記事一覧

【カコタビ2】突然のドタバタ チェコ・ポーランド

こんにちは、まるです!

今日もよろしくお願いします♪



今日は休日ということで、旅の準備!パスポートの更新に向け、まずは戸籍抄本を取りに行ってきます。

でもただいまの気温は3℃。引きこもりたいけど今日行くしかないしなぁ…。悩ましいところです。



それでは前回に引き続き、【カコタビ】その2です!



世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。



【チェコ】 プラハ →
【ポーランド】 → クラクフ →
【チェコ】 → オロモウツ → ブルノ → テルチ → チェスケー・ブディェヨヴィツェ → チェスキー・クルムロフ → プラハ (計13日間)




初海外に味を占めた自分とRは、続いて大学2年の夏休みにも、どこかに行こうと企てました。



夏休み前に企画会議を行うこと数回。次なる目的地の条件は、



・東南アジア以外(前回とガラッと雰囲気が変わるとこ)

・べらぼうに物価が高いというわけではない

・街歩きが楽しそうな所

・今の自分たちの経験値でもバックパッカー旅ができそうな所

・その他諸々の直感でヒットした所



こんな条件から目的地を絞り込んでいきました。

そして最終候補に残ったのが、



チェコ・ポーランドインドでした。



で、残った2つの候補を見比べて一言。


R「インド怖くね?」

まる「うん。やめとこう。」



即決。チェコ・ポーランド行きが決定しました。

なぜインドが最終候補まで残ったのか。目的地の条件とは一体何だったのか。それまでに葬り去られた国は何がいけなかったのか。

真相は闇の中です。その時の直感で物事が動いていく、大学生らしいですね笑



ただ、この当時からインドはかなり気になっていました。



当時は、「とりあえずバンコクに行け!そしてカオサン通りに行け!」なんていう言葉をまだよく聞く時代だったように思います。

で、カオサンの安宿でインド帰りの人は羨望のまなざしで見られる、などという。



一筋縄ではいかない国インド。バックパッカー上級者の証インド。



気にはなるから候補には挙げるが、でも怖いと。そんな心持ちだったのです。



そんなこんなでチェコとポーランド。

今回は完全にバックパッカースタイルで行こうと決めておりました。

そんなことからこの旅は、色々な初めてを経験する旅となりました。

1554554_682161425152680_6311419004469221161_n.jpg
まずは、初ゲストハウス!初ドミトリー!

壁の落書きが怖そうですが笑 初日の到着が夜だったからめっちゃ怖かった…

共同スペースで旅行者同士ワイワイ盛り上がるのももちろん初めてです。

10363115_682192568482899_351215898901737240_n.jpg
そりゃ、ビールもしこたま飲みますよね。

10373675_682165701818919_3908624740641476525_n.jpg
ちなみにチェコはピルスナービール(日本で一番普通に売られているビール、上の写真みたいな)の発祥の国。

だからか知りませんが、とにかくビールが安い!

感覚的には、安いビール<水<高いビール<その他の飲み物くらいの値段設定だったように思います。

15120_682192265149596_786627191239996742_n.jpg
マクドナルドにもちゃんとビール売ってました。見にくいですが、一番右下のドリンク、ビールです笑



旅の方は、初日だけプラハを観光し、先にポーランドに向かうことにしました。

10260016_682189995149823_7740806879617183374_n.jpg

10172690_682190545149768_1691908441142435155_n.jpg
プラハの街はそれはそれは美しかったです。

統一感のある赤い屋根、石畳の道路、無数にある教会の尖塔、男2人旅には勿体なさ過ぎる。

10268701_682165845152238_7681732688971070567_n.jpg
そしてクラクフへの移動は初夜行列車!

日本では激減していますが、旅情を感じられる夜行列車ってやっぱりいいですね。

10377523_682194628482693_1057867768531363343_n.jpg

10300042_682195201815969_4035149107835705887_n.jpg
ポーランドは、クラクフに2泊だけでしたが、雰囲気の良いアーティステックな街でした。もっと時間を取ればよかったです。

