記事一覧

海を臨む世界遺産都市!パフォス街歩き

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムは引き続きカッパドキア!

洞窟ドミトリーなる所に泊まっているのですが、数百円でカッパドキアの雰囲気が味わえるのでかなりおすすめです。

居心地が良い宿に街なので、このまま先に進むのが惜しい…





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年10月9~10日
(世界一周191~192日目)
【ラルナカ→パフォス】
1ユーロ=119.5円
10ユーロ=1195円






おはようございます!

IMG_2962.jpg
本日の朝食はドバイの鈴木さんから頂いたペヤング!

IMG_2963.jpg
こんなチープなビジュアルなのに、何でこんなに懐かしい味がするのでしょう…!

幸せで満たされた朝でした。

もう1個食べたい…


1.パフォス行きインターシティバス乗場

IMG_2965.jpg
さて、朝食を済ませたらビーチ方面へ。

本日はパフォスという街に移動となります。

実はキプロスにやって来たのは、首都のニコシアの様子をこの目で見るため。

なので、そのままニコシアに行っても良かったのですが、それだけだとあまりに滞在も短く味気ないので、せっかくなので他の街も行くことにしました。

ただ、ラルナカからパフォスへの移動はちょっと不便です。

IMG_2967.jpg
このビーチ前のバス停からインターシティバスに乗って行くのですが、その多くがリマソールと言う途中の街での乗り換えを強いられてしまいます。

ただ、1日に2本、9:30発と16:00発の2便は、パフォスまで直行してくれるので、今回はその9:30発の便に合わせてバス停にやって来たのですね。

なお、こちらは10月までの夏ダイヤと言うことなので、シーズンによっては多少時間がずれるかも知れません。

IMG_2968.jpg
一応参考までにダイヤを。

こちらがラルナカ~リマソール。

IMG_2969.jpg
こちらがリマソール~パフォスです。

IMG_2971.jpg
ほぼ定刻にバスがやって来ました。

かなり多くの人で溢れていますが、座ることはできるのでしょうか…?

IMG_2972.jpg
どうにか席にありつくことができました。

こちらのバスは、自分で荷台を開けて大きな荷物を積み込む方式なので、どうしてもバックパック持ちは、荷物を積み込んだ後、列の最後尾に並ぶことになります。

と言うことは、これから毎度毎度、座れるかどうかの不安にさらされてしまうわけで。

ちょっとこの方式は嫌ですね…

IMG_2973.jpg
車窓はひたすら地中海が目に飛び込んできます。

所々にビーチもあり、すごく気持ちが良さそう。

IMG_2975.jpg
こちらはリマソールの港。

国際航路なんかもあるのでしょうかね?

IMG_2979.jpg
リマソールを過ぎると高台を走ることも多くなりますが、所々で見える海はやっぱり綺麗。

IMG_2980.jpg
2時間半ほどで、パフォスのバスターミナルに到着します。


1.バスターミナル
2.Trianon Hostel
3.王族の墓
4.パフォス考古学公園
5.ショッピングモール

ここからは徒歩数分程度で、

IMG_2982.jpg
本日の宿に到着、Trianon Hostelです。

IMG_2983.jpg
こちらはドミトリーで14ユーロ。

Wi-Fiもそこそこ、清潔な部屋にキッチン、共有スペースと、設備面では申し分ありません。

残念だったのは、管理人なのか沈没者なのか良くわからない同室のオッサン(恐らくキプロス人)が、なかなかに癖のある人物だったこと。

あらゆる面で人にマイルールを押し付け説教をしてくるのですが、それを決して自分では守らず。

こちらも特に周囲に不愉快な振る舞いをしている覚えは無く、同宿の人に同情されるほどひどい言いがかりだったので、人種差別も入っているのかも知れませんね。

おかげで宿の居心地としては最悪でございました。

オーナーのおばちゃんは良い人だっただけに残念ですね。

ただ、そんな嫌な宿でしたが、素敵な出会いもありました。

IMG_2985.jpg
こちら!

ブログでは初登場になりますが、鈴木さんと言う方です(ドバイの鈴木さんとは別人)。

実は鈴木さんとは、キルギス・ビシュケクのさくらゲストハウスでお会いして以来、3カ月ぶりの再会なのです!

まさかキプロスで日本人に会うとは…しかも以前お会いした方と再会できるとは…!

ただただ驚きでした。

IMG_2987.jpg
とりあえず2人とも食事はまだだったので、お昼ご飯にシェア飯を作り、再会を祝して乾杯!

