記事一覧

緑豊かなトレッキング!温泉地アルティンアラシャンへ

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



取れました!ついに取れました!トルクメニスタンビザ!!!

結局申請から20日もかかってしまいましたが、これで行程を崩すことなく進んで行けそうです!

またビザ取得のまとめは追々記事にしていきます。

特に、ドゥシャンベ受け取りは情報が本当に少なかったので、参考になると思います。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年7月11日
(世界一周101日目)
【カラコル→アルティンアラシャン】
1ソム=1.56円
100ソム=156円






おはようございます!

4泊5日の遠足も2日目を迎え、本日はさらに奥へと進んで行きます。

本日はアルティンアラシャンという山あいの村までおよそ15kmのトレッキング!

ちゃんとしたトレッキングをするのは、2カ月ほど前のエベレスト街道以来なので、めちゃくちゃ楽しみです…!

こういう自然系のアクティビティの時は天気が肝心です。

ましてや昨日はちょっと雲が多かったりもしたので、少し心配していたのですが…

IMG_6883.jpg
この青空!

何の心配も要らなさそうですね。

IMG_6884.jpg
すぐにでも出発したい所ですが、みんなの体はまだまだ重そう。

でも正面のやす君は元気いっぱい。

さすがブロガーは朝に強いですね。

IMG_6885.jpg
宿は有難いことに朝食付きということで、食堂へ。

IMG_6886.jpg
パンにジャムにバターにチーズ、シンプルな食事ですがとても美味しい。

特に手前のアンズジャムが絶品でした。

自家製なのかな?

IMG_6887.jpg
え、卵も付くんですか?しかも2個も!

海外の卵でこの焼き加減は少し不安ですが、最高の朝ご飯です。

食堂に貼ってあったやつIMG_6888.jpg
です。

各国のお金を地図と一緒に。

今まで訪れた国のお金、ちょっとずつコレクション用として残してあるので、帰ったらこれ作ろうかなぁ…

かなり巨大になりそうなのでどこに貼るかが悩ましい所ですが…

IMG_6890.jpg
それでは出発です!

まずは登山口までマルシュで向かうので、バスターミナルまで歩いて向かいます。

IMG_6892.jpg
マルシュが出発するのは、こちらの市場の裏手。

カラコルの市場は、建物がコンテナでできています。

もし出発まで時間があるのなら少し市場の様子を見学したい所でしたが、まさに自分たちが乗るマルシュが、今にも出発しようとゆるゆると走り始めていた所だったので、慌てて停めて、乗り込みました。

ここから隣町のアクスという所まで向かいます。

揺れる満席の車内で立ち続けるのはなかなかにしんどかったものの、アクスの街に着くと続々と人は降りていき、最後はちょっと座ることができました。

これからトレッキングなので、少しでも体力は蓄えておきたいですからね。

IMG_6894.png
この350番のマルシュが登山口まで運んでくれます。

IMG_6895.jpg
降りる場所は、この行き先表示が目印。

アルティンアラシャンまでちょうど15kmです!

IMG_6896.jpg
街を外れトレッキングルートに入ると、いきなり緑が溢れてきます。

天気も良くて、気分は最高!

IMG_6898.jpg
つい、声を出したくなりますね。

「いやっほおおおおお!!!」

IMG_6902.jpg
道中はずっと、この川が寄り添います。

ルートからは外れてしまいますが、なかなかスリルある吊り橋を発見。

ちょっと行ってみましょう。

IMG_6903.jpg
うわーっ!良い眺め!

IMG_6904.jpg
ただ、なかなかの細さに、思わず足がすくんでしまいそうです。

きよ君、見てるこっちが怖いよ…笑

IMG_6906.jpg
途中、湧き水も発見。

冷たくて気持ち良い!

IMG_6910.jpg
トレッキングルートは、こんな川沿いの新緑の中を、本当に登っているのかどうか錯覚を起こすほど、緩やかに登っていきます。

IMG_6912.jpg
道が険しかったり、見晴らしが悪かったりすると、すぐに疲れてしまいますが、ここなら疲れ知らずで歩いて行けそうです。

IMG_6913.jpg
ちなみに、それでも歩くのがしんどい人は、課金すればアルティンアラシャンまで車で運んでもらうことも可能です。

金額はもはや興味が無いので調べていませんが、何人かでチャーターするのかな?

IMG_6916.jpg
でもこんな景色ですから、全身に気持ち良い風を浴びながら歩いていくのが1番だと思います!

