記事一覧

キエフでサーカス鑑賞!想像を超える技に衝撃

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムでは、本日フィンランドに向かいます!

北欧と言うと移動がまた大変なのかと思いきや、エストニアのタリンから3時間未満の船旅で訪れることができるのです。

ムーミンに北欧雑貨、かもめ食堂…

フィンランドは何気に知っている物も多いのですが、これから改めて見所をリサーチしてみます。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年11月16日
(世界一周229日目)
【キエフ】
1フリブニャ=4.50円
100フリブニャ=450円



1.サーカス場



おはようございます!

IMG_000005 (45)
とは言えとっくにお昼を過ぎているのですが…笑

まあ、昨日は朝の5:00まで話していたので、そりゃこんな時間になりますよね。

活動時間も半日しかないので、本日の日記はあっさりとお送りします。

IMG_000005 (47)
で、まずは食事を。

このお洒落なお店は…

IMG_000005 (46)
麺屋武蔵!

一昨日ラーメンを作ったばかりですが、早速2回目の訪問です。

ちなみにおにさんは、自分と合流する前日にもこうき君と来ているので、これが3回目。

このレベルのラーメン屋が宿の近くにあるなんて、滅多に起こらないことなんですよ。

この機会を逃すまいと、特にキエフに来てからはラーメンに対して貪欲です。

勿論ウクライナ料理を食べるよりもちょっと高いのですが、日本でラーメン屋をはしごすることを考えれば…

IMG_000005 (48)
食事を済ませ、バスで本日の目的地に移動します。

本日の目的はただ1つ、昨日飲みながらしっかり(おにさんが)下調べをしてあります!

IMG_000005 (49)
こちら!サーカス場です!

旧ソ連の国々はサーカスがかなり盛んです。

日本でもボリショイサーカスとか有名ですよね。

ちなみにあのボリショイサーカスは、特定の団体名ではなく、ロシア(崩壊前はソ連)のサーカス団が海外公演をする際に名乗るブランド名だそうです。

ちなみにこれから見るサーカスは、キエフ国立サーカスのもの。

もしかしたら、「ボリショイサーカス」として日本にも来たことがあるのかな…?

さすがに日本にやって来るのはモスクワとかのサーカス団でしょうか?

IMG_000005 (50)
チケットは建物の中で購入できます。

IMG_000005 (44)
こんな風に各座席の値段が一目で見れるので、外国人にも非常にわかりやすいです。

最も安い席で、何と100フリブニャ…!

ただ、昨日のバレエのように、会場の雰囲気だけ…と言うのはサーカスではあまりにつまらないだろうと思ったので、今回はちょっと良い席を購入しました!

IMG_000005 (2)
とは言え下から2番目の190フリブニャの席ですが笑

IMG_000005 (3)
開演までしばし時間があるのでコーヒーブレイク。

IMG_000005 (4)
はぁぁぁぁ暖まる…

もうウクライナに来てからラーメンとコーヒーで胃が埋め尽くされております。

始まる前にお手洗いにも行っておかなければなりませんね。

IMG_000005 (5)
…って、間隔狭っ!!!

思わず撮影してしまいました笑

IMG_000005 (6)
さあ、時間になりました。

会場はどんな雰囲気かな?

IMG_000005 (7)
おおおおお!なかなかすごいセット!

これは期待が高まります。

IMG_000005 (8)
とりあえず記念撮影。

1人の時は滅多にやりませんが、誰かがいると旅のスタンスも変わりますね。

IMG_000005 (9)
こちらが座席!

値段の割にかなり前の方ですが、その代わり演技は全て逆方向を向いて行われます。

でも思った以上に舞台に近かったので、もうこの時点でかなり満足です。

IMG_000005 (10)
さあ、スモークが焚かれ…

IMG_000005 (12)
始まりました!

早速の大技!

IMG_000005 (13)
アクロバティックなポールダンス!

そしてそのまま宙へと飛んでいきます。

IMG_000005 (14)
人体切断機なんかも出てきました!

実物を見るのは初めてです。

しかし、裏側なので残念ながらカラクリが丸見え…笑

IMG_000005 (15)
動物たちもたくさん出てきました。

まずは犬。

IMG_000005 (16)
大きなジャンプ!

