記事一覧

まるで巨大地下都市!クリコバのワイナリー

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムでは駆け足のベラルーシ滞在を終え、ラトビアに移動します。

ここからバルト三国編となりますが、リトアニアは年明けにトランジットついでに訪れる予定なので、今回はラトビアとエストニアをお先に。

いずれの国の首都も世界遺産に登録されているようで、街歩きが非常に楽しみですね…!





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年11月12日
(世界一周225日目)
【キシナウ→クリコバ→キシナウ→(キエフ)】
1モルドバレウ=6.26円
10モルドバレイ=62.6円



1.クリコバ行きバス乗場
2.クリコババス停
3.ワイナリー



おはようございます!

IMG_5188.jpg
昨日の教訓を踏まえ、今日はおかずを買ってきました。

魚の味がするバターペースト。

近くにあるスーパーは総菜が安く買えるので非常に有難いです。

IMG_5189.jpg
さて、本日は夜行バスで移動となるためチェックアウトしますが、その後もしばらく宿で待機。

と言いますのも、本日訪れようと思っているクリコバという街、実はここにはワイナリーがあるのですが、個人での見学はできないのですね。

オンラインなどでツアーに申し込む必要があるのですが、その時間が15:00からでして。

なお、ツアーの申し込みはこちらから↓

クリコバワイナリー



数あるコースの中から、今回はBusinessというコースを選択しました。

3種類の試飲付きで450レイと、モルドバの他の物価を考えるとかなり強気の値段設定です。

なお、他にも多数コースはありまして、本当は別のコースを予約しようとしていたのですが、最低催行人数が2人とか4人からのものばかりなので、お1人様の自分は他のグループのツアーに混ぜてもらう必要があります。

その中で今日飛び込めるツアーは15:00発のBusinessしか無いと言う事だったというわけなのですね。

もし確実に参加したいなら、誰かと一緒に申し込むと確実だと思います。

IMG_5191.jpg
と言うわけで、宿を出発したのは13:30頃とかなり遅め。

IMG_5192.jpg
しばらく歩いて、クリコバ行きのバスが出発するバス停に向かいます。

クリコバ行きのバスは、中央バスターミナルから離れたこの路上から頻発しております。

もしかしたら中央バスターミナル発のバスもあるのかもしれないのですが。そこは不明。

それにしてもキシナウは、行き先によって出発するターミナルがバラバラなので非常に動きにくいですね。

今回紹介した以外に、ルーマニア方面への国際バスなんかが出ている南バスターミナルもあるそうで。

IMG_5193.jpg
さて、クリコバ行きのバスは2番です。

料金は4.5レイ。

IMG_5194.jpg
バスはキシナウの住宅地を横目に走り、

IMG_5195.jpg
街を抜けるとこんな風景に。

一面に広がるブドウ畑です!

この光景には否が応でもテンションが上がります。

IMG_5196.jpg
のんびり走り停留所も多いので、クリコバまでは40分ほど。

バスを下車したら1kmほど歩いてワイナリーに向かいます。

IMG_5198.jpg
そして到着!

正面の石碑に描かれているのはワイナリーの地図です。

この地図からしても非常に大きなワイナリーと言う事はおわかり頂けるかと思いますが、道の全長は何と120kmにも及ぶそう。

これはモルドバでは第2位の長さとなります。

ちなみに1位は、Milesti Miciという所で、その長さは何と200km。

世界最長のワイナリーとしてギネスにも登録されています。

ただ、Milesti Miciの方は自家用車じゃないとワイナリーの見学はできないようなので、旅行者が訪れる場合はレンタカーなどを利用したりするのが一般的ですかね。

その点クリコバのワイナリーは気軽にツアーに参加することができるので、こうしたお一人様には非常に有難い訳なのです。

ルーマニアの北部にも、自力アクセスが困難な見所がいくつもあったりしたので、その辺と合わせてレンタカー旅…と言うのも、人数がいれば楽しいでしょうね。

まあ、両国とも訪れる長期旅行者は少ないので、ナミビアとかアイスランドのように上手いこと人を集めるのは大変だと思いますが。

IMG_5199.jpg
レセプションにて、受付を行い、

IMG_5200.jpg
早速ツアーのスタートです!

あまりの広さなので、こちらのカートに乗って移動することになります。

IMG_5201.jpg
それでは出発!

IMG_5202.jpg
程無くして、カートは洞窟の中へ!

そう、ここクリコバは地下ワイナリーなのです。

さっき見たあの地図は、全部地下に掘られたものと言う事で、そのあまりの規模に驚きです…!

