記事一覧

【カコタビ10】卒業旅行に選んだのは…?

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



始まりました3学期!!!

センター試験までのカウントダウンも10を切りました!

もうひと踏ん張り頑張って参ります!



さて本日は、【カコタビ】その10です!現実とのギャップがものすごいキラキラ卒業旅行…



世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




【タイ】 → バンコク → ウボンラーチャターニー →
【ラオス】 → パークセー → シーパンドン →
【カンボジア】 → シェムリアップ →
【台湾】 → 台北(トランジット)  (計11日間)





無事?卒業論文も書き上げ、色々あった大学生活も終わりとなります!



大学生活の集大成となる旅先に選んだのは…、



タイラオスカンボジアです!!!



いやお前、そこら辺何度も行ってるじゃないか。というツッコミは無しで。

実は3年生のユーラシア横断で大散財、さらに4年生の陸路アジア旅2発で、お金が底を尽きかけていたのです。

最初はアフリカとか南米とかも候補に入れていたのですが、予算が大幅オーバーなので早々に諦めました。



一方ラオスは、2年生の東南アジア一周旅でそののどかな雰囲気や素朴な人々に魅了され、どうせならラオスでまだ行ったことのない所に行きたいなと。

そこで浮かび上がってきたのが、シーパンドンです。

シーパンドンは「4000の島々」という意味で、メコン川の中州によって形成された島々は、のどかなラオスの中でも拍車をかけてのどかであるという話を、これまでに出会った旅人の方から沢山聞かされてきました。



さらにシーパンドンはラオス最南部。カンボジアと国境を接しています。

カンボジアと言えば…アンコールワット

前回の訪問は雨季&工事中で、リベンジを固く誓った所です。



というわけで、これらをくっつけて卒業旅行ということにしました!

結果としては、このルートにして本当に良かった!(まぁ、どのルートにしてもこう言うのでしょうけど。)



前半はシーパンドンで、のんびりしたピースフルな空気を1人で楽しみ、

後半はアンコールワットで、アクティブな遺跡観光を日本中の旅人たちと楽しむ。

ものすごくメリハリのついた旅となりました。



特にこの時期は、卒業旅行シーズンど真ん中だったので、アンコールワットは大学4年生で溢れていました。

日本中に同年代の旅友達ができたのは嬉しかったですね~



それでは、前置きが長くなりましたが、卒業旅行の様子をお送りします!



都合4度目のバンコク訪問となりました。

今回は着くやいなや、ウボンラーチャターニーまでの列車のチケットを買い、待ち時間でこちらへ。

10259034_682679058434250_6166782270589303694_n.jpg
インド人街にあるシク教寺院です。

この前のインド旅で、シク教の総本山である黄金寺院を訪れたことから、気になっていたスポットです。

10269369_682678981767591_643117674521785610_n.jpg
こちらは何ともありがたいことに、信者以外にも無料の朝食が供されるのです。

心からの感謝の気持ちを持って頂きました。

1017759_682679521767537_9162069005280341216_n.jpg
そして2年前に一度通ったルートで国境を越え、ラオスのパークセーへ。

10320412_682687998433356_7247640001022685779_n.jpg
最大の市場であるタラート・ダオファンで屋台飯!エネルギーを補給し、

10351977_682688165100006_6339451897160130894_n.jpg
ソンテウで、シーパンドンへの拠点の街、ナッカサンへ向かいます!

10369737_682689031766586_7512988780423370466_n.jpg
ナッカサンからはこんな船に乗って、メコン川を渡ります。

10365907_682689628433193_1042272846124085258_n.jpg
今回の宿はこちら。リバービューのバンガローに、ハンモックまである♪



ちなみに、宿をとったのはデット島という島で、すぐ近くにあるコーン島と橋で結ばれています。夕暮れまでの間、この2つの島を、レンタサイクルでのんびり散策です!