でも、ポーランドに来たメインの目的はこちら。

10368224_682196411815848_3936403681222805104_n.jpg

10312408_682196478482508_4150086743368671081_n.jpg
アウシュビッツ強制収容所です。

ダイジェスト記事で長々と思いを書くのもあれなのですが、誇張ではなく、今までで一番胸が苦しくなった瞬間でした。

何百人、何千人分もの髪の毛とか、靴や鞄なんかの遺品が、誰のものともわからないような状態で展示されているんですよ。

その一つ一つには、それぞれのかけがえのない人生があったわけで。

自分はニュースなんかで「○人死亡」というニュースを耳にしたとき、その数が多すぎると実感が湧かなくなることがあります。

目の前でそれだけの人が死んだとしたら、否が応でも実感は湧くのでしょうけど。

戦争もそう。大義名分の下で、一人の命が軽んじられてしまうことなんて絶対にあってはならない。

そんなことを考えさせられた時間でした。



そしてその日の晩、あんなドタバタが起こりました。

クラクフに泊まるのもこの日が最後。翌日の列車でチェコに戻り、このあとは1週間くらいでチェコのいくつかの街を巡りながらプラハに戻るという流れでした。

自分はそのつもりで、どんな所を巡ろうか出発前から色々と調べを進めていたのです。

そんな矢先にRが一言。



「ウイーン行こうぜ。」



クラクフからも、プラハからも、ウイーンはそんなに離れていません。何なら、明日乗ろうとしている列車の終着点がウイーンです。

でも、ウイーンに行くと、日程的にチェコの他の街はだいぶ削らなければなりません。

あれこれ調べを進めて気持ちも高まってきた分、今更日程を変更してまでウイーンを入れたくはない。



まる「話し合いの時にウイーンは無しにしようって言ったのRだろ。予定通りチェコの街周ろうよ。」

R「いやいや、ここまで来てウイーン行かない人の神経が知れないわ。ウイーンだぜ、ウイーン。」



プチッときましたが、もう切符を買わないと明日クラクフを出ることができないかもしれません。

しばしの口論の後、2人はほぼ無言状態で切符を買いに駅へと出かけました。



そして翌朝。

1972417_682196861815803_6401604117014345935_n.jpg
途中で切り離しをして、一方はウイーン行き、もう一方はプラハ行きとなる列車。

それぞれ別の車両に乗って旅続行です。

期せずして、初一人旅のスタートとなりました。



まる「せいぜいいい旅になるといいな。」

R「ウイーン行かなかったことを後悔しないようにな。」



…まるで子どものケンカです。

Rとは、5日後にチェコ南西部のチェスキー・クルムロフという街の宿で合流の約束をして別れることになりました。



こうして始まった一人旅。



これが楽しいのなんのって!



今でこそ当たり前のようになりましたが、旅する時に人に気を遣わず自分のペースで動いたりできるのがこんなに楽なのかと。

10152398_682176805151142_8386096621219432964_n.jpg
さらに自分でドミトリーの値段交渉をしたり、

10154919_682177168484439_427416094017982487_n.jpg
共同キッチンで自炊をしたり、茶色っ!とかまずそうっ!とかいうツッコミは無しですよ。

これらを一人でやるとなるとワクワクの度合いも違います。旅してる!って気分になります。



あとは1人だと他の旅人同士の交流がしやすいのもいいですね。

どうしてもグループができてるところに他の旅行者は入りにくいですしね。こちらもグループで盛り上がっちゃうことも多いし。

10277367_682177688484387_2557114776882589517_n.jpg

10313163_682177991817690_8338145783535631528_n.jpg
そんなこんなで、駆け抜けるような5日間が終わり、いざ待ち合わせのチェスキー・クルムロフへ。

結局ケンカ別れのような形になってしまったので、会ったら何話せばいいんだろう…

というか、あいつ無事にここまで来れるのかな…?事故ってたりしたらどうしよう…

心配が募るばかりでした。



しかし、そんな心配は杞憂に終わりました。



自分と同じく、Rも充実した一人旅を送っていたようで、それに伴い自分への不満や怒りもかき消え。

また、やっぱり合流が無事にできるかを心配してくれていたようでそちらの不安の方が大きかったようです。



再会するなり厚い抱擁!そして笑顔!



その晩は、お互いの一人旅の思い出話を夜が更けるまで語り合いました。

10338332_682188538483302_1023553500690656529_n.jpg

10304981_682180025150820_5232314672434263164_n.jpg

10329282_682188768483279_3179708769756832487_n.jpg
合流した後はチェスキー・クルムロフ、プラハの街を巡って無事に帰国。

予期せぬドタバタで途中一人旅となりましたが、逆にこれで一人旅の面白さや、思ってたほどハードルが高いわけではないということに気づくことができました。

一人旅に味を占め、次に目指す先は…?

【カコタビ】その3に続きます!



今日はまた一層長々とお付き合い頂き、ありがとうございました!こんな駄文でも読んで下さっていると知ると本当に励みになります。

面白い文章を書けるように精進して参りますので、これからもよろしくお願いします。

それでは!



最後まで読んで頂きありがとうございます!
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

たのしーったらありゃしない

とりあえず 過去から遡って見させていただいてます
一言 たのしーったらありゃしない

YAMADA MAMIKO

どこかで聞いたことのあるお名前だと思ったら…笑
元気に大学生活を送っていますか?
楽しんでもらえてるようで何より!ありがとう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。