記事一覧

【旅のルート5】中南米編

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



来週、インド大使館の近くへ直帰可の出張が入ったので、その時にインドビザの申請を予定しているのですが、思ったより準備が煩雑なんですね…

ダミー航空券を取って、果てしなく項目の多い入力フォームを完成させて、あと写真もこれ用に撮らねば。

平日はとても時間が取れそうにないので、休日1日1日が勝負です。



さて、本日は【旅のルート】中南米編をお送りします!



世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。






ルート決めについての考え方や趣味嗜好、ここまでのルート案などは、過去のルート記事↓をご覧下さい!

アジア編

ヨーロッパ編①

中東・アフリカ編

ヨーロッパ編②



中南米

それでは【旅のルート】その5 中南米編です!



2020年

 9月 メキシコ・キューバ

 10月 メキシコ・他中米

 11月 (ベネズエラ)・コロンビア・エクアドル

 12月 エクアドル(ガラパゴス諸島)・ペルー・ブラジル

 
2021年
 1月 ブラジル・パラグアイ・アルゼンチン・ウルグアイ

 2月 アルゼンチン・チリ(パタゴニア、イースター島含む)

 3月 ボリビア・ペルー

     →リマから飛行機でバンコクへ



【メキシコ】

トマティーナ後すぐに飛んでくるつもりなので9月の頭くらいから周ることとなりそうですが、この国は見所もバラエティに富んでいるため時間が足りるかどうか…

前半は遺跡や街歩きが中心となるでしょうか。遺跡の方はテオティワカンチチェン・イッツァなどはもちろんですが、知られざる穴場遺跡なんかにも足を運んでみたい。
街の方はグアナファトサンミゲル・デ・アジェンデオアハカサンクリストバル・デ・ラス・カサス辺りには立ち寄ろうと思います。
あとは本場のテキーラ産地にも行ってみたい。
そしてカンクンよりキューバへ。

後半は、シュノーケリングやダイビングが中心となるでしょう。カンクンから船でコスメル島に渡ったり、アクマルビーチでウミガメと泳ぎたいです。
あとは何といってもセノーテ!透明度抜群の泉をシュノーケリングやダイビングで探検したい!

訪れるか迷っている所としては、ラパス!アシカや各種大物と一緒に泳げる有名なダイビングスポットであり、地理的にもカリフォルニア半島は面白い所です。
ずれる境界であるサンアンドレアス断層はぜひこの目で見てみたい!
ただ、他のエリアから遠いんだよなぁ…



【キューバ】

政治的に社会主義の国はこれまでも訪れてきましたが、経済的な部分では市場経済を導入している国も多く、ここまでコテコテの社会主義国を訪れた経験は今までにありません。
真面目な部分では、社会主義国家の人々がどんな生活をしているのか、可能な限り肌で感じてみたい!

首都のハバナはもちろん、時間を長めにとって(2~3週間くらい)、島全体をくまなく周ってみようと思います。



【中米諸国】

特に時間を割きたいのはグアテマラ!各民族の華麗な民族衣装や生活の様子を、じっくりと見て周りたいと思っています。
スペイン語留学も定番ですが…これだけカツカツな旅程ですし、多分しないかな。

あとはコスタリカでアリバダ(ウミガメの一斉産卵)にはぜひ合わせたい!予定だとピークより若干遅れそうなタイミングですが、果たしてみられるのでしょうか。
コスタリカについてはエコ・ツーリズム先進国としても知られていますが、どこか国立公園を狙い撃ちして、じっくりとその自然を満喫しようとも考えています。

地理的に興味があるのは、パナマ運河でしょうか。運河自体を目にする機会もあまりない中で、閘門式運河(水門の水位を上下させることで船を通す運河)ですからね!大型船が通過する様子はぜひこの目で見たい!



