インドビザ取得まとめ(2019年2月現在)

2019年03月01日06:00  準備 写真あり

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



昨日、クラスの生徒に退職すること、世界一周に出ることを伝えました。

あまりに唐突過ぎる話だからか、何とも言えない空気となってしまいました…

母校に帰った時に担任がいないということになってしまうのは本当に申し訳なく思いますが、直接会えなくても生徒の未来に向けて何か力になってあげられたらと思います。

そして今日はいよいよ卒業式

笑顔で送り出してきます!



さて、本日より旅の準備編をお送りします!

とは言え、準備完了には程遠い状態ですが、出発まで残す所あと1カ月の怒涛の準備をお見せできればと思います。

まず第1回目は、インドビザについてです!



世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。






観光目的でインドを訪れる場合、ビザが必要となりますが、現時点ではそのビザが3種類あります。

それぞれの特徴を簡単にまとめると、以下のような感じです。



1.アライバルビザ

・現地空港への到着時に申請できるため、最も手間がかからない
・当日その場で発給
・有効期間は2カ月
・ダブルエントリーまで(3回以上の再入国はできない)
空路入国のみ(対象空港…6空港)



2.℮ツーリストビザ

・オンライン申請で完結するため、大使館、領事館に足を運ぶ必要がない
・最短1日で発給(入国4日前までに申請しなければいけない)
・有効期間は初回入国日から2カ月
・ダブルエントリーまで
空路、海路入国のみ(対象港…25空港+5港)



3.観光ビザ

・大使館、領事館に足を運ぶ必要があり、一番面倒くさい(郵送は申請・受取とも可)
・2営業日ほどで発給
・有効期間は最大6カ月
・マルチプル(何回でも再入国可)も発給可能
陸路入国可



自分の場合、インド滞在期間は2カ月弱といった所なので、期間についてはどのビザでも問題ありません。

また、入国回数も1回で済む予定なので、こちらもどのビザでも大丈夫。

ただ、旅のルートアジア編でも書きましたが、自分はネパール→インド→パキスタンと陸路で周りたいため、そうなると、選択肢は観光ビザのみ。

というわけで、一番面倒くさい方法ですが頑張って申請してきました。

これからインドの観光ビザを申請する方の参考になれば幸いです。



とは言え、あれを全部事細かに説明する気は残念ながら起きません。それくらい煩雑でした。

そんな煩雑な申請の流れを、ものすごく詳しくまとめているブログがありましたので、代わりにそちらを紹介したいと思います。



【2019最新版】 インドビザの申請・取得方法、徹底解説パーフェクトガイド(5 STAR TRAVELERさん)

申請準備の間、こちらの記事を穴が開くほど熟読させていただきました。ありがとうございます!



基本的な所はこちらのブログを熟読して頂くとして、本記事では最新情報ということで、リンク先の記事が書かれてから事情が変わってしまった所を中心にまとめていこうと思います。

なお、私が申請したのは在大阪インド総領事館ということで、東京インド大使館に申請に行かれる方はまた別途お調べください。



申請時に必要なもの

・申請書(オンラインで作成)

・パスポート(残有効期間6カ月以上、余白2ページ以上)

申請料1,550円
(以前は郵送受取の場合、郵送料も事前に支払うようでしたが、今はゆうパックの着払いなので申請時に支払う必要はありません)

・写真1枚(5×5cm、背景白)

・インド出入国日がわかるEチケット

健康保険証or運転免許証のコピー

過去に取得したインドビザ

インド滞在中のホテル予約表

(太字が変わった所、打消し線が現在は必要無くなった所です)



準備時の注意事項

【申請書類】

基本的にはリンク先の記事の通りで問題ありませんでしたが、注意すべき点としては以下のようなことでしょうか。

・本籍住所を記入する欄があるので事前に番地まで調べておく。パスポートの本籍都道府県と相違がないように!
(パスポート作成後に本籍地が変わった場合は、パスポート作成時の本籍住所を記入)

・父親・母親の情報は、死別・離別の場合でも記入する。

・職業欄の書き方注意!自分が申請した時もそれで突き返されている人がいました。リンク先の凡例がすごく参考になるので、適当に書かないように。

・インドの滞在先を記入する欄があるので事前に住所を調べておく。

・ほんのちょっとのスペルミスでも突き返されるそうなので、印刷前に穴が開くほど見直す。
(印刷後は修正は効かず、もう一度最初から作り直しになります)

・1ページ目左下にバーコードが付いているので、少し小さめに印刷してバーコードが切れないようにする。



【写真】

安く済ませたい方は、自分で撮影→アプリで加工→コンビニでプリントで、30円でできるそうですが、面倒な方はスピード写真をおすすめします。写真屋さんは高いですし。

ただ、条件である5×5cm、背景白を満たすスピード写真が近くにあればの話ですが…

一応FUJI FILMのスピード写真が、条件を満たしてくれるサイズ・背景色ともに条件を満たしてくれるとのことなので、検索サイトのリンク貼っておきます↓

証明写真ボックス設置場所検索(富士フィルム)



