記事一覧

ヤンゴン街歩き!絶品B級グルメに魅せられた日

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



ミャンマーの宿って、朝食付きの所が多いんですね。

それはそれでめちゃくちゃ有難いのですが、朝って屋台も活発に営業してまして。

何なら朝じゃないと食べにくいようなグルメもあるので、どうしたものか思案中です。

両方食べたい所ですが、そうなると一向に痩せないしなぁ…





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年4月19日
(世界一周18日目)
【ヤンゴン】
1チャット=0.07円
1000チャット=70円




NAGU6259.jpg
宿から眺めた外の様子です。

あれはモヒンガー屋台でしょうか。

モヒンガーはミャンマーの国民食である麺料理、早速試してみたい所ではありますが、

WHZK1129.jpg
宿が朝食付きなので本日はパスします。

ミャンマーの宿、東南アジアにしては少しお高めですが、ほとんどの宿が朝食付きなので、そこは嬉しい所です。



さて、腹ごしらえも済んだところで、出発しましょう。

今日はヤンゴンの街歩きをしてみようと思います。

とは言え外は40度近い灼熱、無理せず今日は近場中心で、明日と分けて街の様子をお伝えできればと思います。



LKEH8333.jpg
宿のあるエリアはインド人街、隣接して中華街なんかがあります。

JSNG0867.jpg
路地はこんな感じ。

この集合住宅の密集具合、雑多な雰囲気が良い感じですね。

ちなみに、路上には露店がそこかしこに立ち並んでいたりもするのですが、

TDOG3134.jpg

DMEX7371.jpg

FZHP6496.jpg
いちいち美味しそうでしょうがない!!!

食が豊富な街に、悪い街はありません。

ヤンゴン滞在、楽しくなりそうです。



KYCV6757.jpg
さて、本日最初の目的地はこちら。

スーレーパゴダです!

市街地のど真ん中に位置しており、なぜかロータリーの中に建っています。

その立地から、街のランドマーク的な役割も果たしているのでしょう。

HYWL6796.jpg
さて、中に入ってみます。

入場料は調べによると4000チャットと言うことでしたが、



…どこで払えばいいのだろう?



結局料金を払う場所もわからず、そのまま進んで行っても何も咎められず、結果無料で入ってしまいました…

徴収係の人が席を外していたのでしょうか?

自分としては、ゴールデンロックで金箔を貼らずに参拝を終えて以来、乗ったバスは最悪だわ、椅子は自重により破壊してしまうわと、少しついていないことが起こっているので、しっかりと払うものは払いたい所なのですが。

その分、心からの祈りは捧げていこうと思います。



IKCO9022.jpg
このパゴダ(仏塔)は高さが48m。

他のパゴダが丸い形状をしているのに対し、八角形のパゴダがここの特徴とのことです。

LPIR3311.jpg
タイやラオスでもそうでしたが、上座部仏教のこの金色の仏塔には、ついつい目を奪われてしまいます。

NFJZ3023.jpg
周囲より高い所に造られているからか、ロータリーの外側の喧騒が嘘のように、パゴダの中は静謐な雰囲気。

OMRA6288.jpg
祈りを捧げる人々。

自分もしっかりとお賽銭を入れ、全力で祈りを捧げておきました。

ぜひここから良いことが続きますように…



ちなみにこのスーレーパゴダもそうですが、ミャンマーのお寺関係は、基本入口で靴を脱いで裸足で入ることになります。

なのですが、昼下がりのヤンゴンの陽射しは強烈そのもの。

床のタイルが熱すぎて、なかなか長居はしたくありません。



URZK8794.jpg
というわけで次に進みましょう。

宿のエリアとは打って変わって、ロータリーの近くは洋の雰囲気が漂っております。

こうした建物の様式は、イギリス植民地時代の名残でしょうか。

KPDG1418.jpg
立派なショッピングモールもありました。

DERE1456.jpg
こちらは映画館。

映画のタイトルは、ビルマ文字なのでさっぱりわかりませんが、

IGRY2462.jpg

HAPM2387.jpg
日常生活にも仏教がしっかりと根付いていることはよくわかりました。

GOUP8221.jpg
こちらは線路を越える陸橋。

すぐ近くにミャンマー国鉄のヤンゴン中央駅があるのですが、今いる線路の南側は駅の裏側にあたります。

陸橋を渡り、駅の正面側に向かいます。

RPCL5207.jpg
こちらは引き込み線でしょうか。

回送列車が線路に佇んでいますが、よくよく見ると…、

SNWJ0070.jpg
日本の車両が!

