記事一覧

カトマンズ市内観光!ブッダのパワー漲る聖地へ

こんにちは、まるです!今日もよろしくお願いします♪



ついにやってしまったようです、食中毒。

原因はこの灼熱で保存状態の悪い肉を食べたことだと思われます。

カレーとかならしっかり煮込んでいますし、スパイスの力で平気なことが多いのですが、タンドリー系とかだと生焼けのこともあるので、恐らくそれでしょう。

やっぱりインドでベジタリアン生活は理に適っているのですかね?





世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナー(「世界一周」と書いてある四角いやつ)をクリックして頂けると、順位が上がるという仕組みになっております。

皆さんの応援クリックは、これからブログを書いていく上でも励みになります。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。




2019年5月25日
(世界一周54日目)
【カトマンズ】
1ルピー=0.98円
100ルピー=98円



青…アサン・チョーク
赤…インドラ・チョーク
黄…ダルバール広場
緑…ラトナ・パーク
黒…ボダナート
オレンジ…Small Star Restaurant



おはようございます!

今日は1日かけて、カトマンズ市内を観光します。

5月10日にカトマンズに着いて、間にトレッキングは挟んだものの、もう2週間以上が経過してしまったわけで。

その街を歩き回らないと、ずっと気持ちはモヤモヤしたままなので、今日はようやくといった所ですね。



朝9時にトラベラーズハウスのロビーで待ち合わせ。

IMG_999992 (2)
もはやお馴染みのメンバーとなりました、ガイドのミツさんと、カキさんと3人で歩き回ります。

IMG_999992 (3)
カトマンズの街を歩くと、何気ない所でよくこうした仏塔を目にします。

ネパールの宗教比率はヒンドゥー教徒がおよそ8割ほどで、仏教徒は1割程度にしか過ぎないのですが、それぞれの宗教が混在している部分も多々あり、単純にこの比率では語れないようです。

IMG_4749.jpg
まだ朝のうちですが、ひとたびタメルを出ると沢山の露店が軒を連ねていました。

こちらはアチャールのお店でしょうか?

IMG_999992 (4)
ガラクタとしか思えないような雑貨も売られています。

IMG_999992 (5)
こちらは乾物。

奥の赤黒いやつは水牛を干したものだそうです。

IMG_999992(38).jpg
水産物の干物も。

内陸国ですから川魚でしょうかね?

IMG_999992 (6)
豆。

こうしてみると本当に種類が豊富なのがわかります。

IMG_999992 (7)
これは葉っぱで作ったお皿。

お供え物なんかを載せたりしていましたが、普通の食器としても使うのかな?

IMG_4755.jpg
と、賑やかな通りをずっと歩いて、まずやってきたのがアサン・チョーク

IMG_999992 (8)

IMG_4759.jpg
広場の一角にあったアンナプルナ寺院では、人々が常に祈りを捧げ、常に鐘の音が絶えず鳴り響いていました。

ここアサン・チョークからインドラ・チョークまでが、特に賑わいをみせるバザールだそうで。

IMG_999992 (9)
実際に歩いてみると、露店というよりも常設店の方が多い感じでした。

扱っている品物はアサン・チョークまでとそんなに大きな違いがあったわけではないですが、目についたものをいくつか。

IMG_4760.jpg
こちらヒンドゥー教徒がおでこに付ける装飾。

調べてみると、これはビンディと言うらしく、ヒンドゥー教徒の既婚女性が付けるものらしいです。

従来は赤い顔料で描いていたようで、実際に街で見かける人も顔料を用いている例が多かったのですが、こうしたシールバージョンもあるんですね。

IMG_999992 (10)
続いてこちら、ククリと呼ばれる短剣です。

農作業や狩猟、家事など様々な用途に使用され、時には戦闘行為で活用されることもあったそうですが、都市住民であるカトマンズの人々はこれを見えるように携帯している様子はありませんでした。

儀式や祭礼の際に用いたりもするそうなので、現在ではそっちの用途が中心なのでしょう。

IMG_999992 (11)
あとはこの通り、建物が中世の雰囲気を色濃く残しています。

IMG_999992 (12)
これなんかも、ほら。

素晴らしい彫刻ですが、この価値をどれだけわかっているのか、どれも砂埃にまみれている感じがしました。

IMG_4766.jpg
この激し過ぎる電線もカトマンズではよく見かけますね。

電気工事の時とかどうするのでしょう?笑

IMG_999992 (13)
さあ、そして街の中心、ダルバール広場に到着しました!