そのまま話も弾み、飲み過ぎ、そのまま食後はお昼寝タイムとなってしまいました。

IMG_2990.jpg
夕食は、1人では決して作らないカレーを。

IMG_2991.jpg
そしてワインも投入し、楽しい晩餐となりました。

本当だったら午後にパフォスの街を観光し、翌日にはニコシアに向けて出発しようとも考えていたのですが、楽しい宴に敵う物はありません。

鈴木さんは明日リマソールに向けて出発するので、観光は明日じっくりすることにします。

なお、ニコシアで鈴木さんと再合流し、そのまま北キプロスからトルコに抜けるまで一緒に旅をすることになりました。

誰かと旅するのはジョージア以来でしょうか、実に久しぶりで楽しみです。



さて、翌朝。

本来半日で観光しようと思っていた所だったこともあり、朝の起動はゆっくり目です。

IMG_2992.jpg
洗濯をしたり、

IMG_2994.jpg
遅めの朝ご飯に一晩寝かせたカレーを食べているうちに、もうお昼前。

IMG_2996.jpg
それでは!パフォスの街歩きに行くとしましょう!

IMG_2999.jpg
この辺りの住宅はこんな感じ。

白い外壁も特徴的ですが、屋根にあるタンクは、夏の渇水に備えるためでしょうね。

一方夏の長い日照を有効に活用するためか、ソーラーパネルを備えている家も多くありました。

IMG_3001.jpg
はい、と言うわけで本日最初に訪れましたのは、王族の墓です。

入場料は2.5ユーロ。

IMG_3004.jpg
こんな感じで広い敷地内にはいくつもの墓がありまして、その規模はかなり壮大。

現在発掘されているのは11個の墓と言うことなのですが、未発掘の物を合わせるとその数は100以上に及ぶそう。

ただ、これらの墓が誰のものなのか、今でも分かっていないそうなのです。

IMG_3005.jpg
紀元前3世紀頃の物だそうですが、墓の内部はかなり入り組んだ作りになっており、この当時の支配者がいかに権力を持っていたかが如実に実感できます。

IMG_3008.jpg
石造りの柱が立ち並ぶ様子はさながら神殿のよう。

IMG_3009.jpg
紀元前3世紀と言うと、ローマの属州になる以前でしょうが、まだまだ謎は多そうですね。

IMG_3011.jpg
さて、今度は南に向かって幹線道路を進んで行きます。

IMG_3012.jpg
海が見えてきました!

最高の天気と相まって、すごく気持ちが良いです。

ただ、遮るものはありませんから、暑さはかなりのもの。

IMG_3013.jpg
さあ、到着です。

お次にやって来たのは、パフォス考古学公園

入場料は4.5ユーロです。

ここはローマ属州時代にキプロスの都だったエリアで、当時の遺跡などが点在する敷地を自由に歩き回ることができます。

IMG_3014.jpg
階段を上って敷地に向かうと、

IMG_3015.jpg
まず目に入ったのがこちら、エオンの館です。

館自体は新しい物なのですが、ここには、こちらの公園のメインとも言える展示物が。

IMG_3017.jpg
このモザイク!

あまりに美しい人物画に驚きです。

IMG_3019.jpg
モザイクは建物で保護されている物もありましたが、こんな風に外に剥き出しになっているやつも多数。

IMG_3020.jpg
こちらはテセウスの館。

ローマ地方総督の館だそうで、その部屋数は何と100を超えるそう。

IMG_3021.jpg
こんな立派な列柱も、館の一部。

IMG_3022.jpg
そして、よくよく自分たちが歩いている道を見てみると、ここにもモザイクの痕跡が残っています。

当時は道が一面のモザイクで覆われていたのでしょうかね。

IMG_3024.jpg
お次はディオニソスの館。

IMG_3026.jpg
ここも保存状態の良いモザイクが多数残されています。

IMG_3027.jpg
その規模はこの公園では1番かも知れません。

IMG_3028.jpg
何でもここのモザイクは、農民が耕作をしている時に偶然発見されたと言うことらしく。

畑を耕していてこんなすごいのが出てきたら、その農民もさぞかし驚いたことでしょうね。

IMG_3031.jpg
元々この都は港町だったのでしょう。

海もとても綺麗に見えます。

IMG_3032.jpg
あとはローマ遺跡らしく、劇場や、

IMG_3033.jpg
アゴラなんかも。

集会場と言うことですが、こうなってはただの空き地ですね。

IMG_3037.jpg
思っていたよりも見応えの凄かった遺跡巡りを終え、ショッピングモールのスーパーで食材を買って帰ります。

IMG_3040.jpg
今日の夕食は簡単にパスタで。

ワインと共に頂きます!

IMG_3041.jpg
食後は仲良く話しかけてきたポーランド人と共に映画鑑賞。

この人やたらと日本びいきなので、映画は時代劇です笑

途中から、ソマリア人の女の子も一緒に入って来たので英語字幕で見ていました。

ただ、英訳だけでは意味が分からない所もあるらしく、その都度動画を止めて自分が意味を説明することに。



「ヘイ、マル!10万石の“Koku”ってどういう意味だい?」



「ヘイ、マル!何で決闘の時にすぐ戦わないでお互いが名乗り合っているんだい?」



意味はわかっているものの、これを英語でわかりやすく説明するのはめちゃくちゃ難しい…!

何とか4時間かけて全部見終えることができました。

IMG_3042.jpg
楽しい時間をありがとうー!



さて、明日はパフォスを離れ、首都のニコシアへ。

今朝別れた鈴木さんとも、再び合流いたします。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。