記事一覧

教師を辞めて旅に出る理由

こんにちは、まるです!

今日もよろしくお願いします!



受験生の担任ということで、なかなかブログを書くまとまった時間は取れませんが、マイペースに更新していこうと思います。

ぜひご一読いただけるとうれしいです!



それでは前回の続きを。






教員としてのキャリアをスタートさせてから数年。



学校にも慣れ、未熟ながらも自分なりの授業や担任としてのスタンスが少しずつできてきました。



ただ、そうした時に湧き上がる旅欲。



一番の理由は、「こんな授業ができるようになりたい!」という姿がイメージできてきたことと、そして何より、このままではその目標に到達するのが難しいと感じたことです。



今自分が勤務しているのは、いわゆる進学校と呼ばれる所です。



選択科目である地理の場合、東大とか京大とか、最難関と呼ばれるような国立大学では、文系のどの学部でも二次試験の受験科目となっていますが、それ以外の大学(私立も含む)では、受験科目になっていないことも多いという現状があります。



こうしたことから、地理の需要(選択する生徒の多さ→教員採用の多さ)は、進学校とそうでない学校では雲泥の差となっています。



そういったこともあり、自分も進学校に絞って採用試験を受けてきました。



ただ、進学校となると、教科の楽しさに触れるよりも、受験テクニックを優先する人が、教師も生徒も一定数います。



もちろん進学校に入った生徒の目標が志望校合格だとするならば、その目標を叶えてあげられる授業をするのは大切です。



だからといって、学校は受験マシーンを育てる場ではないと思っています。



自分の目標とする授業は、
楽しみながら地理を学んでたら、自然とどの大学にも受かる力がついていた
というような授業です。



受験テクニックに走って、
ここからここまで丸暗記しましょう。受験に出ますよ
というような中身のない授業はしたくない。



では、今の自分はどうなのか。



合格までに理解させるべきことのイメージはかなり持ててきたとは思います。ただし、それを魅力ある授業として落とし込めているかというと、まだまだ未熟な部分が多いのが現状です。



ただ、そんな中でも、楽しく力をつけさせるという面で自分が手ごたえを感じている所もあります。



10170820_682245925144230_8529054792190880104_n.jpg
それがの話です。



授業の中で、旅の話を織り交ぜたりすると、明らかに授業の密度や生徒の反応も変わってきます。



教科書や資料集にはたくさんのデータや写真が紹介されており、それを説明する本当によく練られた文章も書かれていますが、それだけではなかなか理解が進まなかったり、ミスリードを引き起こしてしまいかねません。



そうした問題を解消するのが授業です。



この統計からこんなことがわかるよ~
こうなっている背景は○○だからだよ~
「○○が言えるということは、△△ということも言えるよね~
なんて話を授業でしていくわけです。



でもその題材となる話は、生徒からすれば見たことも聞いたこともないようなものも多いわけで。



実感が持てないテーマだと、なかなか理解も進んでいきません。



そんなとき、生徒に実感を持たせることのできる自分の最大の武器がの話なんです。



じゃあ、地理教師はみんな旅に出れば良いじゃないかとなりますが、そんな簡単な話ではありません。



最近、教員の労働時間に関する報道をよく目にしますが、教師の休みは本当に少ないです。



また、それだけ働いているにも関わらず、部活動や校務分掌、生徒対応、保護者対応、校内事務などなど、授業以外の部分が占める時間が多く、授業をブラッシュアップするための時間を捻出することもままなりません。



そうなると、自分が今感じている課題を拭い去り、目標とする授業の姿に到達するのは、一体いつの話になるのだろう?などと、考えてしまうのです。



それならいっそ、退職して、一気に世界中を周って、その経験を社会復帰して思いっきり還元したらいいじゃないか!と。



そんな理由から、地理教師を辞めて旅に出ることにしました。



今の立場を捨てる不安、旅中の不安、帰国後の不安と、悩みは尽きませんが、それよりも旅や今後への期待感の方が大きいです。



旅でそうそう人は変わらない」とよく耳にしますが、これまでの旅が今の自分に影響を与えているのもまた事実です。



学生のころの自分が旅中に感じたことと、これから旅に出て感じることはどう違ってくるのか。



世界一周を終えたあと、どんな人生を歩んでいくのか。



ただただ楽しみです。





これから、旅のこと、地理のことなど、感じたことをどんどん投稿していこうと思います。
このブログを通じて、リアルでは出会うことのない方々と、旅のこと、様々な思いなど共有していけたらと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします!



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

応援します。

生徒さんがチリ旅先生の授業が待ちきれない!って思うような先生になってくださいね。私は、20代後半に、似たような理由で青年海外協力隊に参加しました。(当時はSEでした)その後色々な流れで、現在はシドニーで教師をしています。教育は地球を救うという信念で。

宇宙船地球号さん

コメントありがとうございます!
「教育は地球を救う」…素晴らしい信念だと思います…!
自分も理想の授業が実現できるよう、一生勉強のつもりで精進していきたいと思います。
昨今のコロナの情勢を鑑みると思うような旅はなかなかできませんが、何とかこの経験を先へとつなげていきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。