レセプション付近には川が流れているのですが、その川の対岸が崖になっていまして、そこにいくつか入口がありました。

つまり入口にはフラットに向かうことができるのですが、地上からはかなり深い所に掘られているわけで。

その深さは何と100mだそう。

IMG_5203.jpg
延々と続く地下通路を猛スピードで駆け抜けていくのですが、その時に受ける風も相まって、かなりの寒さを感じます。

地中深くと言う事で、1年中13℃ほどに気温が保たれているそう。

今回は時期も時期なのでダウン着用で向かいましたが、夏でも上着必須ですねこれは。

IMG_5207.jpg
さあ、最初の目的地に到着しました。

こちらは醸造したワインを熟成する所。

IMG_5208.jpg
樽は醸造年だったりブドウの品種ごとにエリア分けされているのですが、そもそもの数が多過ぎるので、違うエリアにはカートでかなりの時間をかけて向かわないといけません。

IMG_5210.jpg
延々と続く樽。

地下と言うこともあって、ブドウの発酵した匂いが辺りには漂い、ワイン好きはそれだけで素敵な気分になれるのではないでしょうかね。

IMG_5212.jpg
さあ、再びカートに乗り込み、

IMG_5213.jpg
次の場所へ移動します。

IMG_5217.jpg
続いてやって来たのは、製造工場。

IMG_5218.jpg
ここではスパークリングワインを造っていまして、その製造工程を学びます。

この段階は本当に最後の所、コルクをはめていますね。

IMG_5220.jpg
で、ここがその前段階の熟成場所。

IMG_5221.jpg
何でも逆さにしながら熟成させなければいけないようで、コルクではなく王冠がはめられています。

IMG_5225.jpg
続いては映画館です。

ここでクリコバワインがいかに素晴らしいかの映画を鑑賞するのですが、

IMG_5226.jpg
「スパークリングワインを飲みながらご鑑賞ください」と。

待ってました!

IMG_5228.jpg
その後は、ワインにまつわる歴史的な品々を収蔵してある博物館や、

IMG_5229.jpg
教会なんかを観て、

IMG_5234.jpg
最後にやって来たのはワインの保管庫です。

もうここがですね、その歴史を物語っていると言いますか、

IMG_5235.jpg
きっともの凄いであろうビンテージワインが沢山収蔵されていました。

こちらは1957年、62年物のワイン。

IMG_5236.jpg
こちらがこのワイナリーでは最も古いものだそうで。

1902年…117年物ですね…

一体どんな味がするのか、全く想像がつきません…

IMG_5238.jpg
なお、こちらのワイナリーは国際的にも非常に評価が高いようで、各国の要人の個人貯蔵庫なんかもあります。

IMG_5239.jpg
こちらはロシアのプーチン大統領。

IMG_5240.jpg
こちらはアメリカのジョン・ケリー。

オバマ大統領の時の国務長官ですね。

IMG_5241.jpg
また、本当の本当のビンテージワインは、見学ルートから仕切られたエリアにあると言う事だったので、まだまだすごいお宝が眠っているのでしょう。

なお、この貯蔵庫にはまだ買い手がついていない物も多数あるようで、個人で購入することもできますよとガイドさんが言っておりました。

ただ、ボトル買いではなく、この貯蔵庫の区画単位での販売となるらしいので…1区画何百万?それとも何千万?

とても手が出ませんね笑

IMG_5243.jpg
さあ、1時間半ほどのツアーとなりましたが、最後はお待ちかね、試飲です!!!

とは言え自分たちのグループはこちらの部屋ではないようで。

ちょうどどのグループも試飲の最中では無いと言う事で、せっかくだからと試飲ルームを一通り見せてもらいました。

IMG_5244.jpg
試飲ルームは全部で5部屋ありまして、こんな風に海をイメージしたものや、

IMG_5245.jpg
小さい部屋から、

IMG_5246.jpg
大きい部屋まで、その人数によっても非常にバラエティ豊か。

IMG_5247.jpg
その中で自分たちはたった6人のグループでしたが、よりによって1番大きな部屋に通されました笑

IMG_5254.jpg
こちらがワインと共に供されたスナック類。

IMG_5258.jpg
そしてこちらが本日の試飲。

赤、白、スパークリングの3種類です。

それ以外に映画を観ながら頂いたスパークリングもあるので、合計で4種類のワインを頂いたことになります。

1杯1杯も結構な量を注いでくれたので、かなり満足度の高い試飲となりました!

IMG_5259.jpg
最後にワインを購入することができます。

普段はこう言うのは見て周るだけですが、値段も安いですし、この後すぐ人と会う約束があるため、今回は思い切って2本購入。

IMG_5261.jpg
およそ2時間強のツアーが終わると、もう外は真っ暗。

いやー、大変充実したツアーでした!

単に巨大な地下ワイナリーをカートで探検するだけでも楽しいのですが、様々な要素が盛り沢山で、2時間があっという間に感じました。

ちょっとお値段は高いですが、相応の満足感は得られましたので、モルドバに来られた方にはぜひおすすめのツアーです。

IMG_5264.jpg
バスに乗って一路キシナウに戻り、

IMG_5271.jpg
軽く夕食を済ませ、荷物をピックアップして、北バスターミナルへとやって来ました。



IMG_5273.jpg
これから夜行バスでキエフへと移動することになります。

所要時間はおよそ10時間と言う事でしたが、途中、沿ドニエストル共和国を通過していくため、モルドバ側のパスポートチェックに、沿ドニエストルの入国審査、出国審査、ウクライナの入国審査と、4回も起こされることとなります。

バス外での審査は無いのですが、その都度パスポートを提出しなければなりません。

IMG_5276.jpg
全て終わったのは深夜1:30。

この休憩中の写真は、もうウクライナ側でございます。

と言うわけで、世界一周23カ国目、ウクライナに入国です!

眠すぎて実感はありませんが…笑

まあ、明日は目覚めたらキエフに到着しているはずなので、否が応でもウクライナの雰囲気を肌で感じることになるでしょう。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。