調べてみると、キハ40系というディーゼルカーが、日本での使命を終えた後、ここヤンゴンの近郊列車として余生を送っているとのことでした。

NYOA6315.jpg
駅を正面側から。

だいぶ古びた建物ではありますが、構えは立派です。



駅までやってきたのは、この駅前でバスチケットが買えるとの情報を得たためです。

宿で手配をお願いすることもできるのですが、手数料が上乗せされてしまうでしょうし、散歩がてらのついでということで。

ここで、次の目的地であるニャウンシュエまでのチケットを購入します。

GBLK6264.jpg
駅のロータリーの反対側には各販売店が軒を連ねていましたが、言い値が最も安かったこちらで購入。

Golden Shuttleのスタンダードバスで、15500チャットでした。



用事も済ませた所で、もう少し歩きます。

KNVZ1877.jpg
そういえば先日までは水掛け祭りだったんですね。



次なる目的地はこちらです。

IVJM7363.jpg
ボージョー・アウンサン・マーケット

XZOE4510.jpg
かなり大きなマーケットのようです。

自分は、新たな国に行くと、絶対に市場は訪れようと思ってます。

その国の人が普段どんな物を食べているのか、どんな物を買っているのか、そういう生活に根ざした部分にすごく興味があるんですね。

XDMA6778.jpg
さてこちらのマーケットはどんな物が売られているのでしょうか?

AIVU4696.jpg

HYIH3572.jpg
外周部分は衣料品や民芸品などが中心。

OUFR4039.jpg
中心部分は宝石関係のお店が多くありました。

売っているものが買回り品中心だからか、大賑わい!という感じではなく、大人しい雰囲気のマーケットでしたね。

GBJH9817.jpg
フードコートでお昼ご飯。

JILS3024.jpg
シャンヌードル・スープを頂きました。2000チャットと少しお高め。

まあまあ美味しかったのですが、キンプンで食べた混ぜそばバージョンの方が、トマトや香草の風味が際立ってて好きかな。

XEAR6770.jpg
近くにはラぺイエ(ミルクティー)の屋台もありました。

よく見かけるので一度試してみたい所ですが、こう暑いとなかなか熱い飲み物には食指が動きません。



と、この辺りでスタミナ切れ!

宿に帰って少し休憩しよう!ということで、帰り道を歩いていると、こんな屋台を発見!

EASE4135.jpg
何これ、ものすごくそそられるのですが!

こちらは串炊き?の屋台。

豚のホルモンを中央のスープで煮て、それを部位ごとに一口サイズにカットして串に刺してあります。

驚くべきはそのお値段!何と1本100チャット(7円)!!!

ピリ辛のタレにつけて、卓上の生ニンニクや青唐辛子をかじりながら、無料サービスのスープと共に頂きます。

さっそくチャレンジしてみましたが、これ絶対ビールに合うやつだ!

残念ながら昼間なので水をグビグビ、病みつきになる味で、なかなか手が止まりません。

ミャンマー飯、よくお腹を壊すとか良い評判を聞きませんでしたが、出会うもの出会うものすごく美味しいです!



灼熱の午後は宿で小休止。

夜に再び街に繰り出します。



SKSH5569.jpg
続いて目指すはチャイナタウン。宿からは西に徒歩数分です。

このチャイナタウンの中で19番通りと呼ばれる通りには、夜になると屋台が広がるという情報を、宿の方に教えて頂きました。

というわけで19番通り、こんな光景が広がっていました。

LDAJ2662.jpg

JMSM8892.jpg

HJZA7444.jpg

UUTK7922.jpg
なんて、なんて美味しそうなんだあああ!!!

この通りはバーベキューストリートという通称があるらしく、串焼きの屋台が中心となっています。

HKFD0595.jpg
その中で、比較的野菜が豊富なお店に着席。

なかなかこの旅の間で野菜が不足していたので、ついつい惹かれてしまいました。

DVEH6040.jpg
オクラに菜の花、そして豆腐!

他の東南アジア諸国と比べ、日本でも馴染みのある野菜が多いのは気候の関係でしょうか。



LWBR6396.jpg
まだまだ歩きます。

ちょっと雰囲気が怖いですが、通りを南に下って川沿いに出ると、そこにも屋台街が広がっていると。

着いてみると時間が遅いからか、少し雰囲気は閑散としていましたが、それでも何百mにもわたり、屋台が連なっています。

SVXX7707.jpg
そしてこれは…?

FUZH5427.jpg
昼間見た串炊き屋台じゃないかあああ!!!



今度は夜なので、ビールと共に楽しませて頂きました。

ODGR3256.jpg
ヤンゴングルメ、最高です!!!



本日もありがとうございました!!!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。