記事一覧

感涙のインスパイア!ワルシャワへの移動

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムはハンガリーへ移動!

駆け足のヨーロッパ旅ですが、ここハンガリーでは久しぶりにゆったり過ごそうと思います。

そのためにもどうにか今日中にブダペストに着きたいのですが、結構乗り継ぎが複雑なようで。

上手く行くと良いのですが…





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年12月11日
(世界一周254日目)
【ヴロツワフ→ワルシャワ】
1ズウォティ=28.09円
100ズウォティ=2809円






おはようございます!

IMG_000028 (2)
今朝はのんびりブログを更新。

ワルシャワまでのバスの出発時間は10:00過ぎなのですが、このくらいの時間だと街歩きをするにも微妙なので、コーヒーを頂きながらのんびりと宿で過ごす事にします。

IMG_000028 (3)
9:30頃、ボチボチ宿を出発しますが、もうめちゃくちゃ良い天気…

こればかりは仕方ありませんけど、どうせなら街歩きの日にこんな天気だったら良かったのになぁ…

IMG_000028 (4)
ヴロツワフ、小人くらいしかイメージがありませんでしたが、可愛らしい旧市街に、綺麗に整った新市街、すごく居心地の良い街でした。

と言うか、ここなら住みたいと本気で思った街です。

ぜひ付近を訪れる予定の旅人は、ヴロツワフもお忘れなく…

IMG_000028 (5)
こんな前衛的なモニュメントが。

まだまだ歩いていない通りも無数にありますし、居れば居るほど発見があるのでしょうね。

IMG_000028 (6)
そして新市街にもラスト小人!

針金で結ばれたパラシュートを背負っていますね。

彼らのお陰で本当に楽しい滞在になりました!

IMG_000028 (7)
と言うわけで、のんびり新市街を歩いていたら出発時間ギリギリの到着となってしまいました。

このショッピングモールからもバスターミナルには行けますが、

IMG_000028 (8)
本来の入口はこちら。

IMG_000028 (9)
そのまま地下のターミナルへ急ぎ足で向かって行きます。

間に合うか…

IMG_000028 (10)
良かった!まだバスは来ていないようです。

ワルシャワまでは4時間半ほどの行程。

本日泊まる宿のチェックインが15:00~なので、ワルシャワのバスターミナルから中心部に出ると、ちょうど良い時間になります。

あわよくばチェックインの後、近場の見所を1カ所2カ所と歩き回ってみたい所なのですが…

IMG_000028 (11)
そんな願いは脆くも崩れ去ってしまいました。

75分遅れってどう言う事やあああああ!!!!!

もうこの分だと宿に到着する頃には日が暮れてしまうので、今日は本当にただの移動日になりそうです。

IMG_000028 (12)
とは言え、どんなに嘆いてもバスは来ないので、75分ヒマを潰す事に。

メインバッグをベンチに括り付け、ターミナル併設のショッピングモールをウロチョロしていました。

IMG_000028 (13)
って言っても、ほぼメイソウで時間を潰していたのですが。

皆さんはメイソウってご存じでしょうか?