【Eチケット】

恐らくこれが一番のネックになる所だと思います。陸路入国したいから観光ビザを取るのに航空券が必要って、何たる矛盾。

そのため、多くのバックパッカーは、いわゆる「空チケット」と呼ばれるものを用意することになるでしょう。

実際にそのチケットを使うのではなく、ビザ申請のためにチケットを用意し、事が済んだら捨てるかキャンセルするというものです。

アメリカ運輸省の規則を根拠に、リンク先の記事では、
米系エアライン、ANA、JALの北米サイトからの航空券の発券→24時間以内のキャンセルを強く薦めていますが、実はここに大きな落とし穴が!


自分はリンク先の記事からANAの北米サイトに飛びチケットを予約、その後サービスセンターに電話してキャンセルの申し出をしました。

で、結論から言うとキャンセル料が2万円

なぜかというと、ANAの北米サイトと一口に言っても、アメリカサイトとカナダサイトとそれぞれ別にありまして。

で、リンク先の記事が書かれた当時は、ANAのカナダサイトでもアメリカの法律に準じて同様のサービスをしていたのですね。

それが2018年4月に終了したと。

リンク先の記事にはカナダサイトの案内が載せてあり、そこから飛んでるリンクもカナダサイトですが、今はその案内ページは存在していません!

当然、ここで予約するとキャンセル料無料にできません!

自分でしっかりと出典を確認しなかったのがいけないのですが、何て痛すぎる出費…

これからビザを取得される皆様は、アメリカサイトで予約をしてください!



申請当日

申請時間は平日9:30〜11:30、受取時間は平日15:30〜16:30と、以前の情報と変わりありません。

気をつけたいのは、インドの祝日などで領事館が休みになる日があるということです。

一応、領事館の休館日のリンク貼っておきます↓

2019年 インド大使館領事部の休館日



場所はこちら。最後に、他の情報と合わせた地図を作っておきました。

住所:大阪府大阪市中央区久太郎町1丁目9−26 船場ISビル10階

大阪メトロ堺筋線・中央線の堺筋本町駅の目の前です。

IMG_6041.jpg
堺筋本町駅に着いたら、6番か7番出口を目指しましょう。

どちらの階段を昇っても、地上に出たら後ろ向きに進みます。

IMG_6042.jpg
すると、こんな案内が。こちらが船場ISビルです。

IMG_6043.jpg
エレベーターで10階まで昇ると、入り口があります。



到着したら、まずは窓口脇のノートにアルファベットで名前を書きます。

あとはひたすら待つのみ!



この間に書類の不備があったら整えておきましょう。ハサミとノリは備え付けてあったので、写真を貼ったりサインをしたりと。

すぐ近くにコンビニもあるので、足りない書類のコピーはそこで。



呼ばれたら書類一式を渡して、再びひたすら待つ!

もし郵送受取を希望する場合はこの時に伝えましょう。ゆうパックの用紙を頂けます。



改めて名前が呼ばれた時に、書類が受理されるか突き返されるかがわかります。

問題ないようなら、これで申請は完了です!



自分の時は待ち時間が概ね1時間ほどでした。

ギリギリの時間でも受け付けてはもらえていましたが、混み合う前に、時間に余裕を持っていくことをお勧めします。



最後におまけ。



ビザの申請が終わるころには、ちょうどお昼ご飯の時間となります。

インドだからというわけではないのですが、この辺り、美味しいカレー屋さんが本当に多くて。

現地テイストのものもありますが、独自の発展を遂げたスパイスカレーが、大阪ではかなり幅を利かせています。

いくつかおすすめ店のリンクを貼っておくので、ぜひご活用ください!

全て実食済みなので、味は保証します笑

以下、食べログ↓

和レー屋 南船場ゴヤクラ

創作カレー ツキノワ

コロンビアエイト 堺筋本町店

セイロンカリー



IMG_6044.jpg
自分が申請した時は、ゴヤクラに行ってきました。

定番の「激辛チキンキーマ」と、限定の「牛豚合挽トマト」の合いがけです!



以下、領事館とカレー屋の地図です。





で、結果報告ですが、郵送受取にもかかわらず、何と申請の2日後に届きました!

まさかの領事館での直接受取よりも早いという笑

image2.jpeg
6カ月マルチのインドビザ、無事ゲットです!



というわけで、インドビザ申請まとめでした。

これからインドビザを申請する人の助けに少しでもなれたら、この記事も報われます。

みんな無事に取れますように…



それでは、本日はここまで!次回も準備関係の記事をあげます。よろしくおねがいします!



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事
トラックバックURL

http://chiritabi.blog.fc2.com/tb.php/28-2b3d8aed

前の記事 次の記事