IMG_6919.jpg
ゲートが見えました。

ここがおよそ半分の所らしいです。

IMG_6920.jpg
近くに良い感じのイスとテーブルがあったので、ちょっと休憩。

ちなみに、距離はこれで半分来たことになりますが、ここから道は険しくなります。

言うて大したことはないのですけれど、

IMG_6923.jpg
こんな感じのつづら折りの坂道が初登場してきます。

ちなみに、つづら折りはここが最初で最後なので、何の心配も要りません笑

IMG_6925.jpg
つづら折りを登っている間は、一旦川から離れ、上から見下ろすようになります。

針葉樹が、とても姿勢正しく立っているように見えます。

IMG_6927.jpg
ものの10分ほどで登りきると、ここからは再び平坦に。

IMG_6932.jpg
道端には、動物の姿もちらほらと目に入ります。

この牛たち、耳にしっかりとタグが付いていたので、放牧をしているのでしょうかね。

IMG_6933.jpg
野には色とりどりの花も咲き乱れ、これがまたすごく綺麗。

IMG_6934.jpg
谷を避けるようにして木々が生えています。

IMG_6935.jpg
スタートから一貫して同じような風景が続いていますが、素晴らしい風景なので飽きることはありません。

緑豊かな道のりは、まるでアルプスの山々を歩いているかのよう。

アルプス行ったこと無いですが笑

IMG_6936.jpg
再び湧き水を発見。

そのまま飲むこともできそうですが、

IMG_6937.jpg
温くなった手持ちの水を冷やしてみました。

これが正解、やっぱり水は冷たいのが1番ですね、特に運動の時は。

IMG_6938.jpg
馬に乗った子どもたちとすれ違いました。

見た感じ小学生くらいの子どもたちでしたが、立派に馬を乗りこなしています。

街と山とではまた全然違うのでしょうが、キルギスの子どもたちは一体何歳くらいから馬を乗りこなすのでしょう?

自分たちにとっての自転車みたいな感覚なのでしょうかね?

IMG_6939.jpg
さあ、最後にして最大の難所がやってきました。

とは言えここまで難所らしい難所などほぼありませんでしたが。

IMG_6940.jpg
ここから登りが2kmほど続き、400mほど上がっていきます。

最後に待ち受ける上り坂に、息も絶え絶え。

途中休んでしまうとドッと疲れが押し寄せてきそうなので、一気に坂を登りきると、

IMG_6941.jpg
小高い丘が見えました。

あそこまで頑張ったら休憩にしよう。

そう思って丘に登ってみると、

IMG_6943.jpg
小さな村が!

あれこそが目的地のアルティンアラシャンです。

もう少しだ、頑張ろう!

IMG_6948.jpg
最後にゲートをくぐれば、ここがゴール!

IMG_6949.jpg
アルティンアラシャンは、観光用のユルトやゲストハウスが点在する、本当に小さな村です。

IMG_6950.jpg
雪山もだいぶ近くで仰ぎ見ることができ、ゴールに相応しい景色!

IMG_6951.jpg
さて、いくつかのゲストハウスを比較した結果、本日の宿はこちら。

Guest House Elzaです。

どの宿も、ドミトリー1泊500ソム、夕食300ソム、朝食200ソムと言い値は変わらなかったのですが、決め手となったのは、



「うちで売っているビールは10種類だ。」



…そりゃここにするでしょう!笑

IMG_6953.jpg
というわけで、荷物を置き、宿併設の商店に行って、

IMG_6954.jpg
今日もお疲れさまでした!!!



なお、実はここアルティンアラシャン最大のお楽しみはこれからでして。

その前にビールなぞ飲んではいけないのはわかっていたのですが、待ち時間が長かったので我慢できませんでした。

40分交代なので先に女の子に向かってもらい、ビールも空になろうかという頃、満を持して我々も向かいます。

IMG_6955.jpg
向かう先は、川沿いの離れの掘っ立て小屋。

ここにあるのは…

IMG_6956.jpg
温泉です!!!

ほのかに香る硫黄の香りは、紛れもなく日本にあるそれと同じやつです!

トレッキング後に温泉に浸かれるなんて、何て幸せなのでしょう!!!

IMG_6959.jpg
みんなで記念撮影。

撮影者きよ君は写真に写っていませんが、4人とも写っている写真がちょっと際どいやつだったので、ここには載せないでおきます。

IMG_6963.jpg
温泉の後は夕食。

具沢山のスープに、

IMG_6964.jpg
プロフ。



夕食を終えると、時刻は20:00過ぎに。

日が沈むのが遅いキルギスでも、さすがに太陽は傾いてきます。

IMG_6968.jpg
正面に見えた雪山も、夕日に染まって真っ赤に。

ここからは、それぞれが思い思いの時間を過ごします。

IMG_6966.jpg
ギターを弾く者もいれば、

ただただのんびりと過ごす者も。

日が沈み切る前に、村の風景を撮りに散歩に出る者も。

さて自分はというと、写真を撮っていました。

とは言えもうしこたまビールも飲んでいるので、散歩に出たりなどはしません。

宿の敷地内で、これは!という写真をちょっと撮ってみただけです。

渾身の1枚をお見せして、今日は終わりにしようと思います。



IMG_6969.jpg
タイトル:「メンヘラ」



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。