東京の銀座に本社がある雑貨ブランドです。

一見するとユ〇クロのような、〇印良品のような、はたまたダイ〇ーのような…そんな店構えのこちらは、何と中国の会社。

名創優品産業と言う会社が世界80カ国に展開しているお店なので、恐らく長く旅をしている人なら必ず目にした事があるはず。

日本では都内やイオンモールを中心に数店舗が営業しています。

中を見ると、確かに日本のそれらを彷彿とさせるような品揃えに陳列の様子。

知らない人ならば、これは日本のメーカーだと思い込んでしまう事でしょう。

ただですね、こないだの中華料理と共に扱う寿司の話もそうなのですが、特に海外展開を行う場合って、その国のイメージもまた同時に背負っていると思うのです。

なので、もし自国以外の物を売りにして海外に展開するのであれば、せめてその国の事を尊重する姿勢は持って欲しい物だなと。

実際の所、以前は日本産である事を前面に押し出すマーケティングが虚偽であるとして批判に晒された事もあります。

現在ではこの問題は解消されたようですが、こうした不誠実な商売の被害を受けるのは、他ならぬ日本です。

問題が解消されてもなお、日本人がこの店舗を見たら、「あぁ、あのお店に似ているな。」と露骨に感じる店舗や商品ですし。

そうした海外発のブランドが日本を語って世界に進出する、それだけで、あまりいい心持ちはいたしません。

儲かれば何をしても良いのかと感じてしまいます。



IMG_000028 (14)
さて、そんな事を思っているうちに75分が経過しました。

ターミナルに戻るとFlix Busが何台も停まっています。

しかし、ベルリン行き、ドレスデン行き、ブダペスト行き…お目当てのワルシャワ行きはありません。

IMG_000028 (15)
電光掲示板を見ると、



さらに遅延してるー!

もうしばらく待たなくてはいけないようです。

お馴染みのオレンジと黄緑のバスが来る度に行き先を確認しますが、ことごとくワルシャワ行きはやって来ません。

遅延しているため乗り場の案内もコロコロと変わるのですが、如何せんアナウンスはポーランド語なので一切理解ができません。

気が付いたら乗り場が変わっていたりして、その度に荷物を持って移動しているのですが、気付かない事もしばしば。

そんな時ふと後ろの出発しようとしているバスを見ると、何と乗ろうとしているワルシャワ行きじゃないですか!!!

IMG_000028 (16)
慌ててバスを停め、乗車。

危なかった…

定番のFlix Busのカラーリングでは無かったので、ついつい見過ごしてしまっていました…

IMG_000028 (17)
さて、ここからは単調な景色が続きます。

この時期に農牧地を走っても、作物が植わっていなかったりする事も多いので、正直景色は面白みに欠けるのですよね。

それなら調べ物でもしようかと思ったのですが、今回に限ってWi-Fiの調子が悪く繋がらず…

ワルシャワまでの4時間半、ヒマだなぁ…

IMG_000028 (18)
途中、いくつかの街で停車をするため、ダイレクトにワルシャワに向かうよりは時間がかかってしまいます。

IMG_000028 (19)
ちょうど中間点くらいのウッチのバスターミナルには、15:00頃の到着。

もうこの時点でだいぶ日も傾いていましたので、ワルシャワ到着の頃には真っ暗でしょうね。

IMG_000028 (20)
ほら。

17:00過ぎにワルシャワの西バスターミナルに到着いたしました。

そして見て下さいよこのバス!もうカラーリングが全然Flix Busに見えません笑

こんな紫色のバスですから、普通にスルーしてしまっていたのです。


1.西バスターミナル
2.パッチワーク・ワルシャワ・ホステル
3.Yatta Ramen
4.Yatta Ramen2号店

IMG_000028 (21)
また、ここに来て寒々しさが復活してきました。

温度計の表示は2℃。

やはり東に向かうほどヨーロッパは寒くなりますね。

IMG_000028 (22)
バスターミナルから市内中心部まではバスで向かいます。

127番、158番、N35番、N85番などが中心部方面に向かうバス。

IMG_000028 (23)
そして、18:00を過ぎた頃、ようやっと本日の宿に到着です!

長かった…

今回ワルシャワでお世話になったのは、パッチワーク・ワルシャワ・ホステルです。

IMG_000028 (24)
ドミトリー1泊31.05ズウォティ。

バー併設なので深夜には外から奇声がよく聞こえますが、ちゃんと部屋とはキーロックで分けられているので、ホステルにいる限り被害が及ぶ事はありません。

ホステル自体は、セキュリティーボックスもあり、そこそこのWi-Fi、広い共有スペースにキッチンと、居心地は良好です。



IMG_000028 (25)
さて、もうすっかり日も暮れてしまっていますが、今日はどうしても1カ所行きたい所があるのです。

IMG_000028 (26)
それはこちら、Yatta Ramenと言うラーメン屋!

