記事一覧

ベルリン到着!歴史の証人に絶品ソーセージ

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



Flix BusにLux Express…ヨーロッパの移動はバスが本当に便利です。

以前ヨーロッパに来た時には格安バス会社など無かったので、専ら鉄道移動が中心でした。

こんなに小回りが利くのなら、もうどこにでも行けますね。

これからヨーロッパを出た時に、便利さの反動で苦しみそうです。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年12月2日
(世界一周245日目)
【ヘルシンキ→ベルリン】
1ユーロ=119.7円
10ユーロ=1197円



1.ヘルシンキ
2.ベルリン



おはようございます!

IMG_000020 (2)
今朝は正真正銘の早起き。

7:00前には宿を出発します。

本日のフライトは10:45発なのですが、例によってラウンジを全力で楽しもうと、3時間前の空港着を狙っているのです。

IMG_000020 (3)
空港までは路線バスで。

宿の近くからだと公共の足はこのくらいしかありませんが、ヘルシンキ中央駅付近からなら、他にも空港バスや鉄道など、様々な方法で空港へと向かう事ができます。

ちなみに路線バスは24時間運行、料金は車内購入で5.5ユーロでした。

こんなに人の気配が無いような時間でもちゃんとバスが走っているのは、本当に助かります。

これがろくに足の無い空港だと、前日に移動して空港泊…なんて事になってしまいますので。


1.ヴァンター国際空港

IMG_000020 (4)
およそ30分でヘルシンキの空の玄関口、ヴァンター国際空港に到着します。

多くの航空会社はターミナル2からの発着となりますが、今回利用するLCCのeasy jetはターミナル1。

バス停からは離れているため、バスを降りてから15分ほど歩きます。

IMG_000020 (5)
到着です。

エスカレーターの裏側がチェックインカウンター、メインでは無いのでなかなか小さなターミナルです。

IMG_000020 (6)
でかでかと踊る広告。

easy jetは、これから目指すベルリンのテーゲル空港からヨーロッパ各地に便を出しているそうです。

ヨーロッパのLCCはコストを考えてもこれから何度もお世話になる事でしょう…

IMG_000020 (7)
なお、easy jetのカウンターが開いたのは出発の2時間前でした。

せっかく3時間前に空港に辿り着いたのですが、無駄に待ち惚け…

そもそもチェックインは事前にweb上で済ませなければならないため、荷物を預けるだけなのですがね。

IMG_000020 (8)
ここで時間を食ってしまったとなると、ラウンジ満喫タイムが短くなってしまいます!

急がねば!!!

IMG_000020 (9)
と言うわけで今回やって来たのはAspire Lounge

EU域内便と域外便で、それぞれ利用できるラウンジが決められていたので、今回自分はこちらしか利用できませんでした。

IMG_000020 (10)
洗練された雰囲気。

あの宙に浮かぶ椅子に座ってみたいですが、まずは朝ご飯です。

宿の朝食をパスしてお腹を空かせて来たのですが…

IMG_000020 (11)
朝食の時間帯と言う事もあってか、レタスにハムにチーズ…宿の無料朝食にちょっと毛が生えたくらいのラインナップにショックを隠せません。

もっとこう、サーモンとかトナカイとか期待してたのにー!!!

IMG_000020 (12)
幸いアルコール類はワインや洋酒各種など、豊富に揃っていました。

ビールが無かったのは非常に残念ですが…

IMG_000020 (13)
と言うわけで、シンプルな朝食を頂きます。

他にパンが何種類かあったくらいで、これがおかず系のラインナップ全てと言う事からも、このラウンジの寂しさが伝わる事でしょう。

その思いを全てワインにぶつけさせてもらいました。

IMG_000020 (14)
さて、時間になりました!

IMG_000020 (15)
オレンジ色の機体が青空に良く映えます。

IMG_000020 (16)
シートピッチは思ったより狭くは無く、乗り心地は悪くありません。

予定ではベルリンまでおよそ2時間のフライト。

あっ!!!



IMG_000020 (17)
と言う間に、気が付いたら着陸していました。

あんなにワインを飲むもんだから、機内では気持ち良く熟睡です。

そして時計を見るとかなりの早着。

1時間半くらいでベルリンまでやって来た事になります。

と言うわけで、世界一周29カ国目、ドイツに入国です!


1.テーゲル空港
2.市内行きバス乗場
3.St Christopher's Inn Berlin Alexanderplatz
4.ソニーセンター
5.ベルリンの壁
6.ユダヤ人犠牲者記念碑
7.ブランデンブルク門
8.国会議事堂
9.Curry 36
10.クリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt am Roten Rathaus)

IMG_000020 (18)
テーゲル空港はベルリンのメイン空港では無く、かなり手狭。

そこにLCCの便が多数飛んでいる事から、人でごった返していました。

なお、ここからですが、バスでベルリンの中心部に向かう事ができます。

easy jetで到着した場合、出口を出たら案内に沿ってひたすら右へ。

IMG_000020 (19)
5分ほど歩くと、こんな案内が見えてきます。

ベルリン中央駅に向かう場合はTXLと言うバスに乗れば良いのですね。

ちなみに自分はアレクサンダー・プラッツと言う所に行きたいので、「Platz」と言う表記がある128番バスでしょうか?

