記事一覧

ダハブ到着!美し過ぎる海辺でのんびり

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムはカイロ!

テントにマラリア予防薬、米ドル現金…アフリカ縦断に向け、どんどん装備を整えつつあります。

カイロをもう少し楽しんだら、いよいよ南下!

ここからは自分にとって未知の国ばかりなので、ワクワクしております。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2020年1月13日
(世界一周287日目)
【(アカバ)→ダハブ】
1エジプトポンド=6.96円
100エジプトポンド=696円




深夜0:00過ぎ。

本来ならばまだまだ紅海のど真ん中をひた走っているはずなのですが、出航が早かったという事もあり、もう間もなく到着してしまうようです。

席に着いてウトウトし始めてからまだ小一時間、ようやくこれからが眠りの本番だという時に、船員に叩き起こされてしまいました。

IMG_000062 (2)
どうやら外国人は優先的に下船させてもらえるようで、船室の扉を閉め切った状態で外国人のみ外に呼ばれます。

人によってはビザ手続きもあり、ヨルダン人やエジプト人でごった返してしまうとなかなか取るのに時間がかかってしまうでしょうからね。

これは有難い対応です。

なお、乗船してすぐにカウンターにパスポートを預けさせられたのですが、これは入国手続きまでずっと船員が預かっていました。

恐らく不法入国などを防ぐための手立てでもあるのでしょう。

IMG_000062 (3)
さあ、港が近付いてきました!

正面に見えるピラミッドのようなオブジェが、エジプトに来たんだという気持ちを高めてくれます。

IMG_000062 (4)
そして下船!

世界一周37カ国目、エジプトに入国です!

自分は既にeビザを取っていたのですが、他の外国人の皆さんはこちらでアライバルビザを取得するようで、一緒に待たされる事に。

エジプトは本来ビザが必要なのですが、シナイ半島についてはノービザで訪れる事が可能なので、シナイ半島の空の玄関口シャルム・エル・シェイクから入国する場合はビザを発給してもらえなかった人がいたと言う情報を持っていました。

ヌエバの港についてはどうかわからなかったのですが、この後自分はカイロ、ルクソール、アスワン…とシナイ半島以外の街を巡って行く予定だったので、もしビザが発給されないと困る事から、念のためeビザを取っておいたのです。

結果的にはアライバルビザを発給してくれていたので杞憂に終わったのですが…

IMG_000062 (5)
入国審査を全て終えた時には、時刻は1:00をちょっと過ぎたくらい。

ここからダハブまでのバスが出発するのは6:00、まだ5時間も暇つぶしをしなければなりません。

これも事前調べの情報なのですが、ダハブ行きのバス乗り場の向かいにあるホテル併設のカフェが深夜でも営業しているという事だったので、そちらに行って時間を潰そうと思っていました。

しかし、ここまで引率してくれた船員が、

「朝まで港のベンチで寝ていて良いぞ。」

と、わざわざエジプト人やヨルダン人が入国審査待ちをしているベンチとは離れた、消灯されたスペースへ案内してくれました。

これは助かります…!

