記事一覧

休養明けの絶景ウーベイン橋

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



先日雨が降ってほしいという話を書きましたが、一方で雨を避けたいタイミングというのもございます。

近い所であればネパール滞在中なんかは何としてもお天気のまま持って欲しい…!

ここまで長期旅行とは思えぬハイペースで歩みを進めているのは、パキスタンビザの期限に加え、このネパールでのトレッキングが理由となります。

ネパールは5月の終わり頃から雨季に入るため、あまり手前でのんびりしていると、せっかくのトレッキングが雨雨雨…なんてことになりかねないんですね。

そうでなくてもシーズンが終わるギリギリの時期。

何とか間に合ってほしい!





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年4月26日
(世界一周25日目)
【マンダレー】
1チャット=0.07円
1000チャット=70円




はい、絶賛二日酔いでございます。



まあ、あれだけ飲んだらそうなるだろうと思ってましたけどね。



ちなみに自分が起きた時には、自分より飲んでいたはずのマエダさんは、既に観光へと出かけていました。

マエダさんはブログの中で私のことをバッカスと称してくださいましたが、それならばマエダさんは一体何なのでしょうか。

最高神ゼウスか何かでしょうか。



と思ったら、しっかり二日酔いで朦朧とする中での観光だったようで。

本当にお疲れ様です。



さて、飲んでもお腹は空くもので。

CHVY3635.jpg
とは言え一歩宿を出ると街はこのカオスさです。

ヤンゴンはバイクに規制がかかっていたのか、交通量は多いものの雑多な感じはそれほどしませんでしたが、マンダレーの道路はなかなか激しいですね。

WAAD5873.jpg
なので宿のすぐ近くのお店で朝食を摂ることにしました。

LVHE3609.jpg
宿にも朝食はあるのですが、体調が悪いときは麺料理と相場が決まっているのです。

そしてこれが鬼のように美味!

さっぱりしたタマネギを汁ごと混ぜると、香草の香りと相まって二日酔いでもサラサラと食が進みました。

さらに半分ちょっと食べ進めた所でセットのスープを注ぎ込むと…

もう胃袋が喜んでおります。



さて、不死身のマエダさんとは異なり自分はひ弱なので、今日は何の後ろめたさも感じず休養日にしようとおもいます。

本当に日中は寝ているばかりでした。

とは言え、それではブログに書くことも無くなってしまうので、昨日の記事で書かなかった宿の紹介でもしようと思います。



FQSP3371.jpg
今回マンダレーでお世話になったのがKaung Hostel

Booking.comのマンダレー最安宿で、ドミトリー1泊8900チャットでした。

なんですがこの宿、居心地が神クオリティでした!

XMDC2679.jpg
まずドミトリー。

しっかりとクーラーがついており、灼熱の外から戻ってくると幸せを感じられるくらい効きも良好です。

UQJX5432.jpg
ベッドは清潔で、各ベッドにコンセントも複数完備。

Wi-Fiも爆速で、ちゃんとベッドまで届いていました。

RJKL3987.jpg
そしてこの宿の良い所は、共有スペース。

二足制で大変清潔な各フロアには、作業したり、くつろいだりできるスペースが豊富に設けられているのですが、中でも最高なのはこちら。

CSFN2031.jpg
3階フロアが丸々共有スペースになっているのですが、このホーム感。

クーラーの効いたこの部屋で、人をダメにするソファーに横たわっていたら、何時間でもこの場に居れそうです。

ちなみにビールやソフトドリンク、水などは、近所の商店で買うのとまったく同じ金額でした。

一切吹っ掛けていないので、スタッフがいる間はわざわざ外に買いに行く必要もありません。



自分もこの宿の滞在中にだいぶブログもはかどりましたし、これまで日本を発ってから動きっ放しだったマエダさんも、499日目にして初めて休養日としたのがこの宿でした。

自分はそこまで長期で沈没するつもりはないですが、沈没するうえでのあらゆる条件が揃っている宿だと思います。

ちなみに、立地は王宮のすぐ近く、バスの予約も代行してくれますし、レンタサイクルやレンタバイクの金額もそんなに高くはないので、沈没されない方にも強くおすすめできる神宿でした。