エサに釣られているのか、よだれがもの凄かったです笑

IMG_000005 (17)
カラフルな鳥も出てきました。

これは動きが速過ぎて、目で追うだけでもう必死。

IMG_000005 (19)
この柔軟性はまさに芸術。

IMG_000005 (18)
この時ばかりは会場は静まり返り、みんな食い入るようにステージを見つめます。

IMG_000005 (20)
今度は馬!

この体格には少々手狭なステージでしょうかね。

IMG_000005 (21)
そして前半のフィナーレはド派手に鉄棒です!

IMG_000005 (22)
勤務していた学校に体操部があったので、大車輪とかは生で見せて頂いたことがあるのですが、こんな風に何人もが一糸乱れぬタイミングで同時に技を決める…めちゃくちゃ難しいのでしょうね。

IMG_000005 (23)
最後は一斉に華麗なジャンプ!!!

IMG_000005 (24)
…と、ここまでが前半。

もう、想像以上のクオリティに2人して大興奮でした!

IMG_000005 (25)
休憩の間に派手にステージが設営されます。

この檻はもしかして…

IMG_000005 (26)
さあ、後半のスタートです!

IMG_000005 (27)
出て来ました!ホワイトタイガー!

IMG_000005 (28)
普通の虎も沢山。

IMG_000005 (29)
一本橋を渡ったり、

IMG_000005 (30)
輪をくぐったり。

これだけでも十分に見応えはあったのですが、本当ならさらにここにライオンも出て来る様子でした。

ただ、自分たちの席近くの舞台袖では、舞台に上がるのを拒むライオンが…

結局尺の問題でライオンは出て来ず仕舞いでした…笑

残念っ…!

IMG_000005 (31)
特に後半になると、大掛かりな舞台の転換がたくさん入ります。

そんな幕間に大活躍だったのがこちらの2人のピエロ。

IMG_000005 (32)
時にはお客さんを無理矢理ステージに上げて、会場を盛り上げます。

IMG_000005 (33)
今回一番のハイライトはこちら。

何てアクロバティック…!

IMG_000005 (34)
そして、定番の綱渡りを始める男性。

IMG_000005 (35)
今度は頭の上に女性を乗せて!

IMG_000005 (36)
どこまでやるんだあああ!!!

どんどん過激になる綱渡りに、会場中が固唾を飲んで見守り、

IMG_000005 (37)
そして成功したら、今日一番の割れんばかりの大拍手!!!

IMG_000005 (38)
さあ、いよいよフィナーレです!

進化した人体切断機が会場に運ばれてきます。

でも、カラクリはさっきと同じ。

と言う事は、自分はオチが既にわかってしまっています笑

IMG_000005 (39)
回転するカッター!

悲鳴の上がる会場!!

冷めた自分。

IMG_000005 (40)
あああああ!!!!!



中には誰もいませんでした。

そりゃそーだ、下の台座の中にさっさと隠れているのですから。

IMG_000005 (41)
さあ、舞台が賑やかになって来ました!

IMG_000005 (42)
全員集合、そして、感動のフィナーレです!

観客はスタンディングオベーションで応えます!

IMG_000005 (43)
いやぁー!!!これは凄かった!

正味3時間ほど会場にいましたが、こんなにも時間が経つのが早いとは!

毎日やっているわけでは無いと思いますが、もしキエフを訪れた時にスケジュールが合うのなら、これは心からおすすめです!

もうすっかり夜になってしまったので、宿へと戻ります。

IMG_000005 (1)
夕飯はラーメンの余った食材を消費しようと、まぜそばを作ってみました。

チーズってまぜそばに合いますよね。

スープは既に無くなってしまったので、醤油ダレに自前のコンソメスープをちょっと足してみました。



さて、昨日とは打って変わって、今日は早々に床に就くことにします。

なぜならば、明日は1日がかりでチェルノブイリツアーに参加するからです。

しっかりと予習も済ませ、いざ現場へ。

そこには一体どんな光景が広がっているのでしょうか…?



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。