10366087_682689585099864_3547413070643419627_n.jpg
こんな川沿いの未舗装路をひたすら漕いでいきます。

10273558_682689721766517_260432400914228220_n.jpg
途中、のんびりと過ごす牛の集団や、

10305427_682689371766552_8556652249523723808_n.jpg
フランス植民地時代に建設された橋の跡などを観ながら、散策を続けます。

10312012_682689945099828_1638151364337186902_n.jpg

10371497_682690375099785_6642782829392206053_n.jpg
メコン川には早瀬も無数にあり、巨大な滝となっている所もありました。



そうこうしているうちに日も暮れてきました。

レンタサイクルを返し、シャワーを浴び、ビールを買い、ハンモックに揺られ、

10368232_682690908433065_7590263309852770492_n.jpg
そしてこの景色!



…なんてのどかなんだろう。



学生の旅とは思えないようなのんびり加減ですが、普段はこの4年間の旅の資金や生活費を捻出するために、昼夜問わずバイト三昧だったので、安らぎが欲しかったのです。

今振り返っても、この頃の生活は若いからこそできたんだろうなーなんて思います。この生活をもう一度やりたくは決してないけれど、めちゃくちゃ楽しかったな。



シーパンドンで英気を養った後は、一路カンボジア・シェムリアップへ。

10275957_682697305099092_3247680840164969525_n.jpg
泊まったのは、有名な日本人宿、タケオゲストハウス

今回は遠方の遺跡も行きたかったので、バンをシェアして、交通費を安く上げたかったのです。

時期も時期だけにタケオは連日満室!バンのシェアメンバーもすぐに集まりました。



まず行ったのは、シェムリアップから200kmほど離れた遺跡です。

10322429_682697791765710_180678216238159339_n.jpg
早朝からバンに乗り、途中からトラックの荷台に乗り換えてひたすら山を登ります。

10310528_682698201765669_8235299576509666923_n.jpg
すると山頂にはこんな遺跡が!

10313841_682698318432324_2649018286492841878_n.jpg
こちらはタイ・カンボジア国境付近にあるプレアヴィヒア寺院!世界遺産に登録されています。



でもこちら、もちろん遺跡も素晴らしいのでしょうが、圧巻なのはこれ!

10274166_682698341765655_5471214379224675057_n.jpg
この絶景です!!!

10348179_682698635098959_8988929066380449927_n.jpg
みんなで記念写真大会の始まりです!

ちなみにブログのプロフィール写真もこちらで撮影いたしました。



なお、こちらの遺跡、タイとの間で国境係争問題が起こっており、

10380748_682702355098587_1582620196059703376_n.jpg
常に軍の監視下にありました。この望遠鏡の先には、タイの軍事施設が見えました。

ここ最近では衝突はみられないようですが、このまま平和に解決してくれることを願うばかりです。



次の日に行った遺跡がこちら!

10276009_682704021765087_5935423323953529735_n.jpg
天空の城ラピュタのモデルになったとも言われているベンメリア遺跡です!

10153222_682703891765100_7417628909294859273_n.jpg
その規模はアンコールワット以上とも言われているこの遺跡ですが、ご覧の通り崩壊が激しく、辺りを木々が覆い尽くしています。

10289801_682703818431774_3181256502814323679_n.jpg
でもその分、探検気分で遺跡を観光できるのが魅力です。



そんなこんなで遺跡三昧だったカンボジア!

肝心のアンコールワットですが…、



近いので最終日に回していたら、その最終日がまさかの大雨!

乾季じゃねーのかよ!



というわけで、またしても宿題となりました。

1526115_682704865098336_398959838023592949_n.jpg
でも、ここで沢山の旅仲間と出会えたことが一番の思い出なので、大雨なんて気にしない。

彼らの何人かとは、日本に帰ってからも会ったりしました。



さて、いよいよ大学も卒業し、次のステージへと進みます。

この後はどんな旅が待っているのでしょうか?



【カコタビ】その11に続きます!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。