さて、そんな神宿のソファーやベッドでうだうだやっていたら日も傾いてきました。

何もしないのもあれなので、ちょっとは行動しましょう。

DIDY2151.jpg

まずは非常に遅めの昼食を(この時16:00)。
マンダレーは他のミャンマーの街と比べてインド人が多く住んでいます。

国境にだんだんと近付いてきているのがわかりますね。

というわけでインド料理屋も豊富なので、試しに一度行ってみました。

UZUI8269.jpg
せっかくなので珍しいものをと思い、羊のブレイン(脳みそ)カレーを注文。

お値段は大奮発の5000チャット。

メインのカレーに加え、ダル(豆のカレー)、ラッサム(酸味の効いた南インドカレーにつくスープ)みたいなものがつくのはインドテイスト。

なのですが、生野菜や薬味は完全にミャンマーテイストでした。

そして何ならカレーのそれぞれがかなり油ギッシュなのもミャンマーならではでしょう。

ミャンマーでしか食べられないであろうインド料理は、非常に満足度の高いクオリティでした。

なお羊の脳みそは、白子のような食感で非常に大好きなお味でした。

高級食材ですが、見かけたらまたいつか食べたいですね。



宿に戻り、お出かけの準備をします。

今日はこんな時間なので、夕日スポットのウーベイン橋で夕日を眺めて1日を終えようと思います。



なお、ウーベイン橋まではマンダレー市街から南に11kmと、頑張れば自転車で行けなくもない距離なのですが、自分、本日は完全に日和っております故、バイクタクシーをチャーターして参ります。

宿でチャーターして往復10000チャット。

ちなみにGrabで呼んでも片道5000チャットということでしたので、ほんとこの宿良心的です。



観光を終えた二日酔いのマエダさんが、最後見送りに出てきてくれました。

このミャンマー旅がここまで楽しくなったのは、マエダさんのお陰に他なりません。

旅ブロガーの先輩ということで、色々と勉強もさせて頂きました。

最後に記念撮影。

RRFY7338.png
本当にありがとうございました!

今度は日本で、地元の居酒屋で爆飲みしましょうね!!!




チャーターしたバイタクがやってきました。


KHDC2530.jpg
いざ出発です!

RZEC5868.jpg
交通量の多い夕方の道を、バイタクはすり抜けるように爆走していきます。

JDCH7831.jpg
しばらく走ると遠くにぼんやりと見えるあれ、ウーベイン橋でしょうか?

だとしたら、ものすごく長い!

CZEP3608.jpg
そして到着です。

駐車場付近には土産物屋が軒を連ね、大賑わい。

PUMX5710.jpg
早速渡ってみます。



このウーベイン橋、全長はおよそ1.2kmにも及ぶ世界最長の木造橋です。

1849年に遷都を行った際、旧王宮に用いていたチーク材を橋として再利用するよう、当時の王様が命じたそうで、チーク材を用いた橋としては最古の物でもあるそうです。

そしてこの橋は、夕暮れ時になると、橋やその上を歩く人がシルエットとなって湖に映り込む姿が非常にフォトジェニックであるということで近年知名度が高まっております。

UCVG5595.jpg
そのせいもあってか、橋の上は非常に多くの観光客で賑わっていました。

それでも入口付近を離れるとその風景は非常にのどか。

LZGA3687.jpg
湖に繁茂する水草がとてもきれい。

OSML1243.jpg
水草に道を塞がれた舟。

風情があります。

PKJE2393.jpg
橋は結構すき間が空いており、覗き込むとなかなかの怖さでした。

CZFR2513.jpg
この時点で、かなり夕日は良い位置までやってきてくれています。

バガンの時より陽射しも多少は強いし、もしかしたら素敵なサンセットが期待できるかもしれません。

TGEU8135.jpg
途中、橋を降りられる階段を見つけたので、今度は橋の下を進んでみることにします。

EIRA7933.jpg
橋の下からの風景。

観光客に、地元の人に、多くの人が行き交っています。

WYQX2133.jpg
夕日とシルエットもだんだん良い感じになってきました。

IDUP2379.jpg
途中、放牧されている牛を眺めたりしながら、撮影スポットを探してみます。

WAAA3848.jpg
橋と夕焼け。

飛ぶ鳥が雰囲気を出してくれていますね。

AWQC7606.jpg
湖と橋。

鏡張りになって映り込む橋がとても綺麗です。

ただ、いくら探しても、湖と橋と夕日を1枚のアングルに収められるスポットは見つけられませんでした。

もう少し日没の角度が変われば…という所だったので、季節の問題でしょうかね。



そうこうしているうちに、またしても太陽は厚い雲の後ろに隠れてしまいました。

というわけで、今日はここまで!

ウーベイン橋、噂にたがわぬ絶景でした!

BNRI6515.jpg
夕食は昨日に引き続いてこちらへ。

すごく店員さんの感じが良かったので、再訪しました。

EXTB2393.jpg
昼間の体調のこともあったので、今日はビールは控えめにこの1杯だけ。

明日は今日の分まで思い切り動くぞ!

本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。