記事一覧

スリン諸島到着!その海のポテンシャルや如何に

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



リアルタイムはバンコク!

スリン諸島からの反動で、かなりのんびり過ごしていますが、いよいよ今日からソンクラーンが始まります!

どんな盛り上がりになるんだろう…?

水着と水鉄砲でスタンバイ万全です!





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年4月7日
(世界一周6日目)
【(バンコク)→クラブリー→スリン諸島】
1バーツ=3.5円
100バーツ=350円




MNAU3027.jpg
朝6:30、目立った遅れもなく、無事クラブリーのバスターミナルに到着。

QNQV2602.jpg
ここにピックアップが迎えに来てくれているので、乗り換えて港まで移動します。

BTJP5422.jpg
今朝は燃えるような朝焼け。

バンコクはもやがかかったような空の日が多かったため、綺麗な空にこれからの期待が俄然高まります。

WAFU5234.jpg
バスターミナルから港まではおよそ8km。20分ほどの移動でした。

QMDX4647.jpg
港前のSabina Tourのオフィスに到着、ここで船の出航までしばし待機となります。

このSabina Tourは、スリン諸島への船やシュノーケリングツアー、各種グッズのレンタルなど、島周りのことを一通り扱っているツアー会社です。

特に島への往復はほぼ独占状態になっているため、往復1600バーツとかなりの高額になります。

代わりにシュノーケリングツアーは2時間半で200バーツと激安で、宿泊費も安いため、ある程度長期で滞在するのに向いている島でしょうね。

XRNO5090.jpg
高いだけあってサービスは手厚く、待機中コーヒーや軽食のサービスがありました。

WNNL3768.jpg
こちらは港前の街の様子。のどかな雰囲気が漂っています。

JYUE2007.jpg
時間が来ました。港へと移動します。

KMFQ2493.jpg
港ではSabina Tourのスタッフが、島の事を解説してくれています。



タイ語で…



この島はタイ人の旅行者が圧倒的に多く、全体の6~7割を占めていました。

残りの大半が欧米系の人たち、ちょこっと中国系・韓国系で、日本人は自分たちだけでした。

せめて英語の解説でもあればなぁ…

VORQ9092.jpg
一応代わりにざっくりと解説しておくと、スリン諸島は特に大きな島が2つありまして、そのうち旅行者が滞在するテントサイトは北側の島にあります。

南側の島には少数民族のモーケン族が暮らしており、周辺の海は一級のシュノーケリングスポットがゴロゴロ。

と、こんな感じです!

少数民族とか、シュノーケリングとか、色々そそられますね!!

QMDX2680.jpg
こちらが港からの景色。

ABTT2451.jpg
入り組んだ湾のような地形になっており、対岸にはマングローブが生い茂っています。

GGVH0729.jpg
大きな荷物は別送なので預けます。また、船に乗り込むときに履物も回収されます。

MGPT8084.jpg
いよいよ乗船!

AGBW8011.jpg
行ってきまーす!

HSTH0234.jpg
ボートに乗るとすぐにライフジャケットが配られます。

自分たちの時は平和でしたが、外洋ですし、揺れるときは揺れるのでしょうね。

XXKN5579.jpg
本土が見る見るうちに小さくなっていきます。

走ること1時間。

DXVE5471.jpg
島が近付き、途中小さなボートに乗り換えます。

QABA7869.jpg
ってか海やばっ!!!

この色!!!


島が近付いてから、テンションが収まることはありません。

ENMG6635.jpg
さあ上陸です!

AQMW9586.jpg
預けた履物は、すごくぞんざいに返却されます。

ABEV9157.jpg

IZAN7515.jpg
鬱蒼と木が茂る道を歩いていくと、

ERJD1822.jpg
テントサイトに到着!

テントやその他諸々を借りるため、チェックインを済ませます。

この時、国立公園入場料500バーツも支払います。

KFDY4856.jpg
こちらが4日間を過ごすテント!

海に面しているので風通しも良く、思いのほか快適そう!

LIPK6402.jpg
ちなみに施設はかなり充実しておりまして、こちらがレストラン。

充電(18:00~7:00のみ)や水の確保もここでできます。

GTRJ8823.jpg
トイレやシャワーも完備。

XPNO2249.jpg
こちらがテント前からの眺め。

最高過ぎる…



とりあえず、何よりもまずは海に入りたい!

今日は初日なのでシュノーケリングツアーには参加せず、ビーチ付近でシュノーケルをつけて潜ってみることにします。

下手くそなコメントをつけるのも憚られるので、とりあえず写真だけでどうぞ!

FIMYE1317.jpg

HCZI2738.jpg

HMEJE9182.jpg

DGYAE3724.jpg

KMFDE6506.jpg

QDPEE2050.jpg

QGXT5265.jpg



…やば過ぎじゃないですか?

これ、沖合のサンゴ礁とかじゃなくて、目の前のビーチですよ。

普通の海水浴気分で海に入ってニモが見れるって、一体ここの海はどれだけの物を秘めているのでしょうか?



到着数時間ですが、本当に来て良かったと心から思いました。



KWPB4848.jpg
あっという間に日も暮れ、一日が終わりを告げます。

明日はどんな一日になるんだろう。

期待で胸がいっぱいです。





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。