記事一覧

さらばダハブ!アフリカ縦断の準備を着々と

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムはいよいよカイロを発ちます!

目指すはルクソール!

古代都市テーベ…世界史で習ったあれです。

そんな遺跡が待っているのでしょうか、ワクワクです。





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2020年1月19~20日
(世界一周293~294日目)
【ダハブ→カイロ】
1エジプトポンド=6.96円
100エジプトポンド=696円






おはようございます!

いよいよ今日はダハブを出発する日。

たいが君もちょうど昨日でダイビングのライセンスを取り終えたので、一緒にカイロまで向かう事になりました。

昨日は深夜までバカ騒ぎをしていたため、本日の起動は遅め。

お昼過ぎに待ち合わせをして、バスのチケットを買いに行く事に。

IMG_000066 (2)
今日はまた一層、海が綺麗に見えます。

こんな美しい海に出会えるのは、次は一体いつになるのでしょう。

本当に素敵なダイビングの日々でした。

IMG_000066 (3)
この橋も、一体何度渡った事でしょう。

IMG_000066 (5)

IMG_000066 (4)
ツーリスティックな街並み。

街を歩いていると、この1週間のダハブでの思い出が蘇って来るようです。

IMG_000066 (6)
ディープブルーに泊まっているたいが君、たかひろ君と待ち合わせをし、そのままバス会社のチケット売場へ。

海ばかりについ気を取られてしまいますが、この目の前に広がる荒涼とした大地もまた、ダハブならではの風景なんですよね。


1.Go Busチケット売場

IMG_000066 (7)
やって来たのはGo Busのチケット売場。

ダハブからカイロに向かうバスは、3社が運行しています。

最も安いのはEast Deltaと言う会社、先日ヌエバからダハブまでやって来るのに利用した会社です。

ただ、その時の日記でも書きましたが、バスターミナルは街の中心から結構離れており、なおかつカイロに到着する所もこれまた変な所で降ろされるという話を聞いたので、今回は他の会社から選ぶ事に。

残るはこのGo BusとBlue Bus

どちらも街の中心部から出発し、カイロも中心部で降ろしてくれるようです。

あとはお値段ですが、Blue Busの方が高いのですが、車内にはエジプトでも特に速いというWi-Fiが付いていたりと、バスのクオリティはその分良くなるそう。

この点については自分もたいが君もSIMカードを入れているので、移動が楽でお値段もそこそこなGo Busを利用する事にしました。

便は7便ほどありましたが、夜発のバスで最も安い21:30発のバスを選択、お値段は265ポンドでした。

これで準備万端です!

そのままディープブルーまで一緒に戻ったのですが、ここで嬉しい再会が!

IMG_000066 (8)
彼の名はアイマン。

3年前にM先生と初めてこの地を訪れ、ダイビングのライセンスを取った時に、インストラクターをして下さったのが彼だったのです。

「Do you remember me?」と恐る恐る尋ねた所、バッチリ覚えていてくれました!

インストラクターが結構すぐに入れ替わる所も多いので、3年ぶりに来て会えるとは思っていませんでした。

こう言う再会はやっぱり嬉しい気持ちになりますね。

IMG_000066 (9)
2人とは一旦別れ、今度は夜にこちらで待ち合わせ。

やっぱり最後は日本食で締めたい所です。

IMG_000066 (10)
まだ夕食には早い時間だったので、豚玉お好み焼きを注文!

IMG_000066 (11)
何とお好みソースは自家製だそうです!

これがめちゃくちゃ美味い!!!

IMG_000066 (12)
そしてこちらはカツ丼!

たいが君が注文したやつを1口だけ頂いたのですが、自分も頼めばよかったと思わせてくれるほどの絶品でした…

そのまま4時間ほどこちらで最後の宴を楽しませてもらいましたが、出発の時が近付くにつれ寂しさも募り、「チケット買わなきゃよかった…」なんて話が出て来るくらい。

本当に出発するのが名残惜しい…

IMG_000066 (13)
最後に宴のメンバーで記念撮影!

こうすけ君は今日は朝からお出掛けだったのでいませんが、代わりに昨日から講習が始まったはるかさんを加え4人で!