IMG_000020 (20)
券売機で事前にチケットを購入します。

1回券(2時間有効)で2.8ユーロ。

時間内なら地下鉄(Uバーン)やトラム、近郊電車(Sバーン)などもこのチケットで乗り換える事ができます。

すぐ近くの打刻機でチケットを有効化しておかないと、見つかったら高額な罰金を取られるそうなのでご注意を。

IMG_000020 (21)
で、128番バスに乗ったのですが、結論から言うとアレクサンダー・プラッツへは行かず、とんでも無い所に連れて行かれてしまいました笑

後々ちゃんと調べた所、アレクサンダー・プラッツへもTXLのバスで行けるようです。

IMG_000020 (22)
仕方ないので、途中からUバーンに乗り換えて宿まで向かう羽目に。

チケットが時間内乗り放題なのは非常に助かりました。

IMG_000020 (23)
と言うわけで本日の宿はこちら、St Christopher’s Inn Berlin Alexanderplatzです!

IMG_000020 (24)
入口付近はこのようにバーになっている、夜な夜なうるさいタイプの宿ですが、宿自体が非常に大箱なので、自分の部屋まで騒音が届く事は決してありません。

その代わり迷路のようなので、部屋に辿り着くまでに最初はかなり迷ってしまいましたが…

IMG_000020 (25)
部屋は最高ですよ。

ベッド毎にライト、コンセント、カーテンが完備され、自前の鍵を使うセーフティーボックスもベッド下にあります。

トイレやシャワーの数も多く、非常に清潔。

広い館内なのに、Wi-Fiはどこに行っても許容できる速さでした。

不満を挙げるとするなら、バーしか共有スペースが無いので、静かに過ごせるのはベッドしか無いという事。

そしてキッチンがありません!つまり自炊ができない。

そして、朝食が別途5ユーロかかるのですが、その割には非常にショボいと言う事(自分は朝食は付けませんでした)。

なお、宿のwebページから予約すると、そもそもの宿泊料金も違うのでしょうが、朝食は無料で付けられるようです。

まあ、共有スペースにキッチンと、致命的な欠点はあるのですが、それでも1泊8.9ユーロで、セキュリティのしっかりした宿に泊まれるのですから、素晴らしい宿だと思います。



さあ、例によってもう日没まで時間はあまりありませんが、早速ベルリンの街を歩き回ってみる事にしましょう!

IMG_000020 (26)
Uバーンに乗り、まずやって来たのは、こんな高層ビルが立ち並ぶエリア。

ポツダマー・プラッツと言う、新都心的なエリアみたいです。

中心にあるのがポツダム広場。

IMG_000020 (27)
この辺りでも一際目立つ建物がこちらです。

IMG_000020 (28)
前衛的な屋根は、下のライトアップと合わせて、夜なんかだとインスタ映えのする写真が撮れそうです。

IMG_000020 (29)
中には立派なソニーの店舗がありましたが、こちらはその名もソニーセンター

ここポツダム広場の辺りにはベルリンの壁が通っていたため、壁崩壊後に大規模な再開発が実施されました。

その際の目玉として2000年に建設された、ドイツ現代建築の中でも特に注目すべき建物だそうです。

なお、名前はソニーセンターですが、ソニーはこの施設を運営する子会社の株式を売却してしまっているので、現在はソニーの物では無いのですが。

それでも以前からの呼び名で愛されている場所なのですね。

IMG_000020 (30)
なお、先程ベルリンの壁が通っていたと申し上げましたが、近くには壁の断片が記念碑的に残されています。

壁に貼り付けられているのは、無数のガム。

ドイツの方にとってはやはり忌まわしき歴史なのでしょうか。

ベルリンの壁については、明日じっくりと巡り、学んでいこうと思います。

IMG_000020 (31)
さて、ポツダム広場からしばらく歩くと、またまた不思議な建築物がありました。

こちらはユダヤ人犠牲者記念碑

ヨーロッパで虐殺されたユダヤ人に捧げる記念碑です。

大小様々なブロックが、何と2711個も。

IMG_000020 (32)
その中に入ってみると、中には自分の背丈よりはるかに高いブロックもあり、さながら迷路の中を歩いているようでした。

一体この記念碑が何を表現しているのか…よくわからないと言うのが正直な所です。

ただ、視界を塞がれ、周りと隔絶された静寂な空間に身を置いた時に、この記念碑の対象であるユダヤ人に対して思いを馳せる事ができました。

実際の所、この記念碑の意味が明示されているわけでは無いので、各々による解釈と言う事になるのでしょうけどね。

何とも不思議な空間です。



再び歩き始めます。

今目指しているのは、ベルリンの象徴とも言えるあの建物。

やっぱりここは初日に足を運んでおかなければなと思ったので、その付近の見所と合わせて散歩する事にしたのです。

そんなベルリンの象徴と言えば、やっぱりこちらですね。

IMG_000020 (33)
ブランデンブルク門

いやー!想像通りのその威容!