カフェは当然カフェなので、寝ると注意されたりもするらしく、しかも屋外で、Wi-Fiなんかもありません。

港にもWi-Fiはありませんでしたが、少なくとも雨風をしのげる場所で横になって眠りにつく事ができると言うだけで、こちらの方が居心地は良い事でしょう。

IMG_000062 (6)
お言葉に甘えて寝袋をセッティング、5:00過ぎくらいまで仮眠をとる事にします。




1.ヌエバ港
2.ダハブ行きバス乗り場

そして朝5:00。

まだ真っ暗ですが行動開始です。

港のATMでエジプトポンドを下ろし、身支度を整えて、いざバス乗り場を目指します。

IMG_000062 (7)
とりあえず、乗り場と思しき所へやって来たのですが…周囲にはバスの影も形もありません。

この右側の建物がホテル併設のカフェ。

そこのスタッフにバスについて尋ねてみる事にしました。

すると、6:00になると向かいの建物の門が開くので、そこにバスが停まっているとの事でした。

IMG_000062 (8)
時間まで待つと、確かに開いた門の中には立派なバスが停まっています。

いや、と言うか本当に立派…もっとローカルバス的なのを想像していたのですが、こんなのでダハブまで移動できるのなら、バスの中でも気持ちよく眠る事ができそうです、

ダハブまでは50ポンド。

ここに来て一気に安くなった料金に大歓喜しながら、荷物を預け、バスに乗り込みます。

6:30頃に出発したでしょうか、そこからおよそ2時間。

IMG_000062 (9)
完全に意識を失っているうちに、気が付いたらダハブのバスターミナルに到着していました。

バスターミナルは、ダハブの中心地から3kmほど離れています。

ターミナルではタクシーの客引きがしつこく話しかけて来ましたが、全て無視。

IMG_000062 (10)
宿まで歩いて行く事にします。

1月のダハブは寒すぎず、暑すぎず。

この気温でダイビングとなると少し肌寒いのでしょうが、ヨルダンから抜けて来た身としては、長袖を羽織ってポカポカと感じるくらいのこの気候が本当に嬉しいのです。

このくらいの気候なら、体力の続く限り何km歩いても苦になりませんしね。


1.バスターミナル
2.セブンヘブン
3.ディープブルー

IMG_000062 (11)
と言うわけで、ワディ・ムーサの宿を出発してからおよそ24時間、ようやく目的地であるセブンヘブンホステルに到着です!

IMG_000062 (12)
先程の写真が裏口、こちらが正面入口となります。

ダハブで日本人が集まる所と言うと、こちらのセブンヘブンと、すぐ近くにディープブルーと言う宿もありますが、安さで選ぶなら断然セブンヘブンがおすすめです。

IMG_000062 (13)
ライセンス取得やファンダイブなど、何かしらダイビングをする人限定ですが、ドミトリーは何と1泊40ポンド。

衝撃的な安さなのです。
※ドミトリーは上記の理由から、アプリなどでの予約はできないので、その点だけ注意が必要です。

ただし、Wi-Fiはほぼ瀕死、施設はおしなべて清潔とは言えず、シャワーは塩気が強い(これは他の安宿もそうですが…)などなど、設備だけを見れば決して居心地が良いというわけではないのですが…

ただ、何だかんだで日本人の旅人が最も集う宿ですし、設備以外の居心地は大変気に入ったので、ダハブ滞在中は思う存分こちらで羽を伸ばさせてもらいました。

IMG_000062 (14)
なお、ダイビングですが、今日は夜行明けと言う事もあるので、明日からやらせてもらう事に。

美しいダハブの海の様子は、次回以降の日記でお伝えしますのでお楽しみに!

では今日は何をしたのかと言うと、

IMG_000062 (15)
まずは宿に群がるネコと戯れたりしながら、午前中のんびりと過ごしました。

IMG_000062 (16)
誰かがエサをあげるからでしょうか、とにかくこちらの宿はネコで群がっているので、ネコ好きの方は大変気に入ると思います。

どのネコも人懐っこく、外のベンチで座っているとピョンと膝に乗ってきてくつろぎ始めます。

IMG_000062 (17)
そんな感じでまったりとしていた午前中。

IMG_000062 (18)
午後になってちょっと街をぶらつく事にしました。

IMG_000062 (19)
こんな感じで、お土産屋さんやカフェが立ち並んでいて、海を見ながらのんびり過ごすには打ってつけのエリアに宿はあります。

IMG_000062 (20)
そのうちの1軒に適当に入り、海を眺めつつ、

IMG_000062 (21)
ダハブ名物マンゴーマンゴー(40ポンド)を頂いたり、
※マンゴーシェイク&マンゴーアイス

IMG_000062 (22)
パスタ(100ポンド)を頂いたりしました。

3年前に訪れた時は、ちょうどポンドが大暴落していたという事もあったのですが、当時と比べると物価は2~3倍に上がっていました。

あの時は短い滞在ながらも毎日カフェ通いをしていたのですが、今回はカフェはほどほどにしないと財政的に厳しくなりそうですね。

IMG_000062 (23)
そんな旅人の助けとなるのがこちら。

エジプトの国民食、コシャリのお店です。

IMG_000062 (24)
米にマカロニ、スパゲッティ、豆、トマトソース、フライドオニオンを載せた炭水化物の塊!

もちろん味は全く違うのですが、この背徳感満載の食べ物はラーメン二郎を想起させてくれます。

そして何とこのエジプトのラーメン二郎、お値段は何と25ポンド!

物価が上がった中でこのお値段は十分お安いのですが、味を考えなければダハブで20ポンド、他の街に行けばもっと安く食べられます。

こればかり食べていたら確実に飽きるとは思うのですが、この値段設定は旅人の強い味方ですね。

IMG_000062 (25)
食事を済ませた後は、昼下がりの街をお散歩。

IMG_000062 (26)
ちょっとこれ、見て下さいよ。

IMG_000062 (27)
さすがの透明度です!!!