最後の最後まで楽しい時間を、本当にありがとうございました!!!

IMG_000066 (14)
時間となり、バス乗り場まで送ってくれる事に。

久しぶりに背負うバックパックは、いつもよりずっと重く感じます。

IMG_000066 (15)
ダハブの街も、これで本当に見納め。

IMG_000066 (16)
バス乗り場が近付くにつれ、寂しさがこみ上げて来ます。

IMG_000066 (17)
あぁ…着いてしまった…

IMG_000066 (18)
予想以上にしっかりしたバスで一安心です。

最後に熱く熱く別れの挨拶を交わし、ここでいよいよお別れです。

このダハブで過ごしたメンバーは本当に最高でした。

できる事なら、みんなが旅を終えた後、また日本で再会したいですね。

その時は、今日アイマンに出会った時のような感動がきっと待っている事でしょう。

IMG_000066 (19)
さて、バスです。

カイロまではおよそ8時間と言う事だったのですが、途中、外務省の危険度レベル3の地域を通過します。

そのため頻繁に検問があったりして予定時刻より大幅に遅れてしまうと聞いていたので、寝れるうちに早々に眠りにつくことにします。



IMG_000066 (20)
次に目を覚ましたのは朝4:00頃でした。

荷物を出し、チャックを開いた状態で検査をするのですが、表面しかチェックされず、しかもバス前まで検査官が出向いて来てくれたので、非常にあっさりした物でした。

しかも検査はこの1回のみ。

思いの外あっさりとした検問で安心しました。


1.サファリホテル
2.Abou Tarek

IMG_000066 (21)
そこからはわずか2時間ほどでカイロ着。

むしろ予定より遅れて着いてくれた方が有難かったのですが…着いてしまった物は仕方ありません。

とりあえず宿に向かって、荷物だけでも置かせてもらう事にしましょう。

IMG_000066 (22)
しかし…こんな高層ビルがそこかしこに…さすがにアフリカ、そしてアラブ圏の中心の1つであるカイロは立派な街です。

IMG_000066 (23)
まだ夜明け前と言う事もあり、あまり街が動き出している様子はありませんが、昼間の活気は物凄いのでしょうね。

IMG_000066 (24)
宿前では、こんな早朝なのにもかかわらず商店がいくつも営業を開始していましたし。

IMG_000066 (25)
そして宿に到着しました。

この雑居ビルには、2階にスルタンホテル、4階にベニス細川家、そして5階にサファリホテルと、3つの宿が入っています。

このうち近年日本人の旅人に人気なのは、ベニス細川家とサファリホテル。

このどちらに泊まるかは、その時の人の集まり具合と評判なんかを聞いて選ぼうと思っていたのですが、軒並みサファリホテルの方が良い話を聞いたのと、現在はサファリホテルの方が人が集まっていると言う事だったので、サファリホテルに向かう事に決定。

しかし…

IMG_000066 (26)
この階段をひたすら5階まで…毎回この上り下りをしなければならないのは辛いなぁ…

IMG_000066 (27)
息を切らせながらようやく到着です。

IMG_000066 (28)
とりあえず13:00のチェックインまで共有スペースに居させてもらう事になりました。

ドミトリーで1泊80ポンド。

Wi-Fiは検索くらいならどうにか、全体的に施設はボロく、時たまダニや南京虫にやられる事もある(自分は1度南京虫に食われ、ベッドを替えてもらいました…)など、色々と難も多い宿なのですが、朝食付きでキッチンもあり、また集まるメンバーも個性豊かな方ばかりで、情報を得るのにも充実しているなど、良い所も沢山。

カイロではビザ取りも含め少々長居するので、しばらくこちらでお世話になる事にします。

IMG_000066 (29)
荷物を置いた後は、休息もそこそこに早速外へ。

IMG_000066 (30)
すっかり目を覚ました街を歩いて向かったのは、

IMG_000066 (31)
Abou Tarek、人気のコシャリ屋さんです。

IMG_000066 (32)
コシャリのラージサイズで25ポンド。

カイロの物価を考えたらもっと安い店は沢山あるのですが、ここのコシャリは美味しかった!

