記事一覧

国宝!マンガリッツァ豚を追い求めて

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



本日よりアイスランドのレンタカー旅がスタート!

今日は手始めにシルフラと言う所に向かって行きます。

こちらではシュノーケリング&ダイビングを。

アイスランドで地理的なキーワードと言えば、プレートの広がる境界が有名ですが、まさにそこで潜る事ができるのです…!

きっと果てしなく寒い事でしょうが、そこに広がる光景はどんな物なのでしょうね…?





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年12月21~27日
(世界一周264~270日目)
【ブダペスト】
1フォリント=0.37円
100フォリント=370円



1.中央市場
2.Mammut



おはようございます!

本日よりブログはしばらくブダペスト滞在編となります。

例によって怠惰な生活を送りましたので、1日単位の日記はとても記す事ができません。

と言う事で、何記事かに分けてブダペストでの生活の様子をダイジェスト的にお送りしようと思います。



まず第1弾は、ブダペスト到着翌日の話がメインです。

お世話になっていたアンダンテホステルは日本人宿なので、短期旅行から長期旅行から、様々な日本人旅行者がいました。

その中で早いうちに仲良くなったのが、ゆうこさんとももちゃん。

3人で「せっかくだしハンガリーらしい物を食べたいねー」と言う話になり、この日は市場に買い出しに向かう事に。

IMG_000038 (2)
さあ、お目当ての食材に巡り合う事はできるのでしょうか?

早速出発です!

IMG_000038 (3)
重厚感のある街並みが素敵です。

ブダペストは2度目なので、そんなにあれこれ歩いたりはしないつもりですが、天気の良い日にちょっと散歩とかするのも気持ち良さそうですね。

IMG_000038 (4)
途中、こんなお店を発見。

全くハンガリー関係ありませんが、ビャンビャン麺のお店です。

この漢字、最も画数の多い漢字としても知られています。

IMG_000038 (5)
麺切りの機械を食い入るように見つめる自分たち。

そんな寄り道をしながらやってきたのが、こちら!

IMG_000038 (6)
雰囲気のあるレンガ造りの建物が印象的なこちらは、ブダペストの台所、中央市場です!

IMG_000038 (8)
中はさすがの大賑わい!

クリスマス的なイルミネーションも綺麗でした。

とりあえずこちらでお目当ての食材を求めて歩き回るのですが、その前にやっぱり腹ごしらえを済ませておかなければいけませんね。

IMG_000038 (9)
中央市場は主に1階が食品売り場、2階がお土産類や食事処などのエリアとなっています。

IMG_000038 (10)
レースだったり、

IMG_000038 (11)
可愛らしい民族衣装なんかも。

IMG_000038 (12)
色々な雑貨もひとしきり揃っているので、ここでお土産を買うのも良さそうです。

IMG_000038 (13)
そしてご飯はこんな感じ!

IMG_000038 (14)
色々なお総菜にビールやワインなんかを色々買って、店頭に設置されている席に座って頂く事ができます。

できたら自分たちもそんな感じでご飯にありつきたかったのですが…

IMG_000038 (15)
もう混み過ぎ!!!

これは到底席など見つけられそうにないですね…

IMG_000038 (16)
結局、ちょっとお高かったのですが、どうにか席が空いているレストランを見つけ、そこで食事を頂く事に。

こちらのスープはハンガリー名物のパプリカのスープ、グヤーシュです!

IMG_000038 (17)
3人で記念撮影。

楽しい食事でした。

IMG_000038 (18)
さあ、お腹も満たされた事ですし、1階フロアを歩き回ってみる事にしましょう!

うず高く積まれた食材はやっぱり市場ならではですね。

IMG_000038 (19)
これはスパイスやドライフルーツ、ナッツなどが入ったチョコレート。

一体どんな味がするのでしょう…?

IMG_000038 (20)
お店は野菜なども充実しているのですが、肉類を扱うお店が特に多かったです。

部位も様々、こちらは豚足に、

IMG_000038 (21)
ホルモンなんかもバリエーションが本当に豊富でした。

今回のお目当てはこの肉類!

中でもマンガリッツァ豚と言う豚の肉を塊で買おうと、こちらにやって来たのです。

マンガリッツァ豚とはハンガリー固有の豚なのですが、その希少性から何と国宝に指定されている豚なのです。

国宝なんて食べて良いのかと正直思う所ではあるのですが…笑

ただ、味は本当に絶品らしいのですね。

何でも、まるで霜降りの牛肉のような脂のノリで、豚なのに半生で頂く事ができるとか。

そこで今晩は、このマンガリッツァ豚をたたきにでもして食べようと目論んでいるのです…!

