記事一覧

自力で行けるか!?海の民モーケン族の村

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



今日がいよいよソンクラーン最終日!

明日はいよいよ次なる国に向けて、重い腰を上げます。

バンコクにこれでもかと言うくらい長居したので、ここからはどんどん先に進んで行くぞ!





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年4月9日
(世界一周8日目)
【スリン諸島】
1バーツ=3.5円
100バーツ=350円




昨日一昨日と海で大はしゃぎする中で、大惨事が起きました。

海の必需品であるビーサンがお亡くなりに。

旅人がよく持ってるかかとを固定できるやつではなく、安いやつで岩場を歩き回ったりしたのが原因です。

とは言え、このままでは島生活に支障を来すので、無理矢理修理しました。というかしてもらいました。

DJLX4576.jpg

UZYO4123.jpg
外れた箇所にプルタブをはめ込み、さらに紐で固定。

かなりみすぼらしいけど、とりあえずは島生活の間くらいはどうにかなりそうです。



何たって、今日は遠征するつもりですから。



先の記事でも書きましたが、このスリン諸島には、モーケン族という少数民族の村があるのです。

このモーケン族は、タイやミャンマーの海域にまたがって暮らしており、狩猟を生業としています。

海のジプシーとも呼ばれる民族ですが、今は定住政策によりその一部がスリン諸島に暮らしています。



せっかくですから、この村に自力で行けないものかとルートを画策していました。

すると、Google Mapには載っていませんでしたが、maps.meにこんなルートが。

まずは島の全体図。

IMG_6968.png
自分たちがいるのが北の島、モーケン族が暮らすのが南の島です。

続いて、中央付近の拡大図。

IMG_6970.png
テントサイトがあるのがAo Mai Ngamという所。

そこから南東方向に、Koh Surin Nature Trailという道が!

終点のAo Chong Khadまで行けば、南の島は目と鼻の先!

泳いで南の島に渡りモーケン村を目指す!

と、こういう寸法です。



道中がどんな道かはわかりませんが、とりあえず行けるところまで行ってみよう!

果たして、モーケン族に会えるのでしょうか!?



GKIQ2858.jpg
とりあえずテントサイトのあるAo Mai Ngamの反対側のビーチへ。

ちなみに昨日のシュノーケリングはここから出発しました。

地図によると、このビーチを左にずっと進むとトレイルルートが始まるとのことですが…

XAFD5507.jpg
ここをさらに進めばいいのかな?

CSHC4916.jpg
なるほど、整備はあまりされていませんが、確かにトレイルルートですね。

NIVT5639.jpg
…ん?

HMHY1760.jpg
これは…?

HKUT3931.jpg
トレイルルートと言うより、ただの獣道ですね。

しかもこの後対岸の島まで泳ぐもんだから、こんな道をビーサンで進まなきゃいけないと。

しかも自分のビーサン、さっき見てもらった通りプルタブで補強してるあれですよ!

怪我せずゴールまでたどり着けるか、虫とか蛇とかに足をやられないか、色々なことに怯えながらの汗だくトレイルでした。

EQYA9583.jpg
こうした橋を見ると、辛うじてトレイルルートなんだなと思い出させてくれます笑

XWDK4447.jpg
途中何度か浜辺に出ますが、もうそこは完全にプライベートビーチ!

まあ、あんなトレイル歩いてくる人なんて他にいないか笑

YBZT7851.jpg
ターザンロープで遊んだりしながらしばし息抜きしたりします。

DLZY4643.jpg
スタート地点もこんなに遠くに見えるように。



一度ビーチで遊ぶと、再びトレイルに戻るのは本当に嫌でしたが、さらにひたすら歩いて、歩いて、



LCNY0849.jpg
着きました!Ao Chong Khadのビーチです!

FEZD9027.jpg
ここから南の島は目と鼻の先。

向かいのビーチはもう南の島です!

IJZI2736.jpg
とは言え、このビーチからモーケン村まで道がある保証もないため、ビーチから島伝いに泳いで、写真の半島の裏側にあるモーケン村に向かう作戦でいこうということに。



対岸に向けて、いざ泳ぎ進めようとしましたが、



思いのほか潮の流れが速い!



それでもめげずに進もうとしましたが、すぐに近くのボートに止められてしまいました。

何でも、潮が速いのに加え、船も沢山通過するため、泳いで渡るのは危険であると。



残念ですが、自力で泳いでいくのは無理そうですね。

でも、ここまでの行程もさながら冒険みたいで楽しかったので良し!



対岸に渡るのが無理ならば、テントサイトに戻るのみです。

ただし戻るためにはさっきのトレイルルートをまた歩くか、もしくは海岸伝いに約2km泳いで帰るか



SZBH2787.jpg
まあ泳ぎますよね!熱いもん!



2kmも泳ぐなんて、何年ぶりの事だろう…?

サンダルを水かき代わりに、ひたすら平泳ぎ。

XLWU6766.jpg

PVWY9546.jpg
波打ち際付近なのであまり海はきれいではありませんでしたが、魚もちらほら泳いでいました。



泳いでも、泳いでも、

どれだけ泳いでも、

なかなかゴールには近づきません。

プールで泳ぐのとはまた勝手も違い、もう最後は疲労困憊。

HLVY7612.jpg
そしてやっとのことでゴール!

お疲れさまでした!




結局モーケン族の村には行けずじまいでしたが、すごく楽しい1日!

こんな感じで毎日アクティブなスリン諸島も、いよいよ明日去ることになります。

最後までいい思い出で締めくくれるといいな。





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

ビーチサンダルって肝心な時に限って鼻緒が壊れますよねw

Re:

そうなんですよ…
まあ荒く使ったのがいけないんでしょうけど…笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。