記事一覧

温泉に奇岩群!盛り沢山のカッパドキア初日

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



さあ、この記事でも温泉ですが、相も変わらずヨーロッパでも温泉を攻めております。

現在ブルガリアのサンダンスキ。

もはや温泉の無い国を探した方が早いのではないかと言うくらい、色々な国で温泉に浸かっておりますが、出発前はここまで温泉に出会えるとは思っていませんでした。

理想は温泉にお盆を浮かべて日本酒をキュッとやることなんですけどね。

まあ、日本でも貸切でもしない限りできないことですけど、ぜひとも帰国したらやりたいなぁ…





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年10月17日
(世界一周199日目)
【(アンタルヤ)→ギョレメ】
1トルコリラ=18.4円
100トルコリラ=1840円





1.オトガル
2.Stay in Peace Cave Hostel
3.Saray Restaurant
4.Gor Tur Travel Agency
5.Cappadocia Pide House



IMG_3409.jpg
朝6:30過ぎ、無事バスはギョレメの街に到着いたしました。

おはようございます!

いよいよ今日から4日間、カッパドキア編となりますが、個人的にはもの凄く再訪を楽しみにしていた所です。

世界一周に出る前に訪れた数々の場所で、最もその風景に心動かされたのがここカッパドキア。

IMG_3411.jpg
ここギョレメの街にもこんな奇岩がニョキニョキと生えており、その中に街が溶け込むように形成されています。

こうした特徴的な地形はかなり広大な範囲に見られるため、観光地にありがちなゴミゴミとした雰囲気はあまり感じられません。

そんな所も、カッパドキアを好きになった理由の1つです。

今回は2度目の訪問となるので、前回とは違った楽しみを色々と見つけられたらいいな…

IMG_3412.jpg
さて、カッパドキア滞在中にお世話になったのはStay in Peace Cave Hostelです。

Booking.comで予約して、ドミトリー1泊15.9ユーロ、リラに換算すると100リラちょっとと言う所でしょうか。

前回訪れた9年前の2.5倍以上の宿泊費…まあ、トルコは軒並み物価も上がっていますし仕方ありませんかね。

IMG_3413.jpg
でも、お部屋はこちら。

洞窟ドミトリーでございます!

せっかくカッパドキアに来たのですからね、やっぱり雰囲気は味わいたいなと。

ただし、半地下で窓も無いため、臭いはこもりやすく洗濯物もなかなか乾きません。

さらにWi-Fiも届きにくかったりと(宿自体のWi-Fiはかなり速い)、居住空間としてはなかなかに微妙です。

ただ、ここでしか味わえない雰囲気なので、カッパドキアに訪れたらぜひ1度は泊まってみることをおすすめします。

IMG_3414.jpg
なお、宿に到着した時点では、まだ自分が入る予定のベッドのチェックアウトが済んでいなかったため、しばし共有スペースで待機。

ブログなどを書いて時間を潰します。

本来のチェックインは13:00なのですが、ベッドが空いたからと言う事で10:00くらいにはチェックインさせてくださいました!

さあ、準備も調った所でいざ、カッパドキアの観光に出発です!!!



…と言いたい所なのですが、今日はプロ野球のドラフト会議がありましてですね。

日本時間では17:00からスタートなのですが、時差が6時間あるトルコでは11:00から始まります。

1年に1度のドキドキの瞬間ですから、せめて支配下指名だけでも見届けてから外出しようということにしました。

共有スペースに移動し、無料のライブ中継を繋いで生観戦。

ちなみに自分はジャイアンツが贔屓なのですが、今年もまたクジを外してしまいましたね…笑

確かこれで3年連続のクジ外しです。

でも、クジが外れたからと言ったって、それは現時点で1番の評価をした選手を獲得できなかったに過ぎないわけで。

未来がどのようになるのかなんて、その選手の努力や、置かれた環境などによっても大きく変わって来るでしょうし、現時点で決定付けられるようなものではありません。

例えばジャイアンツで言うなら坂本選手、他球団で言うのならヤクルトの山田選手なんかは、クジを外した結果そのチームに入団することが決まった選手ですし、ドラフト下位から大活躍している選手も沢山います。

ジャイアンツに縁があった選手には、現時点での評価を上回る活躍ができるよう心から願っていますし、自分はファンとして精一杯応援していきたいですね。



IMG_3415.jpg
…と、旅ブログから大きく話が逸れてしまいましたが、2時間ほど支配下の指名を見届けて、今度こそ出発することにします。

IMG_3416.jpg
まあ、まずは腹ごしらえからですけれどね笑

訪れたのはSaray Restaurant

事前調べで、安いと評判だったお店です。

IMG_3417.jpg
茄子とひき肉を使ったムサカと言う料理に、アイランを注文。

しかし、このムサカ1皿で24リラ。

前回訪れた時は、他の街とカッパドキアでそんなに物価の違いは感じなかったのですが、これはもしかして、トルコ以上にカッパドキアの物価が高騰している…?

