg
宿の近くでバスを降ります。

IMG_6508.jpg
街は緑が溢れ、すごく爽やか。

IMG_6511.jpg
そして宿に到着しました。

本日の宿はHello Hostelです。

Booking.comから予約してドミトリーが1607テンゲ。

キッチンもあり水回りも清潔な、普通に居心地の良い欧米風のドミトリーでした。

IMG_6512.jpg
さあ、荷を下ろした所で、昼食も兼ねて街を歩いてみましょう!

IMG_6513.jpg
まずは腹ごしらえから。

こちら、ジャイサンというお店。

IMG_6514.jpg
ここは回族料理が食べられるお店で、ガンファンという、ラグメンの具をご飯の上にかけたような料理が名物です。

ボリューミーでただただ空きっ腹には幸せが過ぎました…

IMG_6515.jpg
それでは、再び街歩きに。

IMG_6516.jpg
先程、緑が多い街と書きましたが、こんな遊具が設置されたエリアも街中の至る所にあります。

すごく開放的な雰囲気が漂っていて、ここなら住めると本気で思いました。

IMG_6517.jpg
こちらの特に緑が多い所は公園です。

IMG_6518.jpg
人々はベンチに座り思い思いに語らっています。

馬車がまた良い雰囲気を。

IMG_6519.jpg
公園内には教会もあります。

こちらはゼンコフ正教教会といい、1904年に建てられた木造の教会です。

この旅で初めての東方正教の教会ということで、ぜひ中も観たかった所ですが、時間が遅過ぎたのか、残念ながら鍵が閉まっていました…

IMG_6520.jpg
それでも外観のカラフルな色づかいには思わず目を奪われてしまいます。

IMG_6521.jpg
教会前の庭園にはバラが咲き乱れていました。

IMG_6522.jpg
さて、この公園ですが、28人のパンフィロフ戦士公園と言いまして、第2次世界大戦の時にこの地から出征し、戦死したパンフィロフ将軍率いる28人の戦士を記念して建てられた公園です。

IMG_6523.jpg
そのため公園には、決して火の途絶えることのない無名戦士の墓や、

IMG_6524.jpg

IMG_6525.jpg
過去の戦争に関するモニュメントなどがありました。

現在この地はとても平和な雰囲気が漂っており、結婚式ではこの地を訪れるカザフ人も多いそうです。

波乱の歴史を経たこの地ですが、この公園に流れていた平和な空気感がいつまでも続くことを願います。

IMG_6526.jpg
帰りがけにレンタサイクル?を発見。

使えるなら使ってみたかった…



さて、移動からの市内観光と、充実した1日が終わった所で、いつもの締め括りといきましょう。

IMG_6528.jpg
本日最後に訪れたのはこちら、シターブというお店。

店構えは少し怪しいですが、

IMG_6531.jpg
中はこんな感じ。

何とも明るい雰囲気です。

IMG_6529.jpg
こちらはカザフスタンを始め、様々な銘柄のビールを飲めるお店です。

何でもシムケントという街で作られたビールを生で飲めるということで、

IMG_6532.jpg
やってきてしまいました!

今日も1日お疲れさまでしたー!!!




明日は早速アルマトイの街を離れ、郊外へと向かって行きます。

何でも公共交通機関の乏しいエリアだそうで、スムーズに目的地に辿り着くことはできるのでしょうか…?



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。