IMG_000038 (22)
ただ、残念ながら1階フロアにはマンガリッツァ豚の生肉を取り扱うお店はありませんでした。

さらに捜索を続けるべく、地下1階へと向かいます。

IMG_000038 (23)
1階フロアや2階フロアが物凄い人だったのに対し、こちらはなかなか閑散としていました。

と言うか中央市場に地下1階がある事自体、あまり知られていないのかもしれません。

このあたりは魚屋などが目立っていました。

IMG_000038 (24)
内陸国であるハンガリーですが、あんこうなど、なかなか他の国では見かけない魚も売っていたり、結構見応えは抜群です。
※ご指摘を頂きましたので調べてみた所、大ナマズでした。謹んで訂正いたします。
(そして、やはり鮟肝は日本に帰らないと食べられないのですね…)


IMG_000038 (25)
そしてこのフロアにも肉屋があったのですが、ここにはマンガリッツァ豚の案内が!

ただ、こちらのお店ではハムやサラミのみの取り扱いでした。

IMG_000038 (26)
そして最終的に行き着いたのが、こちらのステーキ肉の専門店。

マンガリッツァの案内もきちんとあったので、ここなら念願のマンガリッツァ豚の生肉が手に入るはず…!



と思っていたのですが、



「年内はマンガリッツァは売らないよー」



残念ですがもう年末ですからね、致し方ありません。

普段ならこの中央市場の地下で購入するのが、最もお手軽な方法なのでしょうね。

IMG_000038 (27)
もう1カ所当てがあるので、次なる目的地に向かいます。

IMG_000038 (28)
ドナウ川に架かる橋を渡り、今度はブダ側へ。

IMG_000038 (29)
ブダペストの中でも有名な温泉であるゲッレールト温泉の前からトラムに乗車します。

IMG_000038 (30)
そしてやって来たのがこちら、Mammutと言うショッピングモールです。

IMG_000038 (31)
中は全くもって市場な雰囲気はしないのですが、2階のフロアを奥へ奥へと進んで行くと、

IMG_000038 (32)
この通り、市場があるのです!

ここにはマンガリッツァ豚の専門店があるので、確実に手に入れる事ができるそうなのですが…

IMG_000038 (33)
そもそも市場自体がシャッターだらけでした笑

何でも土曜日は14:00にお店が閉まってしまうそうなのですが、この時点で時刻はもう14:00前後。

そしてこの市場は日・月曜日が休業との事なので、タイミングによってはこのように豚が手に入らない事もあるのです。

ただ、まだまだブダペストには滞在するので、めげずに後日再チャレンジするとしましょう。

IMG_000038 (34)
とりあえず市場内にあった酒場で、

IMG_000038 (35)
ワインを飲んで帰りました。



さて、市場に行ったこの日が12月21日。

12月22~23日は市場がお休みなので、次のチャンスは12月24日です。

また、その後得た情報によると、何でも12月25~26日は市場がクリスマス休みになってしまうとの事。

自分がブダペストを発つのは12月27日。

と言う事は、長い滞在のようで、マンガリッツァ豚を手に入れるチャンスはあと1日しか残されていないのです…!

IMG_000038 (36)
と言うわけで、12月24日に改めて市場に向かいます。

この日は近所のスーパーも午前中で営業を終えクリスマス休みに入ってしまうため、シェア飯をしていたみんなで明日以降の食材を分担して買いに行く事に。

自分は、写真のかい君と共にマンガリッツァの買い出しです!

IMG_000038 (37)
さあ、今度はちゃんと買う事ができるのでしょうか…?



IMG_000038 (38)
はいーしまってるー

IMG_000038 (39)
マンガリッツァの専門店も、この通り。

今日は市場も午前中は営業していると聞いていたのですが…市場の休業日とクリスマス休みが近いため、便乗してお休みにしていたお店も多いのでしょうかね。

IMG_000038 (40)
結局、酒場でヤケ酒をして収穫無しで帰る事に。



と言う事で、6泊もしたにもかかわらず、まさかのマンガリッツァ豚にありつけないと言う悲劇に見舞われてしまいました…笑

ただ、マンガリッツァ豚を買うための情報は色々と手に入ったので、せっかくなのでこちらの記事でまとめておきます。

【中央市場】
地下1階のステーキ肉のお店で購入可能なよう。
※市場は日曜休み

【Mammut】
モール2階の最奥部に市場あり。
マンガリッツァ豚の専門店もあり。
※市場は日・月休み



これだけ見るとそんなに手に入れるのは難しく無さそうなのですが…クリスマス&年末と重なってしまった事が運の尽きでした。

結果としてマンガリッツァ豚を堪能する事はできませんでしたが、その悔しさを全てシェア飯にぶつけたので、次回はそんな日々の食事の様子をお送りいたします。

本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

No title

あんこうでしょうか?
 なんとなく、ナマズにみえるのですが、ひげから。。。
 さかなくんじゃないのでわかりませんが

ととさん

調べてみた所、大ナマズでした!
お教えいただきありがとうございます。
鮟肝が食べた過ぎて、つい間違えてしまいました笑

No title

どこかであん肝食べれるといいですね。

ととさん

はい笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。