宿にキッチンが無いのですが、最安レストランでこの価格帯となると、カッパドキアはかなり食が貧相になってしまいそうです。

まあ、4日間の物価高なんて旅全体からしたらほんのちょっとの金額なので、割り切って使ってしまうのが良いのかも知れませんけどね。

IMG_3418.jpg
で、食後にやってきましたのはオトガル。

広大なカッパドキアを巡るにはツアーに参加したり、様々な交通手段を用いて自力で行ったりと、色々な方法があるのですが、今日はツアーのルートに入っていない遠くの見所に行きたかったので、バイクをレンタルすることにしました!

訪れたのはGor Tur Travel Agencyというお店。

IMG_3419.jpg
こちらが値段表です。

バイクのレンタル代に加えてデポジットで100リラ現金が必要となるので、カード払いの方も現金は忘れないように持って行きましょう。

なお、それ以外には使った分の燃料代もかかりますが、後日ガソリンスタンドに寄った際に確認した所、ここに示されている金額はほぼ相場通りだったので安心してください。

あとは借りる際国際免許証とパスポートが必要で、パスポートはレンタル中ホールドされます。

今回は6時間のレンタルを選択しました。

IMG_3420.jpg
バイクが用意されます。

と、その瞬間ミラーが落下し粉々に…

IMG_3422.jpg
苦笑いで新しいミラーに付け替える店のおっちゃん。

大丈夫かーこのバイク笑

しかし、それ以上に大丈夫なのか不安なのがこの自分です。

何しろ日本ではバイクに1度も乗ったことが無くてですね。

1度だけミャンマーでEバイクをレンタルしましたが、あれは原付クラス。

今回は125ccと言う事で、より一層安全運転に気を付けなければ…!


1.バイラムハジュ温泉
2.ラブ・バレー
3.パシャバー妖精の煙突
4.ラクダ岩
5.三姉妹岩

IMG_3423.jpg
それでは出発!

無傷で帰って来れますように…

IMG_3424.jpg
トルコは右車線。

最初のうちは若干違和感を感じますが、交通量の少ない道ばかりなので、咄嗟の判断をするような場面は日本よりも遥かに少なく、気持ちよく運転をすることができます。

IMG_3426.jpg
今向かっているのはキノコ岩方面では無いため奇岩は観られませんが、道中は雄大な景色が。

IMG_3430.jpg
あの地平線の向こうまでどこまでも続く道を、バイクで駆け抜けるのは本当に気持ちが良い!



さて、今向かっている、ツアーのルートに入っていない所ですが、

それは温泉です!

カッパドキアは火山が沢山ある所でもあり、沢山の温泉が湧き出しているのですね。

今日はとりあえず、その中でもギョレメから最も近いバイラムハジュ温泉と言う所に向かうことにしました。

最も近いと言ってもギョレメからは30km以上も離れているため、今回はバイクをチャーターすることにしたわけなのです。

IMG_3431.jpg
温泉までの道ですが、要所要所にこんな看板が出ているので、気を付けていれば迷うことは恐らく無いでしょう。

IMG_3433.jpg
幹線道路から外れると交通量はほぼ0に。

気持ちよくバイクを走らせることができます。

IMG_3434.jpg
途中、小さな村を過ぎ、

IMG_3436.jpg
美しい湖を眺めながら走ることおよそ1時間。

IMG_3437.jpg
温泉に到着です!

入湯料は20リラ。

ここの温泉なのですが、本当に素晴らしかったのですよ…!

IMG_3438.jpg
まずこちらが内湯。

湯温は40℃そこそこでしょうか、海外にしては温かい温泉です。

胸くらいまでの深さはありますが、ちゃんと腰掛ける所があったので、ゆったりと浸かることができます。

IMG_3439.jpg
さらに何と露天風呂もあります。

海外の露天って、ただ外にあるだけで景観はあまり楽しむことができない場合が多いのですが、

IMG_3441.jpg
ここはこんな絶景を眺めながら入ることができますからね!

湯温は37~38℃くらい…?長湯のできる温泉です。

IMG_3442.jpg
お隣はプール。

温泉と交互浴も楽しめます。

そしてこんな温泉がですね、タイミングも良かったのか自分1人貸し切り状態でした!

地元の人なんかは知っているのでしょうが、聞いた所観光客はほとんど訪れないようです。

もしバイクや車でカッパドキアを巡ろうと思われている方がいましたら、ここの温泉はそんなに遠くも無いですし、本当におすすめですよ!

