記事一覧

山奥に映える極彩色!リラの僧院へ

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



現在ルーマニア北部、マラムレシュ地方の山奥を進んでおります。

この辺りの村はなかなか趣がある所が多いです。

しばし立ち止まるのも有りか、それとも先を急ぐべきか。

景色を観ながら悩んでおります。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年10月29日
(世界一周211日目)
【ソフィア→リラの僧院→ソフィア】
1レフ=61.5円
10レバ=615円






おはようございます!

IMG_4295.jpg
本日の朝食。

ワッフルがあるとそれだけで映えますね。

さて、本日はソフィアを離れ、日帰りでリラの僧院を目指していきます。

ブルガリア正教の総本山とも言えるこの僧院、実は以前訪れたことがあるのですが、その時の美しい佇まいが忘れられなかったため、今回も訪れることにしました。

IMG_4296.jpg
前回もホステル・モステルから向かったので、恐らく行き方は全く同じでしょう。

まずトラムの5番に乗り、

IMG_4297.jpg
昨日も降りたOvcha Kupel駅で下車します。


1.Ovcha Kupelバスターミナル

IMG_4298.jpg
昨日は路上のバス停からボヤナ教会へ向かいましたが、実はここにはバスターミナルがありまして。

リラ行きのバスはこちらから出発します。

IMG_4299.jpg
時刻はこちら。

リラ村まで行くバスは1日2本。

そのうち、朝10:20発のバスのみが、そのまま僧院まで向かう直通のバスとなります。

このバスを乗り過ごした時点で今日の予定は崩壊してしまうため、少し早めの9:30頃にはバスターミナルに到着するようにしました。

…が、この時点ではバスの影も形も無く、さらにバスチケットもドライバーから直接買う方式なので、何なら出発のギリギリに来ても大丈夫でした。

それまで列が作られたりすることも無く、恐らくリラの僧院に向かうんだろうなーと言う雰囲気の人たちが、ただ路上にたむろしているだけなので。

IMG_4301.jpg
10:15頃になって、ようやくバスがやって来ました。

事前調べでは大型バスで向かっている人ばかりだったのですが、シーズンの関係でしょうか?

IMG_4302.jpg
おかげで車内は満席でございます。

なお、リラの僧院まではここから所要3時間、料金は11レバでした。

IMG_4303.jpg
バスはいくつかの小さな村を通り過ぎながら、快調に飛ばしていきます。

IMG_4304.jpg
12:00頃にリラ村に到着。

ここで昼食休憩となります。

ただ、メニューも無い1軒の食堂の前で停まるのですが、乗客が一斉に店に群がるため、店員さんはてんやわんや。

そんなに大箱のレストランでも無いので、到底捌き切れないご様子です。

そんな中で、ブルガリア語の話せぬ自分の相手などしている余裕があるはずも無く、結局ここでの昼食は見送ることにしました。

まあ、リラの僧院の辺りはマスが名物とか聞きますので、僧院を見学した後にでも食べるとしましょう。

IMG_4306.jpg
30分ほどの休憩を挟んで、いざ僧院に向かって再出発。

ここからは山道を走りぐんぐん標高を上げていくのですが、見て下さい、この綺麗な紅葉を!

これは僧院の辺りも美しく染まっていることでしょうね。

IMG_4307.jpg
13:15頃、リラの僧院に到着いたしました。

帰りのバスは15:30に出発とのことで、ここで2時間ちょっとの見学時間が取れます。

早速向かってみることにしましょう!

IMG_4308.jpg
入口の門はいきなりの色鮮やかさ。

この門をくぐると、そこに広がっているのは…



IMG_4309.jpg
こちらです!

白と黒の縞模様がすごく印象的な中央の建物は、リラの僧院の中心、聖母誕生教会です!

一見するとかなり新しい建物ですが、それもそのはず、こちらは19世紀に再建されたもの。

他国の僧院や宗教施設などと比べてもなかなかに独自性を感じさせてくれますが、民族復興様式という建築様式を取り入れているそうです。

元々この僧院のルーツは10世紀に遡ります。

イヴァン・リルスキと言う人物がこの地に僧院を開いたことが始まりだそうですが、その後14世紀末には、ブルガリアの地はオスマン帝国の支配下に入ってしまいます。

昨日ソフィアでいくつかの教会を訪れましたが、その当時に建てられた教会は、オスマンの目から逃れるようにひっそりと信仰をしている様子が伺えましたね。

しかし、ここリラの僧院に関しては、オスマンの支配下にあってもその信仰が黙認されていたと言う事で、全国から信者が集まり信仰に励んでいたそうなのです。

また、当時はブルガリア語の書物を読むことなども規制されていたそうなので、この僧院は学問の場としても貴重な存在だったのでしょう。

IMG_4310.jpg
教会の周りには、その当時より信者が寝泊まりしていた宿坊があります。

IMG_4311.jpg
こちらも19世紀に再建されたものなので、さほど古さは感じませんが、木造4階建てのその宿坊の威容は、なかなかな迫力です。

IMG_4312.jpg
ちなみにこちらには宿泊もできるのですが、もし泊まったら夜だったり明け方だったり、日帰りでは見ることのできない僧院の雰囲気を味わえるでしょうから、泊まるのも面白いかも知れないですね。