【ベネズエラ・コロンビア・エクアドル】

パナマ・コロンビア間は安全な陸路移動が不可能なので、パナマシティから飛行機で南米に入ります。
ベネズエラ行きの航空券が、隣国コロンビア発よりも概ね安い金額で出ているので、パナマからベネズエラへ!
…と行きたい所ですが、昨今のベネズエラの情勢はガチでやばそうですよね。
ベネズエラには、この旅で一番行きたい所と言っても過言ではないエンジェルフォールロライマ山があるので、そこだけでもどうにか行けないものかと考えています。

その後はコロンビアへ再び空路移動。
メデジングアタペなどの街歩きも楽しみな所ですし、あとはトトゥモ泥火山!何でも泥温泉なるものがあるとか…
世界的に有名なコーヒー農園にも訪れてみようと思っています。サレントで行くつもり。

エクアドルはやっぱりガラパゴス諸島!航空券はきっとお高いのでしょうが、唯一無二の生態系の豊かさをじっくり味わって来ようと思います。ダイビングやシュノーケリングもしたいな。



【ペルー】

ペルーは2回に分けます。

1回目はエクアドルから陸路で国境を越え、北部を巡ってリマへ。この間のハイライトはワスカラン渓谷でしょうか。トレッカーの聖地とも呼ばれる(聖地って何個あるのでしょう?笑)絶景を、何日かかけて歩いてみたいと思います。
リマからは飛行機でイキトスへ。アマゾンの熱帯雨林を探検し、そのままアマゾン川を船で下ってブラジルに向かいます。

2回目は南米一周の締めくくり!ボリビアから陸路で入国します。
プーノではチチカカ湖に浮かぶ葦の島&家に、コルカ渓谷ではコンドルに会いに、さらにはクスコ!街歩きも楽しみですし、そしてマチュピチュレインボーマウンテン!盛りだくさんの南米締めくくりとなりそうです。



【ブラジル・パラグアイ】

ペルー・イキトスより船を乗り継ぎ、マナオスまで。
このマナオスも他の街への陸路移動が困難な所にあるため、そこからは空路での移動となります。

本当は白砂漠が有名なレンソイスに行こうと思ったのですが、ちょっとシーズンとずれているということで、レンソイス違いですが、バイーア州のレンソイスに。
こちらのシャパーダ・ディアマンティーナ国立公園がかなりの絶景の宝庫とのことで、結構楽しみです。
街で気になっているのはサルヴァドール。黒人文化と融合した、他の街とは一味違う雰囲気を味わってきます。

その後はリオデジャネイロ、サンパウロと経て、弓場農場へ。知識でしか知らない日系移民の方々はどのような生活をしているのか。世界の真裏にある日本を見たいと思います。

そこからボニートに寄ってシュノーケリングやダイビングを楽しみつつパラグアイへ!イグアス居住区に行くつもりです。



【アルゼンチン・チリ・ウルグアイ】

パラグアイから国境を越えたらすぐイグアスの滝に!そこからブエノスアイレスまで一気に移動します。
ウルグアイはまだちゃんと調べてなくて、ブエノスアイレスから船で渡って日帰りか、一泊くらいするかなーと思っているくらいなのですが、外してはいけないおすすめとかあったらぜひ教えてください!

その後はパタゴニアへ!南米ハイライトの1つ!
南端のウシュアイアから、何度も国境を越えつつチマチマ北上していきます。
パイネペリトモレノ氷河フィッツロイマーブルマウンテン…天気だけが本当に心配な所です。
何とかベストシーズンに間に合わせるべく、それまでの行程は少し急ぎ足になることでしょう。1月中にはパタゴニアに入りたい。

パタゴニア縦断を終えた後はイースター島に!モアイ楽しみモアイ。

次なる国はボリビアになりますが、結構アタカマ抜けのルートを選択される旅人が多いみたいで。
自分はアルゼンチンのウマワカ渓谷がめちゃくちゃ気になっているので、そこからウユニに向かおうと思っています。このルート取りってどうなんだろう…迷う所です。



【ボリビア】

やっぱりウユニですね!超オンシーズン!超満員なことでしょう!
ウユニにおける日本人旅行者の振る舞いは悲しいことにあまり良い話を聞かないので、ちょっぴり不安ではありますが、せっかくの絶景なので、節度を持って盛り上がりたい所です。あくまでも節度を持って。

あとルートには現在組み込んでいませんが、もし時期を被らせることができたら、オルーロカーニバルにはぜひとも行ってみたい!
南米3大祭りですよ!リオのカーニバルインティライミオルーロカーニバルですよ!
残り2つは日程の都合上厳しそうですが、カーニバルというものを何としてもこの目で見てみたい。



以上で中南米編は終わりとなります!このあとは一気に太平洋を横断、アジア(多分バンコク)に帰還します!

ここまでで世界一周は達成となりますが、求人が出揃ってくるまでのアディショナルタイムということで、帰国しやすいアジアを2~3カ月周ろうと思っています。

というわけで次回は「帰国の途編」!【旅のルート】その6に続きます!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。