記事一覧

【カコタビ4】シルクロード横断!…のはずが

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



ここ最近、忘年会続きで、だいぶ喉をやられております…。

一応声が資本の仕事なので、ガラガラ声では話になりません。

暇さえあれば龍角散をなめておりますが、もっとこう、劇的に喉に効くものってないものでしょうかね?



さて、本日は、【カコタビ】その4です!



世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




【モンゴル】 ウランバートル → 
【中国】 → 呼和浩特 → 西安 → 嘉峪関 → 敦煌 → トルファン → ホータン → カシュガル → (計102日間 ※全行程の合計)




大学3年になり、いよいよ自分が通っていた大学では教育実習期間となりました。

4週間の長丁場ということもあり、この学期は必修の授業を一切履修することができません。



教育実習はGW明けからの1カ月。

ということは、この学期の授業を一切登録しなければ、6月半ばには夏休みがやってくる!

休学することなく、約100日間の休みが取れる!



実は、このタイミングを狙って、結構前から密かに準備を進めていたのです。



自分が通っていた大学は、教員免許を複数取る人も多いことから、履修単位の上限がありませんでした。

なので1・2年生の時には授業を詰めて詰めて。お金も貯めて貯めて。

学年が指定されている必修授業以外の単位は、最初の2年間のうちに全て取り終えておいたのです。



こうして得た、これまでの人生で最大の旅!ルートはユーラシア横断です!

小学生くらいの時に『電波少年』を見てから、ユーラシア横断に漠然と憧れていたこともあり、ルートはすぐに決めることができました。



ゴール地点はイタリアのローマ

「全ての道はローマに通ず」です笑



スタート地点は、高校時代の友達がちょうどモンゴルに留学していたということもあり、旅のついでに会いに行こうということで、ウランバートルにしました。

10325350_682387615130061_5777224885636859246_n.jpg
モンゴルでは、その友達が、知り合いの遊牧民の家を紹介してくれ、ゲルにホームステイさせてもらいました。

10372342_682387275130095_3665474732226809519_n.jpg
観光用ではなく、実際に遊牧民の方の生活の場にお邪魔させてもらったので衝撃も大きかったですが、本当にいい経験をさせてもらいました。
でも馬乳酒はもう飲みたくない…

10358704_682388338463322_7847740326341131670_n.jpg
そこからは国際列車で一路中国へ。

内モンゴル自治区の呼和浩特を経由して西安に向かい、そこからはシルクロードを西へ西へ。

10366299_682403365128486_1114211593006144595_n.jpg

10383017_682402395128583_1991208715080649940_n.jpg

10348223_682402928461863_6500597076612189095_n.jpg
西安は見どころも多い街ですが、何より食べ物が本当に美味しい!

3枚中一番下の写真、ナンをちぎって具沢山の羊のスープをかけた「羊肉泡膜」ってやつなんですが、これにむちゃくちゃはまりました!滞在中は毎日夕食にこれ食べてました笑

10366188_682416131793876_906033703062391922_n.jpg
万里の長城の西の端っこ、嘉峪関。

1901228_682417171793772_5162597799416067686_n.jpg
敦煌では莫高窟に行きました。中は撮影禁止なので写真はこれだけですが。



そして、中国の西の端っこ、新疆ウイグル自治区へ!

この時は直前にかなり大規模なテロもあり情勢も少し心配ではありましたが、シルクロードに行く!と決めてからずっと憧れていた所でした。

10351612_682434915125331_3431031518260659756_n.jpg
こんなに荒涼とした風景が広がる所で、夏はとにかく灼熱!

10256825_682433805125442_9004516088843039225_n.jpg
訪れたのは7月上旬くらいになりますが、最高気温48℃って…笑

1966912_682433861792103_6268369272482979845_n.jpg
でも、山麓の地下水を、蒸発しないように地下水路で集落まで運んできたりして、こんな風にブドウなんかも栽培されています。

ちなみにウイグルではここ最近ワイン生産もかなり盛んらしいです!