IMG_999992 (14)
こちらはカトマンズ王国が栄華を極めていた頃は王宮前の広場として機能していたそうです。

ただし2015年の大地震で大きな被害を受け現在でも修復中の所もあったり、また入場料が1000ルピーもすることから、今回はゲートの外側をぐるりと回ってその雰囲気を楽しむにとどめました。

IMG_4775.jpg
さすがに都の中心だっただけあって、彫刻はかなり精密で、じっくり見ようとするのも良いかも知れません。

IMG_4776.jpg
こちらはクマリの館

生きた女神として人々の信仰を集めるクマリは、満月生まれの仏教徒の少女の中から選ばれ、初潮を迎えるまでの間この館に暮らし、祭祀や予言などを行っているというのです。

撮影は禁止ですが、1日の限られた時間に窓からその姿を現すのだそう。



さて、歩き疲れた所で少し休憩です。

IMG_999992 (15)
人気のラッシー屋さん。

上に乗っている干しブドウが良いアクセントでした。

IMG_999992 (16)
こちらは喫茶店。

チャイを飲んでリフレッシュ。



ここからはバスで移動します。

IMG_999992 (17)
カトマンズのバスは、ラトナ・パークと言われるところから各地に走っているそうで、とりあえずそちらに向かいます。

IMG_999992 (18)
バスに乗り込み20分ほど。

次なる目的地はこちら!

IMG_4784.jpg
ネパール最大のストゥーパ、ボダナートです!

入場料は400ルピー。

IMG_999992 (19)
中に入ると、巡礼者向けの店がぐるりと取り囲んでいました。

IMG_999992 (20)
チベット仏教のタンカが描かれた布や、

IMG_999992 (21)
数珠にマニ車など、仏具の取り扱いが多いです。

IMG_999992 (22)
こちらもまた、2015年の地震で損壊してしまい修復が施されましたが、現在ではその修復は完了しています。

それでは、巡礼の作法に倣って時計回りに歩いてみましょう。

IMG_999992 (23)
基部にはぐるりとマニ車が設置してあります。

本来ならばこのマニ車を1つ1つ回し、真言を唱えながらストゥーパの周りを1周するそうです。

IMG_999992 (24)
ストゥーパの周りにはいくつかのゴンパがあります。

中に入ってみると、

IMG_999992 (25)

IMG_999992 (26)

IMG_999992 (27)

IMG_999992 (29)
そこには信仰の香りが。

IMG_999992 (30)
真剣にお経を唱える修行僧。

IMG_4800.jpg
そして信者。

彼らの熱気は圧巻でした。

IMG_999992 (31)
バターランプの炎が何とも幻想的です。

IMG_999992 (32)
バターランプとストゥーパ。

IMG_4806.jpg
ここからはストゥーパの眺めも素晴らしかったです。

このストゥーパ、この形自体にしっかりとした意味がありまして、空・風・火・水・地という宇宙を構成する5大エネルギーの全てを象徴しているというのです。

一応説明しておくと、尖塔が空、その下にある円形の傘が風、目が描かれた基部とその上の塔の部分が火、半球のドームが水、そして台座が地ということらしいのです。

また、台座が瞑想を、ドームが無の境地を、基部と塔が涅槃までの段階を示しており、ブッダの悟りと仏教の本質がこの建造物には凝縮されているということです。

IMG_999992 (33)
ちなみにドームや台座には色ムラがありますが、これは意図したものではなく、下からペンキをぶっかけて塗る時にあえなくできてしまった色ムラだそうです。

…特に台座、雑過ぎではないですか?笑

聖地なんですから丁寧に塗らないと。



最後に階段があったので、台座の下まで登ってみました。

IMG_999992 (34)
タルチョとのコントラストが何とも晴れやかで、本当にブッダの偉大なパワーをもらえそうです。

IMG_8970.jpg
ツアーメンバー3人で記念撮影。

明日自分はポカラに行くので、カトマンズ滞在中いつも一緒にいたお2人ともお別れの時が近付いてきました。

楽しい思い出がたくさんできただけに、特に寂しいですね…

とは言えカトマンズ満喫ツアーも終わりの時間です。

もうお昼も大きく回って、お腹も空いた頃ですから…

IMG_999992 (35)

IMG_999992 (36)
お別れ会ですね!

今まで本当にありがとうございました!

ミツさんは、明日ポカラ行きのバス乗り場までバイクで送ってくださいます。

最後の最後までご迷惑をおかけします…



いつものお店に行くのも恐らくこれがラストになるでしょう。

日が暮れそうになるまで、3人で語り合いました。

この思い出、絶対に忘れません!



IMG_999992 (37)
そして夜は宿のみんなで別のローカル居酒屋にトゥンバを飲みに。

まだ飲んでいなかった地酒ですが、こちらはキビを発酵させて作ります。

何とそこにお湯を注いで飲むのですが、お味の方は甘酒をもっとスッキリさせたような、個人的にすごく大好きな味でした!

ちなみにここの店、Small Star Restaurantと言いまして、トゥンバもつまみも安くて美味しかったので、地図に載せておきます。



カトマンズ、本当に楽しい思い出ができました。

長居した分、去るのが名残惜しいですが、その分次の街でも楽しい思い出ができると良いな。

明日は大移動、たっぷりと寝て備えます。



本日もありがとうございました!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ぜひ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ ここをクリックしてください(怪しいサイトとかには飛びません)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Maru

Author:Maru
高校地理教師による世界一周!
2019年4月2日出発!
アフリカ縦断旅スタート!エジプトから陸路で南下していきます。