実は、以前出会ったラーメンの鬼・おにさんからおすすめしてもらったお店なのです。

あ、おにさんは世界中のラーメン屋を食べ歩いてはブログにしたためているのですが、この前で会った時に紹介を忘れていました。

海外を長期で旅する時にはもの凄く参考になると思うのでぜひご覧ください↓

おにブログ



何でもこちらには、自分が愛して止まないあのメニューがあるとの事なのですが…



そのメニューだけ今は取り扱いしていないですって!?

そんな…せっかくやって来たのに…

すると、このYatta Ramenの2号店が近くにあって、今はそちらでお目当てのメニューを販売しているとの事でした。

IMG_000028 (27)
早速2号店に向かいます!

もはや気持ちが先走っていたため、ワルシャワの街を全力疾走!

IMG_000028 (28)
店主のコレクションでしょうか?店の中は日本の飲食店のポスターが多数掲示されています。

IMG_000028 (29)
磯丸水産に中華そばとみ田…もう惹かれる写真ばかり…

こう言うのを新手の飯テロと言うのでしょうね。

さあ、そんな素敵なラーメン屋で注文したメニューはこちら!



IMG_000028 (30)
二郎系ラーメンです!!!

このうず高くそびえる野菜の山…これこそ自分が追い求めていたやつ!

東南アジアには二郎系を出すお店もチラホラあるのですが、それ以外だと関西にあるラーメン荘系列の「夢を語れ」がボストンに進出している事しか知りませんでした。

となると必然的に二郎系を味わうのはだいぶ先になるなと思っていたのですが、まさかここワルシャワで二郎を味わえるとは。

もう感涙でございます…!

IMG_000028 (32)
ちゃんとメニューにも「JIRO-KEI」とありますね。

素晴らしい。

IMG_000028 (31)
しかし、麺を持ち上げてみると、何とこれが細麺。

二郎と言ったらあのワシワシと頬張るように食べる極太麺が最大の特徴なのに…

ちょっと地雷感を抱いてしまいましたが、食べてみるとこれがなかなか行けるのです。



スープは豚骨の非乳化で、醤油感がちょっと強め。

アブラは背脂では無いのが残念でしたが、かなり強めに効いているのでこってり感は感じます。

野菜の茹で具合は丁度よく、日本の二郎インスパイアよりキャベツ多めのモヤシ少な目でした。

そして豚はあまり入っていないように見えますが、

IMG_000028 (33)
底の方から出て来る出て来る!

ちょっと薄めではありましたが、計5枚のチャーシューが。

また、ニンニクもこれまた一切視界に入らないのにほとばしるニンニク臭。

これもスープの底にたっぷりと入っていました。

IMG_000028 (34)
無我夢中で完食!

最っっっ高に!美味しかった!!!



正直、この一連の紹介を見た方は、「いやいや、二郎ちゃうやん」とお思いの事でしょう。

実際、これを二郎系として日本で売り出したら干されるレベルだと思います。

ただ、日本から遠く離れたワルシャワで、できる限りの創意工夫を凝らし二郎系ラーメンを表現した、そんな二郎を愛するお店がある事が、素直に嬉しかったのです。

IMG_000028 (35)
ワルシャワの二郎インスパイアは、二郎をしっかりと思い出させてくれる、本当に素敵なお店でした。



IMG_000028 (36)
大満足で店を後にします。

IMG_000028 (37)
もうお腹も一杯なので、宿の共有スペースでビールだけ頂き、あとはのんびり。

明日は今日の分までワルシャワの街を歩いてみたいと思います。

ここまで印象のかなり良いポーランド、明日はどんな1日になるのでしょう?

本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。