10172643_682434605125362_7626922216660687657_n.jpg
こちらは交河故城。この遺跡は古くは紀元前の昔にできたそうです。

この遺跡のように、山脈沿いのオアシスに沿って点々とつくられた都市が、シルクロードの交易を支えていたんですね。



ちなみに、ここまでのウイグルの写真は全てトルファンという街の近郊で撮った写真ですが、自分がウイグルの中で一番行きたかったのは、ウイグル自治区の中でも西の端っこに近いカシュガルという街です。

ただ、中国は広い!ウイグル自治区内の移動にも関わらず、その距離なんと1500km!

鉄道のチケットが取れなかったため、バスで24時間の移動です。

10309025_682435021791987_2050118308946605539_n.jpg
移動中の食事休憩で食べたポロ。中央アジアではプロフなんて呼ばれる、羊とニンジン、レーズンなんかが入ったピラフです。

朝の開店に合わせて炊くことが多いのか、夕食に食べると油まみれになっていることも多いですが、ここで食べたポロは本当に美味しかった!



そうして着いたカシュガル。

10300447_682436975125125_615515644015905685_n.jpg
街中での物資の輸送手段として、ロバ車が活躍していたり、

1975200_682435248458631_423919323308780455_n.jpg
ハミ瓜の露店が出ていたり。

ハミ瓜とは、見た目はスイカ、味はちょっと水っぽいメロンのような果物です。カラッと暑い日が続くので、水分確保のためによく食べていました。

10304356_682437901791699_4986430473837019935_n.jpg

1964869_682437925125030_6129537960834173622_n.jpg
職人街ではウイグル族のおじさん達が作業に励んでいました。

10325184_682437695125053_4415623904736934379_n.jpg
これは自分が一番はまったウイグル料理、ウプッケ・エースイプ

見た目はちょっとあれですが、味は最高です!ご飯を詰めた羊の腸や肺を茹で、ピリ辛ソースとともに食べます。



今まで憧れていたウイグルの姿がそこには垣間見え、終始ワクワクしながらの滞在となりましたが、一方で、中心部には高層ビルが建ち並び、ウイグル人の居住地域はリアルタイムで重機が入って破壊される姿を目の当たりにもしました。

そしてここ最近の報道で目にする、中国政府によるウイグル人への弾圧の強化。

大好きな街が、大好きな人々の生活が破壊されていくのは本当にやるせなく、腹立たしい気持ちになります。

今回の旅でウイグルは再訪を予定していますが、あの時の街が今はどのような姿になっているのか。

色々な感情が交錯してはいますが、訪れた際にしっかりと目に焼き付けたいと思います。



そして進路は更に西へ!続いて目指すは中央アジア

中央アジアはビザ取りに難儀する国が多いので(当時はキルギス以外は全てビザが必要でした)、まずキルギスに入り、残りの国のビザを取ってから先に進むのが一般的な移動方法となります。

当時の国境越えルートは、トルガルト峠を越えてビシュケクに向かうルートと、イルケシュタム峠を越えてオシュに向かうルートがありました。

費用の安さからイルケシュタム峠越えを選択、週2便の国際バスに乗って移動することに。

しかし、カシュガルの国際バスターミナルに行くと、バスは出ていないとのこと。

実は当時、キルギス騒乱と呼ばれる反政府運動が起こり、その影響で大統領は亡命。更にはそこから派生して起こったキルギス人とウズベク人との民族衝突が先鋭化していました。

ウイグルに到着した時にはすでに衝突は落ち着いていたので、国境越えには支障はないだろうという見方をする旅行者も多かったのですが、再び衝突が起こる度に、周辺国からの更なる勢力の流入を避けるため、国境が封鎖されてしまっているとのことでした。



何日かカシュガルで待ってはみたのですが、国境が空くのを待つバックパッカーが次々と流れてくるばかりで、一向に状況は好転しません。

一方で、ローマ到着日を遅らせることもできない。

シルクロード横断のはずが、思わぬ足止めを食らってしまいました。

悩みに悩んで出した決断とは…?



【カコタビ】その5に続きます!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。