記事一覧

運転免許関係まとめ(国際免許証・翻訳)

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



本日がいよいよ家の退去日となります!

13時に鍵を引き渡し、そのまま旅の荷物一式と、当座の仕事で使う荷物を詰めた段ボールを持って、ゲストハウスにチェックイン!

楽しみなのが共有スペースでの旅人同士の交流です。

どんな旅人の方と出会えるのでしょうかね?

たった10日程ですが、仕事終わりに旅気分が味わえるのはなかなか熱い!

せっかくの機会なので、早く仕事終わらせて寄り道せずにお家に帰ろうと思います笑



さて本日は心機一転新たなテーマ、運転免許関係まとめです!





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。






公共交通機関の便が悪かったり、見どころが郊外に点在している(特に自然系のスポットが多い)国なんかでは、レンタカーを借りて旅する人をよく目にします。

自分は、一昨年から昨年にかけての年末年始で周ったニュージーランドの旅で、初めてレンタカーを使いました。



これがもう、本当に楽しくて!



移動中に絶景スポットを見かけたら、自分たちの気分で車を停めることもできますし、車内は自分たちだけのプライベート空間なので、気を遣わずにゆったり過ごすこともできます。

バックパッカー旅の移動って、全てではないですけど、ただただ長い時間が過ぎるのを耐え抜くような場面もあったりするんですね。

レンタカー旅は、移動ってこんなに楽しかったんだ!と、旅の新たな魅力に気付かせてくれました。

なので今回の旅でも、レンタカー旅はしようと思っています。



海外で運転する時に必要なのがこちら。

IMG_E6095.jpg
国際免許証です!

わざわざここに書くまでもないくらい取得は簡単なんですが、まとめ記事ということで一応記しておきます。

なお、自治体によって金額や手順に若干の違いがあるかも知れないので、申請される方は、自分の居住地の申請方法を事前に調べてみてください。



国際免許証の申請方法
(まるの居住地Ver.)

必要な物

・日本の運転免許証
・パスポート
・写真1枚
・印鑑
・(以前国際免許証を申請した人のみ)国際免許証
・手数料2350円


申請手順

1.免許センターや警察署など、自治体が指定する申請場所に行く。

2.「国外運転免許証交付申請書」をもらい、記入。

3.金額分の収入印紙を購入。

4.窓口で必要なものをまとめて提出。

5.交付完了!



これは場所によりけりだと思いますが、自分の場合、書類提出から交付までたったの20分ほどで完了しました!

いずれにしても即日発行はしてもらえるでしょうし、費用もそんなにかかりません。

何より、国際免許証っていうくらいですから何か特別な講習とか受けさせられるのかと思ってましたが、こんなにお手軽に手に入れられるのがびっくりです!



ただし、この国際免許証には、少々のネックが。

長く日本を離れる人以外には関係のない話ですが、有効期間が1年なんです。

しかも海外での延長や再発行は行っていません。

自分の場合、旅の期間が2年ちょいということで、半分以上は国際免許証を使えない期間となってしまう!



ということで、色々と調べてみました。

すると、国際免許証が無くても運転ができる方法が見つかりました!



それは、各国の日本大使館に行って、日本の運転免許証の翻訳を作成してもらうこと。



ちなみに国際免許証はその表記にもあるように、license(免許)ではなく、permit(許可)って書いてあるんですね。

つまり、我々の運転資格を裏付けてくれているのはあくまでも日本の免許証です。

国際免許証は、各国との条約に基づいて日本人が海外で運転する際に、所有する運転免許証の翻訳証明書としての機能を果たしているに過ぎないとのことでした。



これだけ手軽に各国で有効な翻訳証明書を作ってくれるわけですから、国際免許証はやっぱりあると便利なのでしょう。

でも、もし国際免許証がなくても、日本の運転免許証が有効であるということが現地の人が分かる言語で公的に証明できれば、特に問題はないそうです。

全ての国でこのように解釈してくれるのかは不明瞭な所ですが、少なくとも自分がレンタカーを借りようと思っているナミビアアイスランドでは、日本の免許証の英訳があれば大丈夫とのことでした!



というわけで、面倒なことは避けたいので何とか1年以内にレンタカーを借りる予定の国まで行けるように頑張りつつ、もし無理なら大使館で日本の免許証の英訳を作成してもらうことにします!



レンタカーがちゃんと借りられるかどうかは結構ネックにしていた所だったので、見通しが立ってとりあえず良かったです。

もし免許証の英訳を作成することになったら、またそのまとめ記事もあげようと思うので(1年後ですが…笑)、その時はぜひ参考にしてください!



それでは、本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。