周囲の赤茶けた山が、この青々と透き通った海と素晴らしいコントラストを描き出してくれていますが、そうした乾燥の度合いの強い自然環境である事もあってか、この辺りに流れ込む川は1つも無いそうなのですね。

つまり、川の運搬作用によって砂が巻き上がったりする事も無いですし、生活排水が流れ込んだりする事も無いと。

それがダハブのこの美しい海を生み出しているのです!

明日からここでダイビング…期待がどんどん高まってきます…!

IMG_000062 (28)
その前に今日はしっかり体力を蓄えようという事で、夜までしっかりと仮眠をとり、日が暮れてから再び街へ。

IMG_000062 (29)
こちらがディープブルー。

3年前に来た時は、こちらにお世話になりました。

ここでディープブルーに泊まっている日本人の方と合流し、

IMG_000062 (30)

IMG_000062 (31)
Korean Fried Chicken、訴えられたら負けそうなこちらのお店で肉を買い込み、

IMG_000062 (32)
宴の開始です!

明日から一緒に潜る事になるこうすけ君、ディープに泊まっているたかひろ君、たいが君と4人でしこたま飲み明かしました。

たいが君とはクリスマスのブダペスト以来の再会!

母校では大変珍しい、世界一周中の大学の後輩とか言う彼です。



「恋するダハブ」と言いながらも、野郎ばかりのむさ苦しい雰囲気でスタートした日々。

こんなメンバーですから会話の中身は下世話な話ばかりで、とても恋とは程遠い…笑

この状況で恋が生まれる事は恐らく無いでしょうが、楽しい滞在になるのは間違いなさそうです!

明日からのダイビングも楽しみだ…



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

No title

初コメントします。
前々から気になっていましたが、今回じっくりブログを読ませていただきました。
パキスタン、イラン、ジョージアなど、僕が行きたい国の情報が詳細に書かれていて、とても面白いです。
実はMaruさんと経歴が似ていて、僕は臨時で高校で地理を教えていました。ただ僕の県は採用が厳しく、今は別教科で本務として働いています。
今年度の年末年始に、ちょうどエジプトに行ってきました。ダハブには行けませんでしたが、カイロ・ルクソール・白砂漠に行きました。
ダハブ、とても海が綺麗で物価も安いみたいなので、とても魅力的です!!
今後も安全には気をつけながら旅を続けて下さい!

もつさん

コメントありがとうございます!
地理を教えられていたのですね!一気に親近感が湧いて来ました笑
今カイロにいまして、これからエジプトを南下していくので楽しみです…
ダハブは本当におすすめなので、もし海がお好きなら今後ぜひ!
気を付けて旅を続けて行きます、ありがとうございます!

更新毎日楽しみにしています!

まるさんへ こんにちは。
年末年始にまるさんのブログを全部読ませていただきました。
まるさんのブログは写真や地理的な解説が多くて
今まで知らなかった国のことも興味が沸き、とても勉強になります!
これからもどうかお身体に気を付けて有意義な旅を続けてくださいね。
(それから多分なのですが、まるさん私と同じ大学のご出身かも)

みきさん

こんにちは、そしてコメントありがとうございます!
また、あんなに大量のブログを全て読んで下さったなんて…大変励みになります。そちらも深く感謝申し上げます。
これからもこんな感じで発信し続けて行こうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
身体に気を付けて、旅を続けて行きます。

そして、まさかの同窓生?ですか!それはめちゃくちゃ嬉しいです!
一応自分は、黄色い電車が停まる駅の目の前にある大学に通っていました。
駅の反対側に西友がある所です。

やっぱり同窓ですね!

まるさん

こんにちは。お返事ありがとうございます。
わたしは黄色い電車の終点からバスに乗って
お城の近くのキャンパス(4年制の学部ですよ)
です。でも4年間西友の近くに住んでいました。
すごーく昔で懐かしいです。
エジプトは来年行く予定なので
まるさんのブログで予習しますね。
これからも応援しています!

みきさん

おお、県庁とかも近いあちらのキャンパスですね!
大学、懐かしいですね…
また、同窓の方が読んで下さっているのを知れてとても嬉しいです!
ブログの方はこれからルクソール、アスワンと南下していくので、ぜひ楽しみにしていてください!
今後ともよろしくお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。