IMG_4313.jpg
まあ今回は泊まりはしないので、ここから2時間、教会をはじめ僧院の雰囲気をしっかり楽しんで帰るとしましょう。

IMG_4314.jpg
この教会で本当に印象的だったのは、この外観です。

IMG_4315.jpg
ぐるりと1周がアーケードのようになっているのですが、その壁面いっぱいにフレスコ画が所狭しと描かれています。

IMG_4318.jpg
描かれているのは聖書の一場面とかなのでしょう。

IMG_4319.jpg
残念ながらその辺りは全く詳しくないので、細かい解説は一切できないのですが…

IMG_4320.jpg
あ、これはわかります。

マリア&イエスですね。

IMG_4321.jpg
こちらはイエス。

これで違ってたら相当恥ずかしいですが…笑

IMG_4322.jpg
こうした宗教的な絵の他に、農民の生活の様子などを描いている部分もあったりして、絵の内容自体もなかなかに楽しめるのですが、なにより印象的なのは、この極彩色のインパクトです。

他の教会で目にするフレスコ画は、大体がもっと落ち着いた色合いなので、こんな鮮烈な印象を与えてくれるのは非常に新鮮です。



なお、こうしたフレスコ画だったり、立派なイコノスタスが内部にはあったりするのですが、残念ながら撮影禁止でした…

IMG_4323.jpg
と言うわけで、今度は外に出てみましょう!

何たってこの青空、そして美しい紅葉ですからね!

IMG_4324.jpg
反対側の出口に向かう途中にあったのが、このフレリョの塔

何でも14世紀当時の姿を留めている唯一の施設だそうで。

さすがにフレスコ画の鮮やかさは無くなっていますが、今でもはっきりと判別できる絵の美しさは、流石と言う感じがしました。

IMG_4326.jpg
はい、門の外に出て参りました。

この辺りの木々も黄色く色づいてはいるのですが、

IMG_4327.jpg
あの山の紅葉、凄すぎじゃないですか!?

IMG_4329.jpg
この辺りには何軒かレストランもあったりします。

歩き終えたら、ここで紅葉を眺めながらマスを食べましょう。

IMG_4330.jpg
しばし、紅葉を眺めながら小径を下っていきます。

IMG_4331.jpg
前回ここリラの僧院を訪れたのは夏でした。

確か9月の初め頃だったでしょうか。

その時もこんな晴天で、非常に木々の緑が鮮やかだった記憶があるのですが、また印象が違って良いですね。

IMG_4332.jpg
と言うか、この山の鮮やかさ、もしかしたらこの地を訪れる上ではベストシーズンと言っても良いのかも知れません。

IMG_4333.jpg
こんな道を10分ほど歩いて行くと、

IMG_4334.jpg
行き止まりの所に小さな教会がありました。

IMG_4335.jpg
中に入ることはできませんでしたが、リラの僧院よろしく、こちらも立派なフレスコ画が描かれていました。

IMG_4337.jpg
ちなみに歩いて来た道は川沿い。

この川が大きなリラ川へと流れ込んで、

IMG_4338.jpg
このマスを育てているというわけなのですね!

ビールと共に頂きます!

マスのグリルが10レバと、やはり観光地と言う事で少しお高めではありましたが、

IMG_4339.jpg
こんな紅葉を眺めながら食べられるのですから、もうそれだけで大満足です!

味自体も非常に美味しゅうございました。

みんなマスを食べるので、おこぼれに預かろうと、ネコが何匹も群がっていましたが。

IMG_4340.jpg
食事を終えたら、もうそろそろ良い時間になって来たようです。

僧院に別れを告げ、バスに乗り込みます。

IMG_4341.jpg
ソフィアについたのは18:00頃。

もうすっかり空も暗くなってきています。

IMG_4342.jpg
トラムに乗って宿に戻り、しょうさんと合流。

IMG_4343.jpg
今日の夕飯は、カレーです!

IMG_4345.jpg
いやね、宿の食事飽きてきてしまいまして…笑

どうせその後自炊するなら、ちょっと多めに作っても大差無いので、もうそれなら端から自炊してしまおうかと言う話になりました。

具沢山で、美味しく美味しく頂きました。



さて明日は早起きして、再び遠征でございます。

今度は自然スポット、絶景を目指して行って参ります。

なかなかに凄い景色を観ることができたので、明日もぜひお楽しみに!



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アジア陸路横断を終え、現在中東からヨーロッパへ!