昨日は夕食をつまみでごまかしてしまっていたので、かなりお腹が空いていたのですが、ようやく落ち着く事ができました。

IMG_000066 (33)
ここでたいが君とは一旦お別れ。

自分はこのまま本日のタスクをこなしに行きます。

目指すはスーダン大使館

ここカイロでスーダンとエチオピアのビザを取りたいのですが、どちらも金・土曜は大使館がお休みとなります。

本日は月曜日。

スーダンビザの取得に1日、エチオピアビザの取得に2日、最低でもかかってしまうので、何か不測の事態がある事も想定し、今日のうちにスーダンビザは取り終えておきたい…

と言う事で、眠い目をこすりながらビザ取りに出向きます。

詳細は、例によって明日の日記で別途まとめて行きたいと思います。

IMG_000066 (34)
で、そのビザ取りが終わったのが17:00頃と言う事で、今日はもうこれで1日が終わってしまいました。

IMG_000066 (35)
宿に戻って読書(マンガですが)に勤しんでいると、

「シェア飯、メンバーに入れてありますからねー」

と声がかかりました。

1日中外出していたのでどうなるかと思いましたが、これは有難い…

IMG_000066 (36)
本日のメニューは砂肝&レバーの唐揚げに、鶏鍋!

たいが君が自分の事を色々と話していたらしく、調理メンバーに加わり、ひたすらに大量の鶏を捌く事になりました。

IMG_000066 (37)
作った人の特権、揚げたての唐揚げをつまみにビールを飲みつつ笑

IMG_000066 (38)
唐揚げは鍋が出来上がる前に早々に無くなったのですが、こちらが鍋!

ちゃんと骨から出汁を取っているので、最高に美味しかったです!

IMG_000066 (39)
そしてシメにはラーメンまで。

そう言えば、こんなに料理ができる人たちと作るシェア飯って初めての事でした。

自分の料理は自己流で、そんなに料理が上手なわけでは無いのですが、料理が上手い人と作ると、何も言わなくてもそれぞれが次の工程について共通認識を持っているので、自分の作業に没頭していると、他の工程が着々とイメージ通りに進んでいるのです。

これは楽しいですね…

そう言った意味でも、サファリホテルに来て良かったです笑

そして、こちらはアフリカを旅する人たちの交差点。

IMG_000066 (40)
何と、アフリカ旅を終えた方にテントを売ってもらいました!

元々ケニア辺りで使い始めようと思っていたので、それまでに良いのがあれば買おうと思っていたのですが、たった1回しか使用していない2人用テントを100ポンドで売ってくれると言うのです!

元値を聞くと3000円くらいだったと言うので、さすがにそれでは申し訳ないと思い、200ポンドで買わせてもらいました。

スーダンビザにテント、着々と進むアフリカの準備。

色々と情報も聞いて、アフリカ旅が一層楽しみになって参りました!



さて、明日は日記本編をいったん離れ、スーダンビザの取得について書きたいと思います。

本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

No title

サファリホテルがまだ営業してるのにびっくりです。
私の訪問は31年前です。
記憶違いかも知れませんが、乗るのに躊躇するようなボロボロのエレベーターがあったような??
エジプト人はインド人の兄弟と聞いてましたが、
客引きのしつこさなんかはその通りでした。
今は情報は簡単に手に入りますが、
テロとかの事を考えると旅自体は大変そう。

yamatakaさん

コメントありがとうございます!
31年前!そんな頃からサファリホテルはあったのですね…
そのボロボロのエレベータはいつの日か壊れてしまったようで、今は入口だけが寂しく残されています。
でも、その面影を見る事ができるという事は、当時と変わらぬ建物なのでしょうね。
自分は10年ほど前からこのような旅をしてはいますが、特にスマホの普及前後で旅の仕方は劇的に変わったなと実感しています。
確かに訪問が難しい国も増え、ルート取りなどは悩ましい所ですが、それでも格段に旅自体は便利になりました。
いつか当時の旅の様子もお聞かせ頂きたいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。