思い描いていた舞台に今立っているという感動に、しばらく言葉を失い門を眺めていました。

IMG_000020 (34)
18世紀末にプロイセン王国の凱旋門として建てられたこの門は、統一ドイツの象徴的存在でもあります。

東西ドイツが分裂していた頃は、このブランデンブルク門の前にベルリンの壁がそびえ立っていましたが、その壁の上に立つ多数の民衆の姿は、まさに冷戦の終わりを象徴する光景です。

恐らくそんな写真を誰しもが社会科の教科書で目にしたことがあるのではないでしょうか?

IMG_000020 (35)
まさに歴史の証人でもあるこちらの門。

今は誰もがこの門を自由にくぐりぬける事ができるので、間近でその迫力ある立ち姿を感じる事もできます。

IMG_000020 (36)
一旦そのまま門をくぐり抜け、近くの見所へ。

IMG_000020 (37)
こちらはドイツ連邦国会議事堂

正面が工事中で入れないのが残念でしたが、重厚な佇まいです。

IMG_000020 (38)
再びブランデンブルク門の前に戻って来ました。

門から延びる大通りは、ウンター・デン・リンデン。

ベルリンの目抜き通りとなります。

この通りを進んで行くと様々な見所に行くこともできるのですが、如何せん今日はもう日没です。

かなり視界は暗くなってしまったので、そういった見所へは明日訪れることにしましょう。

IMG_000020 (39)
と言うわけで、今日は夜でも楽しめるスポットへ。

IMG_000020 (40)
まずやって来たのはこちら。

Curry36と言う、ベルリン名物カリーヴルストの人気店です!

IMG_000020 (41)
ソーセージは腸詰のミット・ダルムと、腸詰で無いオーネ・ダルムがあるのですが、とりあえずオーネ・ダルムを注文。

これで1.8ユーロでした。

ビールと共に頂くと、これがもうめちゃくちゃ美味しい!

要はケチャップをかけたソーセージに、カレー粉をかけただけですよね?

何でこんなに美味しいのでしょう!?

IMG_000020 (42)
迷わず追加投入、今度はミット・ダルムにポテトも付けてみました。

このポテトマシマシ!ケチャップ、マスタード、マヨネーズマシマシ!!!

どう考えてもジャンクですが、マシマシ欲を満たしてくれる素敵な料理でした。

IMG_000020 (43)
さて、ちょっとお腹を満たした所で、こちらが本日最後の目的地です。

高くそびえ立つテレビ塔。

そのたもとで行われているのが、

IMG_000020 (44)
クリスマスマーケット!

ベルリンでクリスマスマーケットが開催されているのは何カ所もあるのですが、今回やって来たのは、宿から最も近いWeihnachtsmarkt am Roten Rathausと言う会場です。

IMG_000020 (45)
中に入ると、もう可愛らしい商品がいっぱい!

IMG_000020 (46)
お店によっては、こんな風に素敵なライトアップが施されていたり、見ているだけで楽しい気分になります。

IMG_000020 (47)
これまでタリンやヘルシンキでクリスマスマーケットの様子は垣間見ましたが、こちらのクリスマスマーケットはかなり大規模。

IMG_000020 (48)
何と観覧車にスケートリンクまであるのです!

これが常設では無く、この時期限定と言うのですからもう驚きですね。

IMG_000020 (49)
ドイツらしく、ソーセージの屋台も!

IMG_000020 (50)
ただ、もうカリーヴルストでお腹がいっぱいなので、ここは大人しく、

IMG_000020 (51)
ホットワインを頂きます!



ドイツ初日から盛り沢山の楽しい1日でした。

明日は1日じっくりと時間をかけて、ベルリンの街をもっともっと歩き回りたいと思います。

本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

はじめまして

こんにちは、いつも楽しく拝見させていただいております。
実は今年初海外で、ベルリン・ドレスデン・プラハを回ってきました。
ルートも同じみたいなので、なんだか嬉しくなって初めてコメントさせていただきました。
まったく知らない場所でも読んでいて楽しいのですが、一度訪れた場所だとワクワク感が半端じゃありませんw
これからもお体に気を付けて、世界一周楽しまれてください。
応援しております!

ヒースさん

コメントありがとうございます!
そうだったのですね!
3都市とも素敵な街ですよね…自分もすごく愛着を持ちました。
この3都市はかなり駆け足で巡ったので、どこまで追体験をして頂けるかわかりませんが、ぜひ記事の方を楽しみにして頂けると嬉しいです。
ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。