IMG_3446.jpg
自分はここで夜行バスの疲れをしっかり癒し、帰路につきます。

とは言え、温泉に行くまでに迷うことも想定して、バイクは6時間チャーターしてあります。

このまま返却するのはあまりにも勿体ないので、色々と見所を巡ってから帰ることにしました。

カッパドキアの見所を効率的に巡る方法としてツアーがあるのですが、どのツアーデスクも共通のツアー名で売り出しています。

それがレッドツアーグリーンツアーブルーツアーと言うもの。

このうちブルーツアーは遠方かつマイナーなルートなのでほとんど催行されていないようなのですが、近くの奇岩群などを巡るレッドツアー、ちょっと遠くのウフララ渓谷や地下都市などを巡るグリーンツアーは、カッパドキア観光の定番ルートとなっています。

今回は、このうちレッドツアーのルートを自力で周ってみることに。

ただ、9年前訪れた時に、このレッドツアー(当時はそんなツアー名など耳にしませんでしたが)のルートは自転車で一通り巡っていることや、今回は残り時間が4時間ほどしか無いことから、自然系の見所を中心にかいつまんで観に行こうと思います。



と言うわけで、まず訪れたのがラブ・バレー

ここは立派なキノコ岩がニョキニョキと生えている景勝スポットなのですが、なぜラブ・バレーと言うのかは、その岩の形状に由来しています。



IMG_3449.jpg
チ〇コのような形をしていますね。



IMG_3450.jpg
本当はもう少し近付いて観たかったのですが、下の道はバイクで入るには少し危なそうなので今回は止めておきました。

バイク初心者なので無理は禁物。

ただ、個人的に一番カッパドキアらしい景観の場所だと思うので、ここは滞在中に絶対に再訪して、近くでこの岩を眺めようと思います。

IMG_3452.jpg
お次はこちら、パシャバーの妖精の煙突と言われる奇岩群です。

ただここは入場料がかかると言う事で、ここが外から見れる限界。

IMG_3454.jpg
こんな風に柵がありますからね。

これだけ広大なカッパドキア、入場料など払わなくても、名も無き素晴らしい景観は山のようにあるのです。

IMG_3456.jpg
こんな形の岩だって。

IMG_3457.jpg
こんな立派な丘だって。

IMG_3458.jpg
面白い地形を見つけてはバイクを止め、それを眺めるだけでも十分に楽しめます。

IMG_3461.jpg
ここはまた、特徴的な岩が無数にある所ですね。

IMG_3462.jpg
その中で一際目立つのが、このラクダ岩

一目でラクダと連想できるほど、面白い形状です。



ちなみに、カッパドキアでこんな特徴的な地形がみられるのは、火山活動と侵食作用によります。

過去起こった活発な火山活動により、周囲の地層とは硬さの異なる層が形成されました。

それがその後侵食を受けることになるのですが、軟らかい層はより強く侵食を受け、長い年月の結果、硬い層だけが残ってこのような特徴的な景観が形成されたと。

いわゆる差別侵食というやつです。

とは言え、詳しいことを調べてみても、まだまだその細かい成因まではわかっていない部分も多いみたいなのですが…

IMG_3464.jpg
ただ、こんな景色が生み出されたのは、まさに地球の神秘に他ならないですね。

自然のもの凄さに圧倒です。

IMG_3467.jpg
さて、日も暮れてきました。

夜道の運転は怖すぎるので、先を急ぎましょう!

IMG_3468.jpg
ここが本日最後の見所。

3姉妹岩と呼ばれる所なのですが…

2本しか無いぞ…?

IMG_3469.jpg
向きを変えたら3本ありました。

案内によってはツインタワーとか紹介されている所もあったのはこう言う事だったのですね。

何だかこち亀で紹介されていたおばけ煙突みたいですね。

北千住にあった、見る場所によって煙突が1~4本に見えるってやつ。

IMG_3471.jpg
さあ、もうタイムリミットです。

ギョレメの街に戻りましょう!

IMG_3472.jpg
最後にやって来た石畳の急な下りカーブは本当に怖かったのですが、何とか無事故でギョレメの街に帰還、バイクを返却します。

IMG_3475.jpg
夕食はCappadocia Pide Houseというお店でチキンとマッシュルームのピデを。

ピデとはトルコのピザのような物で、船型の形をしています。

IMG_3476.jpg
23リラと安くは無かったのですが、食後にエルマチャイ(リンゴのチャイ)をサービスしてくれたり、良いお店でした。



というわけで、今日は夜行明けなのにもかかわらず、初日からガンガン動いてしまいました。

でも、この地にいると、この景色を目の当たりにすると、部屋に籠っているのが勿体なく感じるんですよね。

結局、残り3日も素晴らしい絶景を求めて、毎日朝から晩まで動き回ることに。

明日はカッパドキアからちょっと離れ、今日とは毛色の全然違う絶景スポットに行ってきます。

そちらの日記もお楽しみに!



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。